【ソフトボール】神院大に白星で、リーグ好発進!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

◇第51回春季関西学生リーグ戦1戦目◇対神院大◇5月2日◇なみはやグラウンド◇

神院100 000=1
関大010 04X=5

(神)奥田、内海―久田
(関)辰巳―鈴木

1(遊)粟井
2(一)中岸
3(左)樫原
4(捕)鈴木
5(右)尾崎
6(投)辰巳
7(DP)髙濱
8(中)忽那
9(三)藤井
FP(二)吉田

快晴の下、春季リーグ戦が今年も開幕。初戦の相手は毎季しのぎを削っている神院大だ。混戦が予想されたが、5回に打線が爆発し逆転勝利。目標とする優勝に向け、幸先の良いスタートを切った。

先制は神院大。2死一塁から左方向へフェアラインぎりぎりに安打を放たれると失策が絡む間に相手走者がホームイン。いきなり初回から追い掛ける展開に。

それでも「試合の入りを見て特に不安はなくなった」と、樫原悠平主将(商4)。2回、尾崎智康(安全3)がレフトの頭上を越える大きな当たりで一気に三塁まで進むと、7番髙濱友裕(情3)が2球目を三遊間に鋭く打ち返し、同点に。試合をあっという間に振り出しに戻した。


△尾崎


△髙濱

先発の辰巳大樹(情2)も踏ん張りを見せる。ボール先行ではあったものの、要所での好投は健在。また、幾度かのピンチも、鈴木隆弘(文3)の巧みな牽制や野手陣の息の合ったプレーで阻止。これ以上の失点を許さない。


△辰巳


△鈴木


△粟井

両チームがスコアボードに0を刻む中、関大打線に火が付いたのは5回裏。この回の先頭打者・忽那崇幸(人3)が三塁打で出塁すると、1番粟井朋弥(環都3)の中飛で逆転に成功する。さらに、中岸健登(経3)の中前打、そして樫原がセンター方向に本塁打を放つと、続く鈴木もランニングホームランと打線が爆発。この回一挙4点を追加し、大きく引き離した。


△忽那


△粟井


△中岸


△樫原


△鈴木

最後は三振と併殺で相手の反撃を封じ込め、100分タイムオーバー制により6回で試合終了。しっかりと1勝をつかみ取った。

「ベンチメンバーも含めていい雰囲気」(樫原)とその言葉通り、関大らしさ全開に戦い抜いた今試合。ダブルヘッダーが続く明日からの2日間も、集中を切らさず、確実に白星を挙げたい。【文:高木満里絵/写真:遠藤菜美香】

▼樫原主将
「今日の試合は勢いづけるためにも頑張らないといけない試合だった。リーグ前までは不安はあったけど、試合の入りを見て特に不安はなくなったし、ベンチメンバーも含めていい雰囲気だったので良かった。(ホームランは)当たりのいい打球。自分のミスで先制点を与えてしまったのでここで1本打てば返せるかなと。感触はそこまで良くなかったけど。(新1年生は)キャラが強くて、関大に合ってるなという感じ。個性豊かで(笑)。(今から連戦が続くが)体力的にしんどいと思うけど、ここで1戦1戦頑張っていきたい。全勝優勝目指してやっているので勝ちたい」

▼辰巳
「最近調子が悪かった。今日も理想よりは全然ダメだったけど、集中力で耐えたという感じ。1失点で良かったと思うしかないくらい良くない。試合的には野手が助けてくれた。リーグ前の練習試合は3回で降板したり、全然投げてなかったり。でも、1年生に新しいピッチャーの杉本が来てくれて気持ち的にも楽になった。いいピッチングしてるし、そんなに点を取られることもないので頼りにしている。(次戦以降は)急に良くなることはない。フォアボールに気を付けて打たせて取るピッチングをしていきたい」

▼忽那
「前回の秋のリーグで全然結果残せてなくて、春は絶対打たないかんなって思って臨んだ。状態も良くて、打てるかなとは思っていた。1-1の状態で自分が先頭バッターで、どんな形でも出塁できたらいいなと思った。甘いボールが来たので打てた。自分が打って得点になったのはうれしかった。チームも盛り上がれる点になったかなと思う。この冬、いっぱい思考錯誤して、ライズボールが当たらなかったんですけど、通用できるようになったかなと。打ったのはストレートかライズだったんですけだ、それを右方向に打てたのは良かった。守備は急造のライトでコミュケーションとりながらやった。レフトは樫原さんで安心してできた。内野は安定感があるので、自分は飛んできたボールをしっかり処理するだけ。まず一戦取れて、流れが来てると思うので、2、3も取って最終日につなげて、全勝優勝したい」

▼鈴木
「その前のバッターのキャプテンがホームランを打ってくださってくれたんで、気楽に行くことができた。どうしても点が欲しい場面だったので、さすがキャプテンだなと思った。ピッチャーの調子は良くなかったんですけど、良くないなりにピッチャーが工夫して投げてくれて。そこが1点に抑えれた要因かなと思う。2回生のピッチャーがずっとやっててくれてて、そこが崩れた時に控えの1年生のピッチャーも準備してくれていた。準備して控えてくれてるのは良かった。去年からずっと組んでるので、ある程度の調子の良さ悪さはわかる。ほんとに悪いなりに良く堪えたなと思う。絶対、全勝優勝っていうのを掲げてる。キャプテンについて行くだけだと思っているので何としてでも優勝させてあげたい」