【ホッケー】強豪・天理大に健闘!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

◇2019関西学生春季リーグ女子第2日◇対天理大◇4月21日◇於・天理親里ホッケー場◇

[第1Q]関大0―1天理大
[第2Q]関大0―2天理大
[第3Q]関大0―2天理大
[第4Q]関大0―3天理大
[試合終了]関大0―8天理大

2戦目の相手は天理大。昨年の秋季リーグ優勝した強豪校だ。第1Qから関大は粘りのプレーを見せた。山本彩花(人2)や高橋咲穂(情2)の強気のプレッシャーでボールを奪いに行く。PC(ペナルティコーナー)で失点するも、全員の集中した守備で第1Qを1失点で抑えた。続く第2Qでは、立ち上がりに2点を許したが、DFラインでは森田彩那(文4)が最後まで食らいつく。さらに、山本のドリブルで相手を翻弄(ほんろう)し、相手陣地に攻め込んで行った。

第3Qでは序盤から押し込まれてしまう。廣瀬有沙主将(人4)や畳谷桃子(法2)も必死に防ぐも4点目を献上。その後、GK北條実羽(社3)か何度も相手シュートを弾くが、こぼれ球を押し込まれてしまう。最終Qでは、体力もだんだん落ちてきてしまうも、なんとか失点を8点に抑えた。

「誰もが弱気にはなってなかった」と廣瀬主将が振り返るように、強豪相手に強い気持ちで戦い続けた。次の聖泉大戦こそ、得点しインカレ出場に向けて弾みをつけたい。【文/写真:野村沙永】

▼廣瀬主将
「昨年の秋に優勝しているチームだから強豪っていうのは分かってはいたけど、強豪やからって自分たちが引いたり名前負けでビビっていたら弱みを握られてどんどん点を入れられると思うし、向こうのペースになるから、そんなん関係を関係なしに自分たちのプレーをやろうっていうことを決めて、絶対10以上の失点はしないことを目標にしていて、そこは達成できたかな。でもここで達成できたからといって、負けてるから後はないし、2戦本当に頑張らないとインカレは難しい。(気持ちの部分では)誰もが弱気にはなってなかったと思うし、コートにいるメンバーしかいないから、1人が弱気になってしまったらどんどん伝染していってしまうので、みんなが声を出してできたと思います」

▼GK北條
「(天理大は)GKになってからやるのは初めてなので、怖かったです。(試合を振り返って)このチームになってから立ち上がりはいいと思ったし、(第1Qの)最後のPCまで無失点で抑えられていたけど、みんなの体力が下がってきた時からしんどくなってきて。でも、1回生のときは11点入れられていて、今回は1桁失点で抑えるのが目標だったので、8点で抑えられたのは良かった。(GKとして)春休みに負のループがあって、全然止めれなくなったりしたけど、前の中京もまあまあ止めれたし、今回も止めれた部分はあったので自信はついた。天理が相手でも攻めれる時間はあって、サークルあたりまで行ってることはあったので、パスはつながっていると思う。(チームの雰囲気は)試合だからって固くならず、みんな楽しんでできていると思う。(次戦は)聖泉はどんな感じかはまだわからないけど、去年よりは失点を抑えたいし、得点したい」