【卓球】京産大に快勝でリーグ戦初勝利!1部残留に望みをつなげる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

◇2019年度春季関西学生リーグ戦第6日目◇対京産大◇5月12日◇近大記念会館◇

関大5-2京産大
[S1]宮村〇3-0
[S2]赤川●2-3
[S3]岸本〇3-1
[D1]宮村・藤原〇3-0
[S4]朝野●0-3
[S5]稲村〇3-0
[S6]藤原〇3-0

春季リーグ戦もいよいよ大詰め。関大・京産大共に全敗で最終戦を迎え、勝てば2部との入れ替え戦、負ければ自動降格が決まる一戦だった。

試合開始前から両チームのベンチからは声援が飛び交う状況。関大の先陣を切ったのは前日の試合で2勝を挙げた宮村栞奈(社2)。第1ゲームからスマッシュやツッツキが冴えわたり、相手を圧倒し先手を取る。第1ゲームを先取し、勢いに乗った宮村は第3ゲームこそ接戦となるも試合の主導権を握り続けストレート勝ち。1番手としての役割をきちんと果たし、チームを勇気づける1勝を挙げた。


次に登場したのは赤川真理亜(化生3)。序盤から一進一退の続く試合展開。接戦の末、2ゲームを先取する。しかし、第3ゲーム、赤川はマッチポイントに王手をかけるも、粘り強さを見せる相手になかなか決めきれず逆転負けを喫する。すると流れは相手に。第4・5ゲームとペースを握られ、涙を呑む結果に終えた。

第3シングルスには岸本紗良(情2)が出場。豪快なスマッシュと巧みなサーブを武器に終始相手を翻弄。第3ゲームこそ落とすも、第4ゲームには4度にわたるデュースを制し、勝利を挙げた。

リードした場面で次に登場したのは宮村・藤原真由(人1)ペア。連携された動きで相手ペアにつけ入る隙を見せない。第2ゲームにはマッチポイントに迫られた状況から一挙3連続ポイントで逆転勝ちし、結果はストレート勝ち。リーグ戦初勝利に王手をかけた。

初勝利の重圧がかかる中、第4・5シングルスには朝野郁香(社3)と稲村羽奈(情2)がそれぞれ登場。朝野はカットマン相手に積極的に仕掛けていく。正確な技術で徐々に相手を追い込んでいくが、ところどころでミスが出てしまい決めきれず。相手の策にはまり、ストレート負けを喫した。

稲村は第1ゲームで序盤に相手のリードを許すも、カウンターやバックハンドで点差を縮めデュースに持ち込む。最後は相手のレシーブミスを誘いこのゲームを奪う。接戦を制した稲村はこの後のゲームでも好調ぶりを発揮。第2・3ゲームと気持ち全開の卓球で相手を圧倒。見事重圧を払いのけ、待望の関大のリーグ初勝利を決めた。

勝利が決まり良い雰囲気の中、藤原が第6シングルスに登場。ルーキーながらもリーグ戦全試合に出場した実力は伊達じゃない。存分に今リーグ戦で得た成果を発揮し、相手の出る幕を与えずストレ-ト勝ちを収めた。

今日の勝利で関大は2部2位との入れ替え戦に回ることが決まった。今季の目標はリーグ戦で上位に入ること。その目標を達成するためにも入れ替え戦を制し1部残留を決める。【文:北島大翔/写真:長尾洋祐】

▼小林菜々美主将(化生4)
「(このリーグ戦振り返って)結構ギリギリで負ける試合が多くて、なんで勝てないのかわからないし、みんなも苦しかったけどそこを乗り越えて今日は気持ちだけで向かっていった感じでした。いままでにない良い雰囲気で出来たので、ギリギリで負けてたことの反省が生かせたのですごく良かったかなと思います。(リーグ中の声かけなどは)グループラインがあるんですけど、技術とかはどうしようもないから気持ちの面でみんなをサポートできるように、困った時はベンチを振り返ってみようとかメンタル面を支えるためにラインで長文を送ったりしていました。(入れ替え戦に向けて)正直実力はかなりこちらの方が上なので、圧勝出来るように、実力に傲ることなくしっかりと着実に勝ちを重ねていきたいなと思います」