【サッカー】今シーズン初戦、2失点で好スタートならず

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

◇第24回大阪選手権大会・大学予選1回戦◇対大経大◇桃山学院大学◇

【前半】関大0-2大経大
【後半】関大0-0大経大
【試合終了】関大0-2大経大

昨年の4年生が卒業し、MF牧野寛太新主将(経3)率いるトップチームには新しい顔ぶれが増え、今年初めての公式戦がスタートした。

今大会は、トーナメントで天皇杯に出場する大阪府代表を決める大会。関大にとって1つ目の日本一へのチャンスだ。しかし、開始早々に2失点し、厳しい状況が続いた。後半にもチャンスは見られたが、決定機は訪れず初戦敗退となった。

開始早々、試合は動いた。6分に自陣のパスを奪われ、先制を許してしまう。すぐに切り替え、MF奥野圭亮(法2)が中盤でボールを奪取して前線にボールを送り攻撃のチャンスを図った。しかし、その後の相手CK(コーナーキック)から2点目を献上。序盤から2点を追う展開に。流れを変えようと、DF荒井大(社3)がクロスを供給するも、シュートで終われない。FW矢野龍斗(法2)の強靭なフィジカルで相手に迫り、チャンスを演出。左サイドのDF荒井からMF牧野、FW矢野と細かいパスをつないでいく。


△MF奥野


△DF荒井


△FW矢野


△MF牧野

32分、FW福原涼太(経2)がファールを獲得し、関大のFK(フリーキック)に。昨年もFKで得点を挙げたDF荒井のキックに期待が高まったが、ボールはゴールネットのわずか上に飛んでしまう。その後も、FW福原がペナルティエリア付近からシュートを放ったがGK正面。相手に押し込まれる時間帯はDF羽田健人(情3)を中心に守備を続けた。


△FW福原


△DF羽田


△MF青木真生都(商1)

2点ビハインドで迎えた後半。「ファーストプレーはいい形でシュートまでいけた」(DF羽田)。MF奥野のスルーパスからFW福原がシュート。惜しくも枠外だったが、後半の入りから攻撃を勢い付けた。さらに、DF坂口貴哉(人2)からのパスを受けたMF草刈龍星(法1)がゴールネットへ蹴り込むが、得点には至らない。


△DF坂口


△MF草刈

DF羽田は安定の守備力で体を張り、GK鴨川優斗(政策3)は相手シュートをキャッチし、ピンチを防いだ。そして、DF長井一真(社2)の正確なパスでボールをつないでいく。


△GK鴨川


△DF長井

関大がボールを持つ時間も増え、MF牧野のキレのあるドリブルでペナルティエリアまで切り込むが、ラストパスがつながらない。途中交代のFW松本歩夢(文2)がドリブルでゴールまで迫るが、決定的チャンスは訪れず。両者ともスコアが動かないまま試合終了のホイッスルが鳴った。


△FW松本


△MF岡崎淳也(経3)


△MF松井修二(人2)


△MF佐藤涼(商3)

試合終了直後、座り込んでしまう選手の姿が。MF牧野主将は「自分たちの力不足」と何度も口にした。新チームは黒星スタートとなってしまったが、現状を受け止め、ここからは上がるしかない。リーグ戦開幕まで残り2週間。初戦はまたも大経大だ。必ずリベンジを果たして開幕白星を挙げ、日本一まで走り続けるのみだ。【文:野村沙永/写真:勝部真穂】

