【コラム】連載企画≪覇業への挑戦≫/第1回/早瀬万豊監督

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

昨年は春3位、秋2位とあと一歩のところでリーグ優勝を逃した野球部。2年前は19年ぶりのリーグ優勝と神宮大会出場を果たしました。もう1度あの舞台に立つために、スローガン『渋男~覇業への挑戦~』を掲げた野球部を直撃しました。第1回を飾るのは、早瀬万豊監督です。

IMG_4219[1]

――昨季を振り返っていかがですか。

とにかく勝ちきれない試合が多かった。粘って食らいつくことができなかった。もうひと力足りない。成果を出すことが1番だから、執行方針を『念・燃・粘』から『念・燃・粘をかたちに』と変えた。結果を出せば勝利につながる。

――勝ちきれなかった原因は何ですか。

昨季はクリーンアップが固定できずに悩んだから。課題は攻撃力、得点力。1、2番が塁に出ても、それを還せる選手がしっかりいなかった。軸となる選手が出てくれると。今はみんなにチャンスがある状態。

――投手陣は、昨年絶対的エースだった石田投手が抜けました。
リーグ経験も豊富な阪本大と吉川が中心になる。石田の穴は大きいけど、この2人は計算できる。他にも、水師や山本、左の濵田が出てくれるといい。捕手の久米や高橋も良いから、バッテリーに関してはあまり心配していない。

――「3点以上を取って、2点以内に抑えて勝つ」ということを1試合の目標にされていますが。

2点以内に抑えることは昨年もできていたから、3点以上取ることが大事。それだけ得点できれば、どんな試合でも十分に勝つチャンスがあると思う。

――チーム全体の状態はどう感じられますか。

例年よりも仕上がりが早い。今年のできあがりはとてもいいから期待できる。

――ズバリ、今年の目標は。
もちろん全国制覇。2年前に神宮に行って、それを経験している選手がまだいるから、なるべくはやいうちにまた神宮へ行きたい。そのためにはまずリーグ優勝。最終戦は関関戦でもあるから、そこまで優勝争いをして勝っていかなければならない。

力強く目標を語ってくださった早瀬監督。その目に映るものは全国制覇のみ。まずはリーグ優勝へ向かって駆け抜けます。【新潟瑞葵】

IMG_6121~