【ソフトテニス】天理大に敗北も、初日を勝ち越して終える。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

◇2019年度関西学生春季リーグ戦1日目◇5月3日◇マリンテニスパーク・北村◇

【1戦目】関大2―1神松蔭女大
●薮内・古田 2―4
○阿久根 4―1
○竹田・中別府 4―1

【2戦目】関大2―1立命大
○竹田・中別府 4―0
●阿久根 1―4
○薮内・古田 4―1

【3戦目】関大1―2天理大
●竹田・中別府 1―4
●阿久根 2―4
○薮内・古田 4―1

昨秋のリーグは、惜しくも3位に終わった関大女子。春季リーグ3連覇を目指し、薮内祥子主将(人4)率いるチームの新たな戦いが幕を開けた。初日では、昨年敗れた立命大とも対戦し、2勝1敗で見事勝利。天理大には敗れたものの、「明日へつながる試合になった」(薮内祥子主将=人4)。2勝1敗と勝ち越して初日を終えた。

1戦目の第1試合に登場したのは薮内主将・古田麻友(人3)組。初戦の独特の緊張感からか、やや動きが硬く、白星を挙げられず。これに阿久根麻尋(文3)が奮起。チームメイトの力強い応援を受け、正確なショットを軸に勝利する。3試合目に登場したのは、中別府瑞希(文2)・竹田真樹(社1)組。終始自分たちのペースで攻め続け、関大の勝ちを確定させる。幸先良いスタートを切り、2戦目へつないだ。

強豪・立命大との2戦目では、竹田・中別府組を1番手に起用した。その起用が見事的中。両者ともにストロークがさえ、相手に1ゲームも奪われない圧巻の試合運びを見せ勝利。阿久根は敗れるが、3番手の薮内・古田組が健闘を見せる。相手の攻めに苦しみながらも、持ち前のガッツでポイントを重ね、昨秋敗れた立命大から貴重な1勝をもぎ取った。

勢いそのままに臨んだ天理大戦。ここまで無敗の竹田・中別府組がリズムに乗れず、痛恨の敗戦。タイに持ち込もうと阿久根もデュースに持ち込む粘りの戦いを見せるが、勝利をつかめなかった。チームの負けは決まったが、薮内・古田組は力を発揮。ボールを左右に散らされ、苦しむ場面も見られたが、最後まで気持ちを切らさずに勝利。意地を見せ、明日の戦いにつないだ。

明日は関学大、関外大と対戦。優勝の可能性も残されている。「全勝します!」と薮内主将は言い切った。関西の頂に立ち、王座への切符を手にするため、勝利以外は許されない。【文/写真:長尾洋祐】

▼薮内主将
「勝てた相手だったけど、(負けたことは)仕方ないことなので。明日につながる試合になったと思います。リーグ前の合宿から一体感が生まれていた。いい緊張感でやれていた。立命に勝てたのは大きい。全員で勝てた。リベンジしようというよりも、とにかく勝ちたいと思ってました。全部の試合を全員で勝ちにいきたいと思ってました。自分は、今日一日通して自分のテニスがあまりできていなくて、焦ったりしてたので、(自己採点は)30~40点くらい。ただ明日につながる試合になったかなとは思います。(天理大戦の前は)今日最後の試合なので、最後は良い感じで終わりたいと思っていました。(明日は)とりあえず絶対勝つ!絶対勝ちます!全勝します!」

▼古田
「あまり良くないというか、3-0で勝ちたいというのがあったので、悔しさはあります。第1戦の第1試合で出たのに負けてしまった。良い試合もできたかもしれないけど、初っ端の試合に勝たないと意味がないかなと思います。(最初の試合からは)先輩に声を掛けてもらって、励ましてもらった。チームが自分を励ましてくれたので、そこで切り替えることができた。明日はチーム全体で絶対に2勝できるように頑張ります」