【準硬式野球】関大準硬、悲願の春優勝!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

◇2019年度関西六大学春季リーグ戦最終節◇対関学大2回戦◇4月19日わかさスタジアム京都◇

関大303 001 2=9
関学110 000 0=2x

(関大)内川、池川―庄中
(関学)小柳、田中勇、田中駿ー前田

1(中)髙品
2(一)三ツ野
3(指)鈴木
4(捕)庄中
5(三)東原
6(遊)東條
7(左)松本航
8(二)三川
9(右)前川晃
先発 内川

関大準硬の夢が叶った瞬間だった。7回裏、マウンドには途中出場の池川尚樹(法3)。けがに悩まされた右腕を全力で振り、「その瞬間」を少しずつ近付ける。無失点で封じれば、7回コールド勝ちが決まる場面。ヒットで得点圏にランナーを背負い、ヒヤリとするものの、仲間の思いや期待を白球に乗せ、投じ続ける。そして、2死二、三塁で迎えた最後のバッター。放った4球目を、捕手・庄中亮太(政策3)が送球する。少し乱れた球を一塁手・三ツ野龍侍(経3)がしっかりキャッチしてベースを踏む。「その瞬間」、関大のリーグ優勝が決まった。マウンドに駆け寄る庄中と守備陣。後を追って、ベンチから飛び出した仲間たちも集まり、人差し指を空に向けて歓喜の声を上げた。

長く、苦しい日々だった。代替わりした昨秋、破竹の開幕7連勝を飾り、誰もが優勝を確信していた。しかし、そこから悪夢の3連敗。簡単に、栄光は逃げて行った。全日につながる春リーグ戦こそ必ず勝ち取る。関大ナインはこの記憶を刻み付け、春を迎えたのだった。


△4年生で唯一スタメンの前川晃太郎(法4)


△主軸として打線を引っ張った鈴木成大(安全2=左)と髙品吉弘(経3)


△今季初スタメンで、堅実な守備を見せた三川竜平(商3)

開幕戦から5連勝を飾り、まさに好調なスタートを切った今季。そして最大のヤマ場である立命大にも1勝1敗と上々の結果で、最終節・関学大戦を迎えた。関学大との1回戦は、最終回に土壇場で追いつく粘り強さを発揮し引き分けた。最終戦で勝利を収めれば優勝。しかし、ここで浮かれては秋の二の舞になる。今季の関大は冷静だった。


△関大のエース・平井巽(法4)


△攻守で貢献した東條光希(ひろき=安全2)


△今季リーグ戦初出場ながらベストナイン獲得の東原大樹(環都2)

そして最終戦。先発を任されたのは、この春から先発ローテーションに名を連ねる内川大輔(文2)。チームを何度も勝利へ導いてきた2年生投手を助けるため、打撃陣は奮闘を見せる。初回からヒットや相手のミスでしっかりと得点。関学の追い上げを食らうも、相手を突き放してリードを守る。5回終了時点で6-2の4点差に。それでも、関大は攻撃の手を緩めない。

5回から、内川に代わって池川がマウンドに上がる。打たせて取るピッチングで良いテンポを作ると、関大打線は再び応えた。6回、4番庄中のスクイズで2点を追加し、8-2。7点差で7回コールドとなる場面で、7回には7番松本航太(安全2)の一打で7点差まで広げた。ここを抑えれば、優勝が決まる緊張の場面。池川が最後までしっかりと守り切り、悲願を叶えた。


△不調に悩みながらも最終戦で決勝打を放った松本航

4季ぶりのこの栄光まで、長く険しい道のりだった。それぞれが、悩みや苦しみを抱えながら臨んだこのリーグ戦。全員がいつでも笑顔で一戦一戦を戦い抜いたわけではない。それでも、マウンドでもみくちゃにし合った「その瞬間」は、ここまで積み上げたものが報われた時だったに違いない。だが、関大準硬のストーリーの幕はまだ閉じない。これから控えるのは、関西選手権、さらには全日という新たな物語への道のりだ。その道もまた険しく、一筋縄ではいかないだろう。それでも、一歩ずつ、彼ららしく進んでいく。再び、「その瞬間」をマウンドで迎えるために。【文:松山奈央/写真:松山奈央、金田侑香璃】

