【野球】接戦続いた関関戦ついに制した!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

◇2019年度関西学生春季リーグ戦第4節◇対関学大4回戦◇5月12日◇南港中央野球場◇

関学000 000 001=1
関大000 300 10X=4

(関学)黒原、松田、深見、加藤―大上
(関大)香川、築山、高野、肥後―久保田拓、林大

1(左)里
2(二)坂之下
3(中)安藤大
4(遊)野口
5(右)倉川
6(一)上神
7(三)松島恒
8(捕)久保田拓
9(投)香川

長かった関関戦をようやく制した。ここまでの3試合、1勝1敗1分けでどのゲームも1点を争う接戦となった。泣いても笑っても勝ち点の行方が決まる4回戦。投打がしっかりとかみ合い、ようやく納得のいく勝利を飾ったのだった。

「継投でいくつもりだった」という指揮官の言葉通り、4人でつないだ投手リレーで、関大の流れを作った。先発は、リーグ戦2回目の登板にして初めての先発を任された香川麗爾(れいじ=文2)。ヒットや四球がありながらも、打たせて取るピッチングで0を量産する。

5回から2番手で出場したのは築山雄介(文3)。要所を締める投球で、ピンチを何度も切り抜けると、7回には連続空振り三振で関学打線を翻弄。リーグ戦初出場ながら、勝利投手にも輝いた。

8回、塁すら踏ませない圧巻のピッチングを高野脩汰(商3)が披露。最終回のマウンドにはエース・肥後皓介(人4)の姿が。関学5番北野に長打を浴びて1点を失い、完封とはならなかったものの、勝利のリレーをつなげた。


△高野


△肥後

奮闘する投手陣に、野手陣は全力で応える。これまで頭を抱えていたチャンスでの弱さを今試合では改善し、ロースコア続きだった打線は成長を見せた。

先制は4回裏の関大。この回先頭の2番坂之下晴人(人2)が中前打で出塁すると、続く安藤大一郎(経2)の犠打で進塁。そして、4番野口智哉(人2)の右方向へのタイムリーが飛び出し、まずは1点を挙げた。


△坂之下


△安藤大


△野口

さらに、打席には5番倉川竜之介(文4)。粘った7球目を捉えると、ぐんぐんと伸びてそのままスタンドへ。「完ぺきだった。打った瞬間入ったな」という、今季第1号の2ランホームランに、ベンチやスタンドはこの日一番の盛り上がりを見せた。

さらに、3点リードのまま迎えた7回裏。代打・森山翔太(経4)がライト前に落ちる当たりで出塁すると、この日1安打の坂之下がタイムリーを放ち1点を追加。大きなガッツポーズが飛び出した。


△森山


△坂之下

普段は出場機会の少ない選手もゲームに参加し、実りのある試合となった。今季3節が終わり、既に10試合も終えている関大。どの日も接戦で3回戦にもつれ込んでいるが故の数だが、その分試合を通して成長も感じている。「いっぱい野球ができる。他のチームより積み重ねている」と、松島恒陽主将(人4)もチームのレベルアップに期待。成長止まらぬ関大野球部は、次節で強豪の立命大に挑む。【文:松山奈央/写真:中西愛】


△ホームランボールを手にする倉川

▼早瀬万豊監督
「香川がなんとか粘ってくれた。OP戦では先発させてたので、投げることに不安はなかった。期待していた。築山が初リーグで、緊張もあったが、良くなって成長を見せてくれた。経験を積んで次につなげてくれたら。最初から継投でいくつもりだったので、1人でも多くいきたかった。今日で10試合。全て接戦と言える。選手は接戦を味わうことで力になっている。あと2節、立命大と近大でやりがいのある、力のあるチーム。成長を見せていかないと。試合をしながらこれからも成長してくれたら」

▼松島恒陽主将
「関関戦であまり打てていない中で、どうにかピッチャーに楽をさせたかった。いつもピッチャーに助けてもらっているが、今日は野手が助けることができた。打って勝てたのは大きい。試合がいっぱいできるのは、いっぱい野球ができるので嬉しい。全て積み重ねだと思って。他のチームより積み重ねできている。新しい戦力で勝てたのは、その人たちの自信にもなるのでいいこと。これからが本番だと思って。勢いにのっていけたら。チャレンジャー精神で向かっていきたい」

▼香川
「監督から前日に、練習中は行くぞって言わなかったんですけど、後から電話がかかってきて、『明日、一人でも多く投げるぞ』って言われて。今日は、自分の中では思ったように投げれなかった。関関戦2回戦みたいな感じに。あれが理想であって。それに近づけたらよかったんですけど…。苦しいなりに苦しいなりのピッチングがあるので、それができてたかなと。真っ直ぐはいってたんで、多少ボールが浮いていたんですけど、空振りとかファールとかになってくれてたので、それはラッキー。監督からも、よう投げた、試合作った、と。5回投げたかったんですけど、そこは謙虚に。オープン戦でずっと投げてるので、このままちゃんと地に足付けてやってれば近づくのではないかなと。(次戦に向けて)とりあえず全力でやるだけ。結果がどうこうではなく。結果はやってたら付いてくるので。日々の積み重ねを怠らずに」

▼築山
「昨日から『準備しとけよ』と言われていた。緊張したが、1人目を抑えたらだいぶ楽になった。安定まではいかなかった。全然まだまだ。良かったのは、変化球でストライクを取れたこと。悪かったのは、ボール球が多かったこと。テンポよくストライクを取っていきたい。0で抑えるのがピッチャーの仕事なので、それを全うしたい」

▼倉川
「(4回の本塁打について)完ぺきな当たりだった。打った瞬間入ったなって。前の打席からインコース攻められてたので、インコースのストレートにヤマを張って。打ったのはインコース高め。野口が先制点で勢いを付けてくれていた。自分もつないだら、もっと勢い付くのではと思っていた。次につながる意識で打席に立った。ホームランは意識していない。ヒットの延長。でもやっぱり出たら嬉しい。ピッチャーがどのゲームも頑張ってくれて、なんとか点を取れたのでホッとした」

▼野口
「いつもと調子は変わらず。(タイムリーの球種は?)カットボール。狙ってたっちゃ狙ってた。(打った瞬間は?)抜けたなぁ、抜けてくれたなと。でも。後の倉さん(=倉川竜之介)がホームラン打ったので・・・。(次戦に向けて)勝ちます」

▼坂之下
「(調子は?)上がってる。バッティングを変えた。バットを寝かせて。それが抜擢した。(出塁したとき打った球種は?)ツーシーム。(タイムリーは?)真っ直ぐ。打てる気しかせんかった。ガッツポーズ、気づいてなかった。自然に。ナチュラルガッツポーズ(笑)。嬉しかった。今までチャンスで打たれへんかったから。やっとチャンス打てた」