【野球】チャンス繋げられず・・・1回戦落とす

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

◇2019年度関西学生春季リーグ戦第3節◇同大2回戦◇4月20日◇ほっともっとフィールド神戸◇

関大 000 000 010=1
同大 000 010 20X=3

(関)肥後、森翔、鷲尾ー久保田拓
(同)髙橋恭、西村ー栗林

1(中)安藤大
2(一)上田
3(遊)野口
4(右)倉川
5(左)里
6(二)坂之下
7(三)松島恒
8(捕)久保田拓
9(投)肥後

また、チャンスを生かすことができなかった。開幕節をなんとか手にした関大が、次に迎えたのは同大。昨季では3回戦に進んだ末に僅差で勝利を収めた相手。今回こそは2試合で勝ち点を頂きたいところだったが、そうはいかなかった。

先発投手は肥後・皓介(人4)。2回に連続ヒットを浴び、三塁までランナーを背負うものの、三振でとどめを刺すピッチングで、本塁を死守する。出塁を許しながらも無失点投球を続けた5回、ついにゲームが動く。

両チームともに0が並んだまま迎えた5回表、先頭の7番四川に死球を与えると、犠打で次々進塁。2死三塁のピンチで、1番小川にライト方向へのタイムリーを放たれてこの日初失点。踏ん張り切ることができなかった。

7回からは、肥後に代わり森翔平(商4)がマウンドへ。しかし、ピッチングが乱れ、思うようにゲームを作ることができない。ヒットや死球で気付けば2失点。代わって、この回途中から鷲尾侑哉(人4)が登板。ピンチを三振で切り抜けると、8回も好投を見せ、それ以上の失点を防いだ。


△森翔


△鷲尾

この日も、関大打線は決定打に欠けていた。1、2回と三塁までランナーを進めるものの、あと1本が出ない。中盤には同大先発・髙橋が安定を取り戻し、3イニング連続で三者凡退。反撃の光さえ消えかけていた。

なんとか食らい付きたいナインに、最後のチャンスが訪れたのは8回表。代打に本城円(人4)が送られると、右前への当たりが待望のヒットとなる。さらに、3番野口智哉(人2)が二塁打で続いて、無死二、三塁の絶好機。打席には、倉川竜之介(文4)。4番が放った内野ゴロを遊撃手がさばく間にランナーが生還。1点を巻き返して、ベンチとスタンドはこの日一番の盛り上がりを見せる。チャンスは続く。7番里泰成(情4)が四球と盗塁で1死二、三塁。しかし、代打・森山翔太(経4)が内野フライで倒れると、打席に向かうは松島恒陽主将(人4)。1球目から大きくスイングし、果敢に攻める。そして、粘った6球目。主将のフルスイングは、無情にも空を切る。その瞬間、同大ベンチが歓喜の声を上げた。


△本城


△野口


△倉川

このチャンスをつなぎ切れなかった関大は、最終回も封じられ、追加点を上げられないまま試合終了。1回戦を落とす結果となった。チャンスは何度もあった。しかし、それを得点につなげる一打はない。ホームとともに遠ざかる勝利の二文字。関大打線が目を覚ました姿が待ち遠しい。【文/写真:松山奈央】