【バレーボール】上位リーグ初戦、今季初のストレート負け

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

◇2015年度関西大学連盟春季リーグ戦第6節京都橘大◇4月29日◇大阪体育大学第4体育館◇

【第1セット】関大21―25京都橘大
【第2セット】関大13―25京都橘大
【第3セット】関大16―25京都橘大
【セットカウント】関大0―3京都橘大

前節で1次リーグを終え、関大はAブロックを3位通過。1部のA、B両ブロックの上位3チーム、計6チームが集う上位リーグへと駒を進めた。上位リーグ初戦の相手はBブロックでトップに立った京都橘大だ。

前回の武庫女大戦では服部や植田らレフト陣の攻撃が光ったが、今回は「レフトにマークが付いていた」(川西主将)。ライトの小長谷を中心に攻撃を組み立てていく。しかし、試合序盤に点差を突き放され、その差をなかなか詰められない。2回目となるタイムアウトの後、セッター・吉田のサービスエースを皮切りに得点を重ねていく。ラリーが続く場面でもボールをつなぎ、相手のミスを誘った。だが、リードは奪いきれず21-25で第1セットを落とす。
バレー女子0429-2
バレー女子0429-3

第2セットでは先制に成功する。しかし、直後に逆転を許すと一気にその差は10点近くまで開いた。「自分たちが勝つ雰囲気ではなかった」と川西主将は振り返る。大差で第2セットを奪われ、後がない関大。第3セット前半は小長谷のライトアタックで互角の戦いを繰り広げる。京都橘大の強烈なスパイクにも必死に食らいつきラリーとなる展開が多く見られた。植田のレフトアタックで相手のペースを乱すが、相手は着々と点数を重ね、強豪校の強さを見せつける。結果は16-25。ストレートでの完敗に終わった。
バレー女子0429-4

創部初の1部に昇格し、上位リーグ進出を決めた関大。1部上位の壁の高さを実感する試合となった。「このままやっていっても全敗で終わる。今は特にレギュラーが先頭になって危機感を持ってやらないといけない」。躍進を続けるバレーボール部女子は1部の舞台にどれだけ爪跡を残せるのか。その挑戦はまだまだ続く。【庄田汐里】

▼川西主将
「今までは上のチームに対してもやっていけてた。軽はずみに思っていたらやられる、と意識はしていたが、結局集中が切れてしまった。監督からは、『上位リーグにいって2部に落ちることもない。だから集中できていない』と言われた。それがプレーに出ていた。相手は1本決めたら盛り上がって雰囲気をつくっていくチーム。今日はライトが良く当たっていた。レフトにマークが付いていた。ただ、(ライトからの攻撃は)監督からの指示だったので自分たちで気付けたら良かった。自分たちが勝つ雰囲気ではなかった。上位になった時点で集中力が切れてしまっている。このままやっていっても全敗で終わる。今は特にレギュラーが先頭になって危機感を持ってやらないといけない」