【コラム】開幕インタビュー 松島恒陽

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

開幕直前企画第1弾は、松島恒陽選手(人4)です。「一丸突破」を掲げる新チームを率いる新主将。誰より練習に取り組む、努力家キャプテンに迫りました。

―今年はどんなチームですか?
 今年はもしかしたら周りの人から、戦力が落ちるって思われるかもしれないです。

―どのような面で?
 去年のリーグ戦に出てる人が少ないので。ガラッと変わった感じになるので。経験が少ないからこそ、みんなで固まって力を合わせたら、大きい力が生まれると信じて、やっていこうと思って「一丸突破」というスローガンにしました。

―チームの象徴のような人物はいますか?
 いないけど、いないから弱いっていうのは決まってないと思うので。すごいやつがいなくても、結局は勝てばすごいチームって言われるので。あんまり相手に分からないじゃないですか。能力がバレてないというか。可能性としたら、秘めてるチームかなと思います。

―チームの状況はどうですか?
 ピッチャーはめちゃくちゃいいです。あとはどれだけ打てるかかな、って。リーグ経験者は放っておいても打ってくれるんで(笑)。でも、今まで出ていた人たちも絶対に出れるとは思っていないので。下にもいっぱいいるので。絶対っていう人は。自分はいないと思います。

―レギュラーが固定されていないことは、いいことだと思いますか?
 そうですね。そうなったら下の出てなかった人が「抜かしてやろう」って思うじゃないですか。そうなれば、「抜かされるからもっとやらな」ってなって、いい循環だと思うんですよ。

―どんなチームカラーですか?
 競争心と自主性ですね。

―チームの雰囲気はどうですか?
 悪くないと思います。声も出てるし。自分たちの学年が元気な人がいっぱいいるんで、後輩もそれに付いてきてくれてるという感じですね。同期には助けてもらってばっかりです。下の者は上の者をよく見ると思うので、僕らがやらないと崩れてしまうので。

―主将になられたきっかけは?
 多少は、「引っ張っていかなあかんな」っていうのは・・・。でも自信はなかったです。引っ張っていくっていうのとか、話すのとか苦手なんで。今でもそうですけど、そんな自分の思っていることとか、伝えるのは上手くいかないというか。まだまだリーダーというか、キャプテンになる人材ではないんで。まだまだ勉強していこうと思っています。考えながら話してたら真っ白になるんで。まとめるのが苦手ですね。

―主将として心掛けていることは?
 とりあえず、自分も絶対に試合に出れるっていう存在ではないので。まずは自分が野球が上手くなることだけを考えて。キャプテンなので、言う立場なので、自分が一番結果出さないと何も言えないので。前は、自分も甘い気持ちは心のどこかであったんで。それで痛い目見ましたね(笑)。

―今は、まずは自分、という感じですか?
 個々の力が上がれば、チームのためになると考えているので。野球は常に競争じゃないといけないと思うので。競争心は持たないといけないというか。無いと抜かされてしまうので。ちょっとの隙があれば抜かされるぞ、っていうのを気付かないと。人はどこか、他人の見ていない所でやっているかもしれないので。

―新体制はどうですか?
 自分の理想になるんですけど、もっと意識のレベルを上げないと絶対無理だと思うので。もっと高くしていきたいです。1個1個の練習メニューにどれだけ真剣に取り組んでるか、とか。もしかしたらまだ気の緩みはあるんじゃないかな、と。

―練習で意識していることは?
 今年は、去年よりは自主性というのを大事にしてます。それは自分で考えてこれからもやっていかないと伸びないと思うので、それをちょっと考えて、自主性を増やしていっているという感じです。

―自主練習している選手も多く見かけますが。
 まさにですね。何が足りないかを自分で考えさせないと、一生気付かないと思うので。考えるというのを大事にして。まずは僕が一生懸命やらないと、みんなあれだと思うので。やり残したことのないよう、後悔のないように1日1日練習しています。合宿でも夜にトレーニングしたりとか練習している人は、思ってたより多かったです。嬉しかったです。昨年よりは間違いなく増えました。

―それはどうしてだと思いますか?
 僕らの代が練習をめちゃくちゃするので、それを見てくれてるのかなとは思いますね。練習するしか結果は出ないので、練習しかないです(笑)。

―試合経験者が他の選手にアドバイスすることは多いですか?
 できるだけ、聞いてもらいたい。自分からっていうより聞いてもらう。それも自主性で。聞き合ったりしたいですけど、まだそれは足りてないですね。

―刺激を受けることはありますか?
 夜とかに自主練習している人がいたら、嫌ですね(笑)。自分が抜かされてしまうって思ってしまうので、自分も帰れないです。ほんまに負けるのは嫌いなんで。

―試合では緊張しますか?楽しいですか?
 楽しい時は無意識にできてるんですよ。何も考えていない。でも、考えている時はだめなんで。無意識にできるように。試合で無意識になれるように、練習をやるしかないです。難しいですけど、とんでもない量をやればできるとも思っているので。反応で打てるようにしたいです。考えるのも大事ですけど、反応も大事だと思うので。

―残って練習するのは苦ではないですか?
 しんどい時もありますけど、これがいい結果につながると考えたら、全然できます。

―ラストイヤーへの思いを教えて下さい。
 タイトル取りたいですね。今まで賞とかなかったんで。タイトル取るのもそうですけど、まずは規定打席いけるように、試合にでることですね。今まで少なかったんで。

―みんなで一丸となって何を突破しますか?
 1戦1戦大事に突破して。絶対にスポーツをしていたら、挫折とか悔しい思いとか壁にぶつかることがあると思うので、そういうのも突破して、乗り越えて、っていう感じですかね。絶対に1人だけじゃ勝てないので。

―目指すものは何ですか?
 全国優勝ですね。可能性としては0ではないと思うので。

―これまでの悔しさは現在に生かされていますか?
 生かされてますね。悔しい思いをする前に、もっと練習しておけばよかったなって今は思います。昔の失敗が今につながってます。

―最後にメッセージをお願いします。
 もしかしたら戦力が落ちるって思っているかもしれないですけど、応援してくれてる人たちの期待を超えれるように。「そこまでできたんか」って思ってもらえるように、優勝目指して頑張ります。

―ありがとうございました!【インタビュー:松山奈央 2019年2月9日】


◇松島恒陽(まつしま・こうよう)
1997年(平9)4月2日生まれ、履正社高出身。173㌢、80㌔。内野手。最近ハマっていることは読書。