【自動車】1年生ドライバーたちが走り抜けた!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

◇平成31年度第1回全関西学生ジムカーナ選手権大会◇3月13日◇於・名阪スポーツランド◇

【個人タイム】

髙井龍之介(商1)01:02.140→12位
星住祐弥(社1)01:02.896→14位
諌本拓哉(シス理1)01:03.590→17位

【総合タイム】

03:08.63→4位

若きドライバーたちが黒いCR-Ⅹで駆け抜けた!1年生で構成される関大自動車部が全関西ジムカーナ選手権大会に出場。アクシデントを起こすことなく走りきり、各々のタイムを刻んだ。

「無事に完走して結果を残す」。1年生4人で臨んだ当日はあいにくの雨上がりだった。不安な悪条件の中発表された関大の出走順は1番目。チーム内でもトップバッターだった諌本は、「難しいなってところは感じていた」。

緊張の面持ちで車に乗り込んだ諌本。しかし、スピンやパイロンタッチすることなく走りきり、フィニッシュ後には安堵の表情を浮かべた。

各校の1番手が走りきり、関大のホープ、星住に順が回る。「目標をつかめる大会にしたい」と話す星住は、競技を始めてまだ5カ月の超新星。今回が初のジムカーナ選手権大会となった。しかし、落ち着きのある表情で安定した走りをみせ、第1ヒート目は出場選手36人中暫定9位という好タイムをたたき出した。

関大最後の走行は主将を担う髙井。「星住の走りを見て負けてられんなぁって。燃えたところはある」と、同期の好走を受け闘争心に火をつけてコースへと向かった。第1ヒート目は本調子でなくアクセルを強めることも少なかった。しかし、午後の第2ヒートでの主将は違った。勢いよくスタートすると関所もなんなくクリア。タイムを4秒縮めることに成功した。だが、髙井は「改善点はまだ全然あるので48点」と半分以下の点数を口にし、成長のアクセルを緩ませないことを誓った。


記録を残すことを目標に臨んだ今大会。2、3回生のいる他大学を抑え、4位という好成績を残した。次に臨むは5月のフィギュア選手権大会。「とりあえず時間内に帰ってくる」(髙井)。「今回練習したものを活せたらいいなと思う」(諌本)。「準備していきたい」(星住)。今年のチームスローガンである「結束力」を胸に、関大自動車部はベストタイムを刻み続ける。【文:中西愛/写真:勝部真穂】



▼髙井
「当初は正直、みんな1回生なので結果というか順位というか、記録を残そうっていう感覚で。コース間違えたり、車を壊したりしないようにというところを意識しました。とにかく、無事に完走して結果を残して、無事に帰るっていうのが今回の目標だった。最初、すごい雨降ってて路面状況で全然車の動きが完全に変わってきて別物みたいな動きをするので。1ヒート目はぬるい感じで、本調子がでなくて。でも星住の走りをみて負けてられんなってなって。燃えたところはありました。(点数をつけるとしたら?)改善点はまだ全然あるので、48点。次はジムカーナではなくフィギュアの大会が5月にある。新歓明けてから練習を始める。とりあえず時間内に帰ってくる。変なとこで点数を引かれないように注意していきたい」

▼諌本
「いろんな意味でどうなるかわからない、はちゃめちゃな状態で(臨んだ)。出走順が朝発表されて、1番の中の1番で。朝は雨も降っていて路面も濡れている状況だったので、難しいなっていうところは感じていた。2回目走るときは上からいろいろ見たり、コーチに教えてもらったりしてちょっとずつを改善して、路面もよくなって。タイムもよくなった。(点数をつけるとしたら?)ただ単に点数を言ってしまうと、技術面に関してはまだまだ課題がある。ただ、今回の試合で次の試合で改善する要素をたくさん発見したので、75点。(次に向けて)フィギュアもタイムを競う競技なので、ハンドルを回す速度、車体の感覚っていうのがジムカーナと共通する部分がたくさんあるので、今回練習したものを活かせたらいいなと思う」

▼久井和輝(社1)
「自分の今できることをやりきって、とりあえず結果。全員完走して結果残そうという感じで。見てて、当初の目標よりも4位という。2、3回生相手に4位という結果が出たことで、85点ぐらい。僕個人としては、あまり部活に参加できない日とかが多くあったので、もっと練習に来れるようになればいいなと。(次に向けて)フィギュアは競技の性質がまた違うので、4位から3位、とかいうのは難しいかもしれないですけど、また新たな気持ちで臨みたい」

▼星住
「今回の大会で僕は初めてで目標とか立てられなかったので、とりあえず目標をつかめるような大会にしたいなと。最初自分の走りができてそこから改善点を見つけてがんばろうとした。がんばり方がよくわからず、あまり縮められなかった。(点数をつけるとしたら?)走りきるという目標を達成できたので70点。(次に向けて)ジムカーナは準備不足なところがたくさんあったので、準備していきたい」