【野球】無念のサヨナラ負けで勝ち点献上

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

◇2019年度関西学生春季リーグ戦第3節◇対同大3回戦◇4月22日◇ほっともっとフィールド神戸◇

関大110 000 000=2
同大000 010 002=3x

(関)肥後、鷲尾―久保田拓
(同)仲野、道端、髙橋恭、西村―栗林、工藤

1点リードで迎えた9回裏。ここまで9回1失点の好投を繰り広げてきたエース・肥後皓介(人4)が最終回もマウンドへ向かう。抑えれば勝ち点獲得が決まる局面。肥後は、同大打線に捉えられてしまう。先頭にヒットを浴びると、同大7番四川がこの日3本目の安打を放ち、同点に並ばれる。逆転だけは防ぎたい。肥後に代わって、鷲尾侑哉(人4)がマウンドに上がるも、大事な場面でまさかの四球と暴投。無死二、三塁で代打・堀北に犠牲フライを放たれ、あまりに悔しいサヨナラ負けを喫した。

関大の立ち上がりは、投打ともに好調だった。1回で先頭の里泰成(情4)が二塁打で出塁。犠打で進塁し、3番安藤大一郎(経2)の左方向への犠牲フライで先制に成功した。


△里


△安藤

2回に、先頭の倉川竜之介(文4)が四球で出塁。盗塁と失策で三塁まで進めると、先ほどと同様に7番松島恒陽(人4)の犠牲フライで追加点を挙げた。


△倉川


△松島恒

堅実に得点を決める打撃陣に、先発・肥後もしっかり応える。打たせて取るピッチングで初回を3人で封じると、5回に長打で1失点するものの、安定した投球を披露した。


△肥後


△肥後と捕手・久保田拓真(社2)

後半戦は両チームともに得点がないまま進んでいく。点差を広げてピッチャーを安心させたい関大打線だが、同大の継投策を前に、三者凡退で抑えられる。9回裏、最後の攻撃で、2死一、二塁で得点圏にランナーを置くも、あと1本が出ず。1点差のまま、9回裏を迎えた。何とか守り抜きたいリードだったが、同大の執念に競り負け、劇的勝利を献上してしまったのだった。


△鷲尾

勝ち点を落とし、優勝への道が追い込まれてしまった関大。できることは、勝利を積み重ねるのみだ。次節は、甲子園球場で行われる関関戦。最高の舞台で、最高の結果を出したい。【文:松山奈央/写真:中西愛】

▼早瀬万豊監督
「肥後にかわいそうなことをした。点を追加できなかったのが要因。肥後も粘り強かったが、引っ張りすぎたのかもしれない。あそこまで来てたし、最後まで期待した。若いチームなので、これを成長の糧にしてほしい」

▼松島恒主将
「あともう1点取れていたら。2-1の1点差で、最後は焦りがあったのかも。いい流れで2点取って安心感がもしかしたらあって、3人ですぐ凡退するのが多かった。それで「流れが同大にいってしまった。先制点を取るのは目指してきたし、できて良かった。先頭も出てくれていい形だとは思っていた。まず自分が打てていないし、勝てないのが辛い。『とにかく食らい付いていこう』とずっと言ってきた。次に向けて切り替えないといけない。優勝への可能性はまだ0ではない。関関戦に切り替えて、勝って勢いをつけることができたら、いい方向にいけるかもしれない」