【サッカー】まもなくリーグ開幕!関西学生サッカー連盟記者会見に潜入!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

◇第94回関西学生リーグ記者発表会◇4月4日◇阪急ターミナルスクエア17『さつきの間』◇

 

4月9日にリーグが開幕し「日本一」に向けての戦いが始まる。関大スポーツ編集局はリーグ記者会見を取材。「全員サッカーで日本一」を掲げる関大の思いを再認識する場となった。また、懇親会では石井主将と今季初戦の相手となる立命大の主将が互いに意気込みを言い合う場面もあり、期待が高まる。

 

関大・前田監督のコメント

関西大学の目標・スローガンは『全員サッカーで日本一』というのを掲げています。昨年は選手、マネージャー、学生トレーナー、学生コーチと208人の学生で運営をしていました。新2年・3年・4年で169人がおり、これに1年生がプラスされた人数でサッカー部はやっていきます。関西大学としては試合に出ている11人だけではなく、サブを含めた18人だけではなく、部員全員で日本一を取りに行こうということを念頭に日々の練習に励んでいます。

習慣でトレーニング前とトレーニング後に円になってそれぞれ思うことや感じたことを話しています。その中でトップのカテゴリーのチーム以外でも「日本一のために」という言葉が出てきています。目標を共有して頑張れています。
選手も意欲的でゴールキーパーの朝6時からの練習は週に2回しているのですが、今年に関しては週3回してほしいという要望が出ています。効率としては悪いと取られる方もおられると思いますが、選手たちは非常に意欲的であることが表れていると思います。もちろん、他の選手も同様に意欲的で個々の能力を少しずつでも実力を伸ばしていきたいです。2015年は7位、2014年は8位となっていますが、僕を含めチャレンジャーの気持ちで優勝を狙い、全国大会へ向けて頑張っていきたいです。

注目選手に関しては5番の石井光輝です。今年は主将を務めます。プレー面ではユーティリティーでどこでもハイレベルでやってくれます。特に後ろのポジションであればどこでもやってくれます。関西選抜にも選ばれて期待しています。プレー以外にも(部員数)200人以上の先頭に立って、目標へと引っ張ることを期待しています。プレーと主将としての務めを担う石井を注目選手にさせていただきました。

 

DSC_2111

 

 

関大・石井主将のコメント
Q  監督が変わりましたがチームの雰囲気はどうですか?
A  前田監督自身、サッカーにとても熱くて大好きということは伝わってきています。それぞれの選手もモチベーションを上げて、雰囲気良くやれていると思います。
Q  チームでどういったまとまりをしていきたいですか?
A  全員サッカーで日本一という目標に掲げている中で1人1人が置かれている立場・役割を把握して、ピッチ内外で戦うというのを今年もしっかりとやっていきたいと考えています。

 

DSC_2125

 

Q 初戦の相手は立命大ですが、勝利をつかむために何が必要だと思われますか?
A  昨年、最終節で負けて全国(インカレ)を逃すというすごく悔しい思いをしています。今年は開幕戦から当たることができるので、全員でハードワークをして全員で力をぶつけて勝ちにいきたいと思います。

 

Q  関大サッカーのサポーターの皆さんに一言お願いします。
A  全員サッカーで日本一ということは選手、スタッフだけではなくて地域の方々も含めての全員と思っている。だからこそ、全員一丸となって取り組んでいきたい。

 

DSC_2141

 

初戦の立命大は4月10日(日)ヤンマースタジアム長居にて11時30分にキックオフ。選手、スタッフ、応援が一体となって「日本一」へと進んでいくサッカーを観戦してはいかがだろうか。【文/写真:水野 真】