【卓球】接戦繰り広げるも、初勝利ならず。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

◇2019年度春季関西学生リーグ戦第5日目◇対龍大◇5月11日◇近大記念会館◇

関大3-4龍大
[S1]○赤川3-1
[S2]●藤原2-3
[S3]●西村0-3
[D1]○宮村・藤原3-2
[S4]●稲村1-3
[S5]○宮村3-2
[S6]●朝野0-3

あと一歩及ばなかった。リーグ初白星を目指し臨んだ龍大との一番。宮村栞奈(社2)がダブルスとシングルスで計2勝を挙げる活躍を見せるも、3-4で惜敗。悔しさが残った。

この日最初に登場したのは赤川真理亜(化生3)。第1ゲームから自らのペースで試合を進める。終盤は1点を取り合う展開となるが、赤川が粘りを見せ、好スタートを切った。

S2の藤原真由(人1)は2ゲームを連続で奪う順調な滑り出し。このまま勝利を決めたかったが、ここから相手が盛り返し、タイに持ち込まれる。最終ゲームでは藤原が先にマッチポイントを握るも、最後に崩れて敗戦を喫した。

S3の西村日菜(文2)は終始押され気味。第2ゲームでは相手サーブのリターンでネットに引っかけるなど、ミスで失点する場面が目立つ。試合を通じてチャンスを作れず、ストレートで敗れた。

負けられないダブルスには宮村・藤原組が出場した。ゲームを奪われては奪い返し、相手に食らいつく。最終ゲームでもデュースにもつれるが、ここ一番での勝負強さを発揮し、勝利数を五分に戻した。

2コートで同時に行われたS4とS5。S4の稲村羽奈(情4)は第1ゲームこそ奪取するが、ここから波に乗れない。相手の素早い攻めに苦しみ、痛い黒星を喫した。稲村の隣では、宮村が健闘。一時はリードを許す展開となるも、フォアハンドを中心に攻め立てる。最後は宮村が一歩上回り、望みをつないだ。

チームの命運を託されたのは朝野郁香(社3)。すでに同会場で試合を終えた男子部員も応援に駆け付けた。心強い後押しを受け、第1ゲームをものにする。だが、ここから反撃にあい、スコアは1-2と後がない状況に。迎えた第4ゲームでは、ポイントの奪い合いとなり、最後まで粘りを見せるが、力尽きた。

リーグ初白星はお預け。それでも、フルゲームまで競り合う試合が増えるなど、1部校相手に健闘を見せた。最終戦で勝利し、1部残留をかけた入替戦に持ち込むため、この敗戦を必ず次につなげる。【文/写真:長尾洋祐】

▼宮村
「このリーグで3-4で負けた試合も多くて、今日もそうなった。悔しい気持ちはあります。(自身の結果は)今まで、自分が1本取れなくて、チームが負けることもあった。『自分が取れたなら…』と思うこともあったので、自分らしい戦いはできた。(仲間の応援は)後ろにはみんながいた。みんながいたから、頑張れました。関大は、技術で劣る分チーム力で戦っているので。(次戦に向けて)勝っても負けてもラストの試合。出せることは出し尽くして、1勝して入替戦に持ち込みたいです」