【野球】京大に完封負けで開幕黒星

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

◇2019年度関西学生春季リーグ戦第2節◇対京大1回戦◇4月13日◇皇子山球場◇

関大000 000 000=0
京大000 000 01X=1

(関)肥後―久保田拓
(京)藤原―長野

1(中)安藤大
2(一)上田
3(遊)野口
4(右)倉川
5(三)松島恒
6(左)里
7(二)坂之下
8(捕)久保田拓
9(投)肥後

この春リーグ戦を、白星でスタートすることはできなかった。開幕戦勝利で、勢いを付けたいと臨んだ京大1回戦。先発の肥後皓介(人4)が安定した好投を披露するも、バッター陣が応えられず。接戦を落とし、苦い一戦となった。

開幕先発投手を任されたのは、新エース・肥後。昨季防御率リーグ3位の実力は今年も健在。ストライク先行のピッチングで、バッターを次々と切る爽快な投球を見せた。

一方の打撃陣は、なかなか一打が出ずにいた。この日ヒットを放ったのは、2回の松島恒陽主将(人4)、里泰成(情4)、そして安藤大一郎(経2)のわずか3本。京大投手・藤原に完全に抑え込まれた。

両チームともに0が続き、試合はまさに投手戦に。この均衡を破ることに成功したのは、京大だった。8回裏、肥後が8番藤原にフェンス直撃の二塁打を許すと、ヒットと四球で無死満塁に。なんとか後続を断とうとするも、3番西にライト前へタイムリーを放たれ失点する。しかし、その後は連続三振で相手を打ち取り、最少失点で抑えて仲間の反撃を待った。

迎えた最終回、1番安藤大が左前打で自身リーグ戦初ヒット。チャンスをつなごうと、代打・本城円(人4)が送られるものの、最後は相手の好守に阻まれ凡退。完封負けとなった。

この結果に、早瀬万豊監督も「情けない」と打撃陣を評した。京大戦を落としたのは2年ぶり。その時のピッチャーもこの試合先発の藤原だっただけに、克服できなかった後悔は大きい。しかし、2年前は神宮出場を果たしている。2回戦を必ず勝利し、3回戦で勝ち点奪取を狙いたい。波乱のリーグ戦が幕を開けた。【文:松山奈央/写真:金田侑香璃】

▼早瀬監督
「初戦に懸けていただけに残念。(2年前も京大に敗れているが)その時もピッチャーは藤原。何かしてくるから注意するようミーティングでは言っていたが、約90球で完封されてしまった。(先発の肥後について)自分のピッチングをしていた。開幕前からしっかりとピッチングして、いい状態だった。今日は打つ方が全てだった。先制点取ってあげないといけなかった。点を取らないと勝てない。0じゃ勝てない。今日は情けない。点を取れていない。狙いとかの工夫が足りなかった。明日勝って3回戦に持っていく。もう一度藤原を引っ張り出して、次こそは」

▼肥後
「点を取られたら勝てません。点を取られたらだめ。1点取られたら負け、今日なんか。(打たれた球種は?)スライダー。悪くなかったんですけどね。7回練られましたね。(どう抑えようと思っていた?)内野ゴロを打たせたかったですね。ゲッツー取りたかった。(マウンドで監督からは何と?)ここ踏ん張れよ、と。そこで気合い入ったんですけどね。打たれちゃいました」