【ソフトボール】同大圧倒し、金星挙げた!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

◇第51回春季関西学生リーグ戦2次部別第1節◇対同大◇4月21日◇武庫川女子大学総合スタジアム◇

同大110 010 0=3
関大003 020 X=5

(同)前田、大須賀―吉岡、山口
(関)杉本、石橋―日吉

1(二)今橋
2(中)田平
3(左)佐伯
4(遊)辻
5(一)副嶋
6(指)石橋
7(右)佐々木
8(三)森
9(捕)日吉
先発 杉本

勢い止まらぬ相手に金星を挙げた!相手は、全国王者・園女大を破り、今季全勝でまさに波に乗っている同大。リーグ1好調な相手に、関大は打線奮起させて対抗。流れを渡さず、圧巻の勝利を収めた!

先制は同大だった。先発・杉本樹菜(人4)が1、2回と立ち上がりの不安定なところを攻められ失点。同大優勢のゲームになるかと思われた3回、関大が反撃を開始する。


△杉本

3回裏、8番森香央理(人2)が相手のエラーにより出塁したのを機に、関大打線が爆発を見せる。2番田平優佳(人3)の犠牲フライでまずは1点を返すと、今季好調の3番佐伯瞳(社4)が二塁適時打で続く。さらに、4番辻楓(人3)が、エラーを誘うセンターへの当たりを放ち、この回一挙3点。あっという間に逆転した。


△森


△田平


△佐伯


△辻

5回からは、石橋美奈(人2)がマウンドへ。同大に執念の1点を返されて同点となるが、関大の流れは終わっていなかった。2番田平がヒットで、4番辻が四球で出塁。ルーキー・福嶋七彩(ななせ=人1)の一打で得点圏に進むと、打席に向かうのは6番石橋。ボールにバットを軽く当てると、スクイズが見事成功。好投でチームを支えるピッチャーが、自らのバットで決勝打を放った。


△石橋


△田平


△福嶋


△石橋

終始関大のテンポで進んだこのゲーム。杉本のコントロール抜群のピッチングと、石橋の打者を寄せ付けない圧巻の投球が、好調の同大を封じ込んだ。この好投に、関大バッター陣も奮起。まさに、投打のかみ合ったゲームとなった。【文/写真:松山奈央】

▼今橋主将
「同大に苦手意識もなく、『いつも通りプレーしよう』と声を掛けて試合に入った。相手は自分たちと同じようにワイワイやっているチームで、雰囲気にのまれないようにしよう、と。ヒットからのチャンスではなくて、相手のミスから得点できたのは成長。石橋も、変化球がキレていた。みんなが状況に応じて、役割を果たせていたと思う。モチベーションも上がって、この勝利でまとまった。全日本インカレに行くには勝ち点を積むしかない。1勝と1敗の差は大きい。相手がどこであれ、勝てたのはとても大きい」