【古武道】力強い演武を披露!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

◇第57回武徳祭◇4月29日◇旧武徳殿◇

社会人を含め、ロシアやフランスなどの海外の選手も参加している武徳祭。関大は今回が初出場となった。

レベルの高い選手たちの演技が続き、「少し気後れした部分はあった」と話した住友慎太郎主将(文3)。そう話したものの、鞘(さや)や杖などを使った、自分たちらしい堂々とした演武を披露した。

「関大古武道部の演武のレベルを上げて、大きな大会にたくさん参加して行きたい」(住友主将)この経験を糧にして、より演武に磨きをかける。【文・写真::竹中杏有果】

▼住友主将
「古武道部は基本的に、大学の連盟大会に出場するのが主なんですけど、このような法人団体や社会団体などの様々な武道団体のが出場するものに参加するのは稀で、武徳会のものに関しては今回が初めてで。他の方のレベルの高さに少し気後れしてしまった気はするんですけど、それでも部員全員が毅然とした態度で最後までやり遂げられたので今日は本当に良かったと思います。他の方々の演武が素晴らしかった分、僕たちの演武も引き締まって。もっとちゃんと綺麗な演武をしなければという気持ちが湧き上がってきました。目標は、関大古武道部の演武のレベルを上げて、大きな大会にたくさん参加して行きたいと思います」