▽春季リーグ戦結果
優勝 関大
【最優秀選手】平井

【最多勝利投手】平井
【最多奪三振】平井
【最多打点】三ツ野

【打率部門】
7位 髙品 .344
10位 鈴木 .297

【ベストナイン】
一塁手 三ツ野
三塁手 東原
外野手 髙品

【新人賞】内川


△チームを支えた幹部。左から北條達也主務(人4)、小森拓海主将(商4)、長尾聡大副将(政策4)

▽小森主将
「今回迎えるにあたってたくさんの人たちの支えがあって春リーグを迎えれたので、そこには感謝しないといけない。支えてくれる人のために少しでも恩返しを、結果なり試合している姿を見て何か感じてもらえることがあればいいかなという思いで挑んだ。「目標とされるチーム」という、掲げている目標にはまだまだだが、このリーグ戦を通して少しでも近付けたかなと思う。下級生中心に頑張ってくれて、引っ張ってくれて、その中で今回はベンチもベンチ外も関係なく4回生が引っ張ってくれて、本当に部員1人1人がチームのためにという気持ちが今までのチームより強いかなとは思った。一体感があった。ずっと言い続けてきたのは、野球ができることに感謝しようということ。自分たちが野球できるのは当たり前じゃないということと、せっかくやってるんだから楽しむ心は絶対忘れず。自分たちが楽しんでる姿を見て、応援したいって思ってもらえるようになろうというのは言い続けてきた。優勝は率直に嬉しい。今までやってきたことが報われたというか、頑張ってきて良かったなという気持ちが。感謝という気持ちが一番強い。後輩たちもそうだし、同期や周りのスタッフや、OBも含め、そういった人たちがいたから優勝できたし、その人たちに感謝という気持ちだけですね。このリーグ戦が1つの目標ではあったが、まだまだ終わりじゃない。関西選手権で優勝して、次全日で日本一になることが目標なので。頑張ります」

▽平井
「チームが優勝できたのはすごく良かったが、立命戦と関学戦はチームに本当に助けられたので、関西選手権では自分が勝たせれるように頑張りたい。去年3敗して、今季は負けなかったというのは大きい。フォアボールとかで崩れたこともなかったので、それは成長。(最多奪三振も取ったが?)取れましたね。三振が欲しい時に、三振は結構取れるかなとは自分では思う。が、フォアボールがちょっと多かったりもするので、もうちょっと次に向けて直していきたい。(今後について)一番大事な試合を任させるのはあると思うので、そこでしっかり勝って、全日に行けるように頑張っていきます!」

▽池川
「途中から出場するのは分かっていたから、緊張はあまりしなかった。それよりは、抑えたいとか、チームを勢い付けたいとか。ヒットとフォアボールでピンチを作って、コールドが無くなりそうになったのは反省点。でもまあ、結果的には0に抑えたので。(優勝の瞬間をマウンドで迎えて)気持ちよかったです。これから先、ずっと思い出になるし、自分らの代でもああいうのをしたい。(けがから復活のきっかけは?)長尾さんが心配掛けてくれて。ちょっと投げれるってなったら、メンバーの候補に入れてくれたり。練習や毎試合声掛けてくれたのが、けがで気持ちが折れなかった理由。近藤さんがブルペンで受けてくれてて、フォーム崩してた時があって、近藤さんのアドバイスにも助けられた。期待してくれているのが大きかった。自分の中では一番いい形で応えられた。僕以外にもピッチャーはいっぱいいて、その中で代表として投げてさせてもらって。他のピッチャーのためにも、しっかり結果残して恩返ししていきたいと思う」

