【ソフトテニス】春季リーグ戦開幕。好スタート切った!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

◇2019年度関西学生春季リーグ戦1日目◇5月3日◇マリンパーク・北村◇

【1戦目】関大3-2関外大
花岡・増田4-3高村・駒
谷口・大橋2-4中島・降矢
阪本4-3山下
佐々井・奥村2-4上原・東
池田・飯田4-2

【2戦目】関大2-3同大
花岡・増田3-4上岡・三輪
佐々井・山本1-4
阪本4-3稲福
飯田・池田1-4中西・林
谷口・大橋4-1西村・山﨑

【3戦目】関大4-1関学大
花岡・増田4-2下原・古賀
池田・山本1-4遠藤・二階堂
阪本4-1廣瀧
大橋・谷口4-3中村・鳥居
池田・飯田4-0内海・吉信

昨秋、1部に復帰した関大ソフトテニス部。レベルの高い相手との戦いとなったが、しっかりと自分たちのプレーを貫いた。2勝1敗で1日目を終え、順調なスタートを切った。

第1戦目は関外大との対戦となった。最初に登場したのは期待のルーキーペア、花岡忠寿(経1)・増田祐太(商1)組。ファイナルまでもつれ込んだ接戦を制し、勢いをもたらす。その後、阪本崚(商2)が相手を翻弄(ほんろう)したプレーで勝利。2勝2敗で迎えた最終ゲームには、池田侑生(商4)・飯田修三(人3)組が出場した。相手の隙をついたボレーを決めるなどの好プレーを見せ、1試合目を白星で終える。

続く、第2戦の同大戦。サーブミスなどが目立ち始めて2ゲーム連続で落としてしまい、苦しい出だしとなった。関大側に何とか流れを引き寄せようと、3ゲーム目に登場した阪本が粘る。両者ともに譲らない争いが進み、ファイナルまで突入。何とか相手を下し、関大の1勝目を挙げた。その後、谷口陸(商3)・大橋和生(人2)組も奮闘したが、2勝3敗で敗北となった。

1勝1敗で迎えた3戦目の相手は関学大。初めに登場したのは花岡・増田組だ。序盤はから相手を寄せ付けないプレーを見せ、3ゲーム連続で白星を挙げていた。しかし、中盤でリズムが崩れ始め6ゲームまでもつれ込む。最後は4-1で見事勝利を収めた。2試合目は落としてしまうが、終盤で関大の強さを発揮。阪本が、自分のペースを保ったプレーで相手を圧倒。谷口・大橋組も苦しい戦いとはなったが、力強いスマッシュやボレーでポイントを稼いで勝利。最後に登場した、池田・飯田組が息の合ったプレーでストレート勝ちを収め、見事ライバルを下した。

1日目を2勝1で終えた関大。強豪相手に互角の勝負を繰り広げた初日の手ごたえは悪くはなかったはずだ。1つでも多くの勝利をつかみ取るために、明日も1部の舞台で躍動する。【文:竹中杏有果/写真:長尾洋祐】