【卓球】勝利を手にできなかったが、「反省生かせた」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

◇2019年度春季関西学生リーグ戦3日目◇対立命大・同大◇4月29日◇いきいきランド交野◇

関大3-4立命大

[S1]岸本●0-3鈴木
[S2]赤川〇3-0丸
[S3]藤原〇3-1平井
[D1]宮村・藤原〇3-1鈴木・萱嶋
[S4]朝野●0-3萱嶋
[S5]宮村●2-3麻
[S6]稲村●2-3徳住

関大1-6同大
[S1]宮村●1-3山本
[S2]朝野●0-3塩見
[S3]赤川●0-3橋田
[D1]宮村・藤原●1-3朝田・塩見
[S4]西村●0-3吉田
[S5]稲村●1-3朝田
[S6]藤原〇3-2赤川

迎えたリーグ戦3日目。この日は午前と午後で2試合が行われた。第1戦目の相手は立命大。最初に登場したのは岸本紗良(情2)だ。健闘をするものの、サーブミスや相手の手数に苦戦し敗退した。
岸本に続いたのは赤川真理亜(化生3)。相手を寄せ付けない攻めで1ゲーム目を勝ち取ると、その勢いのまま2ゲーム目も獲得。最終セットでは両者ともに均衡した状態が続いたが、鋭いドライブで相手を撃破した。
第3シングルスでは期待の新星・藤原真由(人1)が相手を迎え撃つ。左右に振り分ける攻撃で相手を翻弄し、1ゲーム目をものにすると、2ゲーム目も流れを切らさず獲得する。第3ゲームは相手の勢いに押されて、取られてしまうものの、4ゲーム目にはしっかり切り替えて、見事白星を獲得。
関大が1点のアドバンテージを残して迎えたのはダブルス。そこでは宮村栞奈(社2)と藤原が登場した。息の合ったコンビプレーが炸裂し、1ゲーム目を勝ち取る。途中のゲームカウントを落とすこともあったが、最後まで実力を見せ、勝利を飾った。
後1勝をあげれば関大の勝ちという場面で朝野郁香(社3)と宮村が登場。朝野は相手に食らいつく攻撃を見せるが、カウンターに苦戦し黒星をつけられる。宮村は互いに譲らない展開を繰り広げ、2-2までもつれこむも、最終ゲームを落としてしまい、無念の敗退。
同点の状態で登場したのは稲村羽奈(情2)。積極的な攻めで2-0までもっていくが、あと1歩が出ずに最後は負けてしまう。
第1試合は悔しさの残るものとなった。

立命大戦での悔しさを胸に迎えたのは同大だ。メンバーを少し入れ替えて迎え撃つ。
最初に登場したのは宮村。序盤からミスが目立ち、一気に窮地に追いやられる。しかし、2-0で迎えた3ゲーム目では相手に隙を与えない攻めで勝ち取る。その勢いのまま逆転したいところだったが、最後は力尽きてしまい、敗戦。
第2、3セット目では朝野、赤川がそれぞれ立ち向かう。朝野は最初一気に4得点を獲得するものの、それ以降は攻撃の雨が止んでしまい白星とはならず。赤川も3ゲーム目を勝ち取るものの、あと1歩が出なかった。
あとがなくなった関大。迎えたダブルスでは宮村、藤原が登場した。序盤、相手の攻撃に苦戦し7-10までもっていかれてしまう。しかし、怒涛の追い上げを見せ逆転し、1ゲーム目を奪う。続くゲームでもいい流れはあったが、惜しくも勝てなかった。
関大の敗退が決定した中で行われた第4、第5シングルス。西村日菜(文2)、稲村の2人が出場した。両者ともに奮闘するも、相手を倒すことはできなかった。
最後に登場したのは藤原。望みは藤原へ託された。ゲーム序盤から実力を発揮し、1ゲーム目を獲得。続く2ゲーム目もものにしたかったが、相手の反撃にあい、とられてしまう。その後はデュースを繰り返す激戦が繰り広げられたが、とどめを刺したのは藤原だった。最後は相手のミスで勝敗がつく。まさに、執念が一勝をもたらした。
「明日につながるいい試合になった」(小林菜々美女子主将=化生4)。結果は振るわなかったものの、チームは前向きに振り返った。まだまだ続く春季リーグ戦。今日を糧に勝利をつかみ取るだろう。【文/写真:濵田将志】

▼小林主将
「(今日の試合を振り返って)立命大戦は惜しい結果だったが、それまでの試合の反省をそれぞれ個人が生かせたのではないかと思います。あとは気持ちの問題かなと思いました。同大戦はカット打ちが苦手という中で、明日につながるいい試合になった。(良かった点は)応援だと思います。例えば、点数をたくさんとられても、応援で試合をしている選手が切り替えられたかなと思います。(今日の試合のMVPは)稲村選手だと思います。今までの試合の中で1番声が出ている。(意気込みは)明日の近大戦は絶対に勝たないといけないと思っているので、チーム一丸となって頑張りたいと思います」