▽庄中
「守備としてはいつも通り。だいぶもう緊張せず、周りを見れるようになった。初めて試合に出た人もいたので、三川とか東原とか、結構声は掛けれたかなと思う。引っ張れたと思う。攻撃面は、エンジンが掛かるのが遅かった。終盤の最後の4試合はポンポン打てたが、序盤に上げ切れなかったのがもったいない。俺が打ててたらもっと楽に勝てたかなと思う。ここという場面で、スクイズやタイムリーである程度結果は残してきたから、最低限のことはできた。まだまだですね。チャンスの場面で緊張はない。ここで打てたら美味しいなあ、ヒーローあるな、って。(4番出場のプレッシャーは?)全然ない。4番目。高品、三ツ野、鈴木がいいバッターなんで。それをつなぐバントとか、いいとこ来たらそれを返すフライとか。(次の関西選手権に向けて)4回生のために。あとは、そこから自分らの代につなげられるように。全日出たら、絶対いい経験になるんで。スタメン下級生ってこともあるんで、そういう人たちがもっと感じて、経験いっぱいして。ミスしてもいいんで、次の代につなげられるように。とりあえず前提としては、4回生のためにやる。恩返しです」

▽松本
「今季一番良かったのは最終戦。悪かったのは、中盤は全部。チームが勝ったらいいので、迷惑だけかけやんようにって思っていたが、結局迷惑かけてもうて、とりあえず自分のできることをしたいと思った。先輩からは、「今は結果出てへんけど、お前の力を知ってるから出し続けてる」って言ってくれて、こんな調子悪いのに僕のこと使ってくれてるから、頑張ろうって思った。何より、同期から頑張れって来て、それが強かった。(関学戦ではヒットが出たが?)最後だけだが、やっと自分らしいヒットが出た。今まで打てなかった悔しさとかが全部出てきて。やっと出た!という当たりだったので。秋はいいようにいきすぎて、悩む所はなかったが、春はヒットが出なかったので、気を張っていたところはあった。調子悪かったけど、みんなの前では普通に振る舞って、でも家帰って悩んだりしてたんで。強気でいたが、ヒットも出て、優勝した瞬間気張っていたのが全部なくなった。自然と涙が出てきた。(今季を表すなら)波乱万丈。苦しかった。自分は守備が悪いので、迷惑かけないように最低限はしっかりしないと。打撃を買ってくれてるから、打撃ではチームを引っ張る存在にならないとだめ。2、3回生がメインで出てるので、自分が引っ張っていく責任感がある。試合に出ているメンバーが引っ張らないと。僕が一番になる気持ちでいこうと思う」

▽鈴木
「今シーズンは全然だった。納得はしていない。チャンスの場面で確実にランナーを返さないといけない。そういうとこではまだまだ。打席立ってて秋と比べたら配球も変わってたし、ちょっとずつ研究されてるというか。でも、そういった警戒された中でも打たないといけない。DHで使ってもらってるし、もっと自分が打って引っ張っていくために、まだまだ練習しないと。(走塁について)今回自分の中で、走塁を頑張ろうというのを目標にしてて。そういった面では積極的に走れたし、立命戦での三盗は自分の中でもベストプレー。走塁に関しては満足している。(仲間の声掛けもよくしていたが?)自分がDHで、ベンチから視野広く見れていると思うので、気付いたことは言ってあげようと思ってるし、落ち込んでてもあれなんで、自分がもっとベンチを盛り上げて励ますように心掛けています。航太が実力あるのはみんな知っていると思うが、落ち込んでいるというか苦しんでいるのもあって。でも常に「いけるいける」「自分のスイングしたらいいから」とか励ましてて、今日打ってくれたのは本当に嬉しかった。自分のことのように嬉しかった。同期の活躍はいい刺激だし、東原もあれだけ来て、自分の同期が活躍するのは嬉しいし、負けてられないし、もっと頑張りたいと思う。(今季について)達成度は70点くらい。チャンスの場面で凡退したりしたんで、もっとチャンスで打てないとあかんと思う。満足は全然してない。スイングは振れてるし、調子自体は全然いいと思うので、自分のスイングができるようにもっと練習して、チャンスで俺に回ってきたら打てると期待してもらえるようなバッターになりたい」