▼前田雅文監督
「(試合の入りや雰囲気は)去年は元から実力がそろった選手がいっぱいいて、雰囲気的には同じような雰囲気だったかもしれないですけど、ただ去年出ていた選手たちが卒業して、新しく出た選手たちが9人で、なかなかうまくいかないところとか、ギクシャクした部分もあったという感じで、個人のところでうまく入れなかったかなという感じ。(失点は)自滅。しょうもない失点で足が止まってしまって。あれぐらい跳ね返せる攻撃力がないといけないですね。その後も失点してしまって、割り切っていきたかったけど、3失点目を防がないといけないというバランスが難しかった。(後半は)ボールをつないで、ペナルティーエリアまではいくけど、ゴールまでいけない。(攻撃の面では)ギクシャクしてたし、最後のラストパスが通ってなかった。(課題は)もっと強引さが必要だった。相手よりもゴールしたいっていう気持ちが後押ししてくれる。(リーグ戦に向けて)運動量ももっと上げていかないと、最後まで走れていない部分もあるので、もっとやっていかないとあかんなと思う」

▼MF牧野主将
「新シーズン1発目の試合が自分たちトップチームということで、関西大学としてのトップチームは特別っていうのもありますし、全員が目指す場所っていうところで、今年の1発目なので自分たちが勝ってチームを勢い付けたいっていう気持ちで入ったけど、結果はついてこなかった。自分たちの力不足だなという感じ。(失点は)消極的になっていたかな。去年からメンバーも変わって、そういうところで立ち上がりも難しかったけど、ちょっと消極的にはなっていた。(そこからの試合の流れは)前半のうちにも1失点したっていうのはチーム状況が悪くなった1つの要因でもありますし、攻撃でももっとゴールに向かってできたかなとは思うので、もっと全体的に積極的に取り組めたら、もっと勢いのあるプレーができた。(後半では)ハーフタイムで勢いを持っていこうっていう話はしたけど、なかなかシュートまでいけなかった。背後のないプレーとか、パスの質のふズレとかいろいろな要因があるとは思うので、次の練習から全員で合わせていかないといけない。(課題は)消極的なプレー。全員が持っているものがいい選手な中で、それを公式戦で発揮できないっていうことはチームにとっても個人としても、これから戦ってくる中で課題になってくると思うし、あとは細かいパスの質や、シュートまでもっていくとかチームの攻撃のイメージを合わせるところ、背後を取ってもっと怖いプレーをすることであったり、いろんな課題がでた試合でもあるんで、そこを改善したい。(リーグ戦に向けて)自分たちの力不足はこの試合で分かったし、それをしっかり受け止めてリーグに向けてやらないといけない。このまま現状を受け止めなかったらリーグ優勝どころか、残留争いとかそういうところまでいってしまうと思うので、それを受け止めて、開幕までの期間を大事にしてやっていかないといけない。リーグ優勝に向けてやっていくので、もう一回全員で切り替えてやっていきたい」

▼DF羽田
「(今日に向けての気持ちは)シンプルに勝ちたいっていう気持ちで。まだチームもできあがってないんで、どうなるかなとは思っていたけど、チームとしてはいい雰囲気で試合に臨もうとしていたので、そこは自分もそれに合わせていけたのかな。(失点は)自分があそこでヘディングで競り合って後ろに流さへんかったら、あのミスもなくなってたし、立ち上がりっていう部分で自覚持ってやれていたら良かった。(その後の流れは)前田さんからも2失点しなかったらいいとは言われていたので、それをしないようにとは思っていたんですうけど、ミスの連続で押し込まれる部分もあったので、そういうところ。あんまり雰囲気は変えられなかった。(後半は)ファーストプレーはいい形でシュートまでいけたので、それは良かったのかなと思う。(攻撃の面で振り返ると)やっぱりパスミスはまだ多いし、自分の中でもチームでもそういうところは目立ってしまっていた。そこを改善していかないとダメだなと。シュートも打ててないので、そういうところはこれからの課題ですかね。(課題は)切れ目切れ目で、自分たちの集中が切れてしまうことがあったので、そういうところが課題でもあるし、守備でも2失点ってしてしまうと勝てないので、0に抑える意識を高めていかないといけないのかなと思う。(この結果に対しては)悔しい。日本一を取れるチャンスの一つを失ってしまったので。(リーグ戦に向けて)初戦がまた大経大戦。2度目はないのでしっかりと戦い切りたい」