【ソフトテニス】リーグ戦4位で終幕。西カレ、インカレで雪辱誓う。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

◇2019年度関西学生春季リーグ戦2日目◇5月4日◇マリンテニスパーク・北村◇

【4戦目】関大1ー2関学大
○薮内・古田 4―1
●谷水 2―4
●阿久根・中別府 3―4

【5戦目】関大3―0関外大
○薮内・古田 4―0
○阿久根 4ー0
○竹田・中別府 4―0

リーグ戦は2日目を迎えた。優勝のためには全勝することが必須だったが、関学大にまさかの敗戦。頂点への道は潰えるも、気持ちを切り替え臨んだ関外大戦は完勝した。リーグ戦を4位で終え、今後の戦いに挑む。

第4戦の第1試合には、エースペアの薮内祥子(人4)・古田麻友(人3)が登場。要所で古田がコート隅へ正確なボレーを決め、流れを作る。試合を通じて我慢比べの展開が続いたが、強さを発揮して勝利した。第2試合には1年生の谷水鈴香(人1)を抜擢。第4ゲームまでは互いにゲームを奪い合うなど、互角の戦いを見せる。しかし、第6ゲームで先にゲームポイントを握りながら、最後はリズムを崩し敗れた。阿久根麻尋(文3)・中別府瑞希(文2)組はフルゲームに持ち込む粘りを見せるが、最後は力尽き、チームとして勝利することはできなかった。

最終戦、関外大との一戦では、全員が力を発揮。薮内・古田組は、点の取り合いとなった一番にストレート勝ち。「まだ自分のテニスはできていない」(薮内主将)と語りながらも、1番手としての役割をきっちり果たした。シングルスの阿久根も先程とは打って変わって序盤からポイントを重ねる。終始相手に流れを渡さず、第1試合に続くストレート勝利でチームの勝ちを確定させた。竹田真樹(社1)・中別府組も安定した内容。中別府が前衛で積極的に動き、竹田も後衛からストロークで盛り立てる。こちらも4-0で白星を挙げ、今リーグ唯一星を落とさず関外大を圧倒した。

最終的にリーグは4位となった。春季3連覇を目指していた関大にとって、この結果は決して満足できるものではない。それでも、竹田や谷水など下級生が試合経験を積むなど、成長が見られた2日間だった。「良いところはあった」と、薮内主将も前を向く。今回の結果を踏まえ、さらに強くなった関大の姿を見せつけることはできるか。西日本インカレ、全日本インカレへ向けた戦いは、すでに始まりを告げている。【文・写真/長尾洋祐】

▼薮内主将
「今日はとりあえず全勝というか、みんなで頑張ろうと言っていたので、負けてしまったのは悔しいですけど、チームとしても良いところはあった。ただ、悔しい気持ちはあります。(関外大戦は)全員良かったので、良い終わり方ができたかなと思います。今日も全然自分のテニスはできてなくて、ただ昨日よりかはましで50点くらいかなと思います。反省はいっぱいあるので、西カレやインカレの団体につなげたい。(課題は)詰めが甘い。マッチポイントになったときに決めきれないとか、自分のテニスができてないときに焦ったりするので、そのへんをきっちりやっていけたら。あと、ストロークを安定させられたらと思います。(今後へ向けて)もっとチーム力は上げられると思う。おのおの反省とかはあると思うんですけど、全員で1本取って、全員で1勝できるように、練習中から取り組んでいきたい」

▼竹田
「(初日は)緊張して打てないと思っていたんですけど、関大の応援がすごくてびっくりした。それが結構力になって、すごいなと思いました。(中別府は)自分が今まで組んでた人より動いてくれるので、ラリーがあまり続かずに(ポイントが)決まる。(関大に来たきっかけは)関西に残りたいというのがあって、関大は強いチームなので、選びました。(応援は)楽しかったです。自分まで盛り上がる。(課題は)相手に攻められたときにミスするんじゃなくて、しっかりラリーをつなぐこと。(チームの結果は)あと1つ勝っていれば1位になれたので、悔しいんですけど、ここで負けていたら『良かった』で終わっていた。インカレで優勝するためには、ある意味負けて良かった。1年生なので、元気にやりたい。強い先輩がたくさんいるので、負けても盛り上がっていけるようにしたい」