【バドミントン】男子1部残留かなわず…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

◇2019年度関西学生春季リーグ戦大会入替戦◇対大体大◇5月12日◇大津市皇子が丘公園体育館◇

[S1]●中村1-2伍藤
[S2]●東1-2岡崎
[D1]○池田・中村2-0岸部・畑野
[D2]●永井・東0-2岡崎・伍藤

●関大1-3大体大

リーグ戦最終戦を勝利し、全敗は免れたバドミントン男子。昨秋チーム一丸、1部残留をつかみ取った。しかし、この日は就職活動などで田中大祐(安全4)・中嶋遼(人4)の2人を欠く厳しい条件での入替戦となった。「チーム力で勝つしかない」(小國俊之監督)。各選手、今出せる全力でもって臨んだ。

まずS1は中村主将。フットワークをいかし、接戦を粘り強く戦う。第1ゲームを落としたものの、2ゲーム目はデュースを制し第3ゲームへ。何度も追い付き、勝利への執念を見せたが、惜しくも敗れ、初戦を落とした。


△中村勇毅(政策4)主将

S2は東。気迫のプレーを見せるが、岡崎(大体大)の鋭いショットに苦しめられ、第1ゲームを落とす。第2ゲームを取り返したが、勢いにのる相手のスマッシュを止めきれず、敗北。2敗目を喫し崖っぷちに立たされた。


△東亮太(経2)

D1には中村主将と池田のペアが登場。ここで、ひとつも負けられない場面に奮起した。これまでのリーグ戦でも組んできた2人は見事な連携を見せ、完璧なストレート勝ち。意地を見せた。


△中村主将・池田圭吾(人2)組

D2は今季初出場の1年生の永井と東が出場した。D1の流れを引き継ぎたいところだったが、主導権をつかめずにストレート負け。思うようにショットが決まらなかった。


△東・永井蛍(安全1)組

昨秋守り抜いた1部の舞台を明け渡すこととなったチーム。それでも、主力2人を欠く中でチーム力を武器に全力を出しきったことは間違いない。この悔しさを糧にひとつになり、秋リーグで再び1部に返り咲くことだろう。【文:水上壮平/写真:野村沙永】