【バレーボール】開幕2連勝!“優勝”に向かって突き進む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

◇2019年度関西大学連盟2部春季リーグ戦第2日◇対桃院大◇4月21日◇大阪国際大学体育館◇
[第1セット]関大25-14桃院大
[第2セット]関大25-12桃院大
[第3セット]関大22-25桃院大
[第4セット]関大25-22桃院大
[セットカウント]関大3-1桃院大

開幕戦を快勝で飾り、好スタートを切った関大。いい雰囲気の中2戦目の桃院大戦に臨んだ。

開幕戦と変わらないスタメンで幕が上がった第1セット。垂水唯人(経4)の豪快なスパイクで先手を取ると、相手のミスなどもあり順調に点を重ねていく。前の試合で「もっと盛り上げていかないといけない」と語った田中伸哉(人3)も積極的に声を出しチームを盛り立てる。いい雰囲気の中16点目を取った場面で藤井徹太(社2)に代わって内田康太(政策3)が入ると、早速相手レシーバーをはじく強烈なサーブを見せつけ会場を沸かせた。最後は途中出場の松野龍紀(環境2)が決め第1セットを先取した。


△垂水


△内田

続く第2セットからは開幕戦に引き続きルーキー岡田大雅(経1)も出場。相手陣形を崩すサーブやブロックポイントを奪う活躍を見せチームに貢献した。中盤には代わって入った古仲将真(人3)のトスから田村幸大(情2)がスパイクを叩き込むなど様々な選手が点を取りこのセットも難なく奪った。


△古仲


△田村

いい流れで迎えた第3セット。このまま勝ち切るかに見えたが、思わぬ苦戦を強いられた。「チームとしてなかなか機能していなかった」(垂水)とあるように大幅にメンバーを入れ替えて臨んだが、レシーブや攻撃の形の面でミスが目立つ展開に。そこを相手に付け込まれ、一気に劣勢を強いられた。終始リードを許しこのセットを落とした。

第4セットはメンバーをスターターに戻した。序盤から積極的に南本一成(商2)がスパイクを叩き込みこのセットの主導権を握る。セッターの青木佑介(社3)も「サーブが調子良かった」と巧みなサーブ技術を見せつけ点数を重ねる。一度は追いつかれるもそこから南本が2本連続でスパイクを決めるなど4連続ポイントを奪い完全に引き離した。最後は田中がブロックで決めリーグ2勝目を挙げた。


△南本


△青木

「メンバーが変わったときに流れが悪くなるのを次から無くしていかないといけない」と南本が語るように課題も見つかった試合だった。それでも開幕2連勝を挙げた関大は“優勝”という二文字に向けて課題を克服しつつも突き進む!【文:北島大翔/写真:北島大翔、瀧川千春、宮本晃希】

▼垂水
「(桃院大の印象は)キャプテンの左利きを結構マークしてました。(3セット目について)メンバーが違って、スターティングメンバーじゃなくてベンチのメンバーが結構出てたのでチームとしてなかなか機能してなかったから苦戦したんだと思う」

▼青木
「(桃院大について)しっかりとした攻撃力があるチームだったので、こっちがサーブで攻めて、ブロックが3枚で2段で止めてって感じでいいムードでやれたかなという感じです。サーブが調子良かったのでどんどん崩して、そこでブロックをしっかり作ってもらって点数を稼ぐことができたのは良かったと思います。(第3セットについて)僕もそうなんですけどメンバーがガラッと変わってそこであまりコミュニケーションが取れてなくてズルズルいったので、変わっても全員が声を出してベンチからもサポートできたら良かったかなと思います」

▼南本
「(桃院大について)練習試合で接戦だったんですけど、Aチームでやってなかったというのもあって、まあ普通にやれば勝てると思ってたんですけどメンバーが変わった時に流れが悪くなるのを次から無くしていかないといけないと思いました。(うまくいったことは)スパイクの本数をそんなに打ってないんですけど、結構決まったのが多かったのでそこは良かったかなと思います。(課題は)自分たちが連続得点した後にすぐ追いつかれてみたいなのが多かったので、そういうのを直していきたいなと思います」