【テニス】新進大会最終日、島田・高村組が初の関西王者に!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

◇関西学生新進トーナメント◇3月9日◇万博テニスガーデン◇

【男子ダブルス決勝】
○島田・高村2(7-5,4-6,10-4)1大野(翼)・山尾(関大)●
【女子ダブルス決勝】
●大野(菜)・鈴木0(2-6,5-7)2中谷・田中(甲南大)

2日から幕を開けた関西学生新進トーナメントも、いよいよ最終日を迎えた。

男子ダブルス決勝は、島田達也(人3)・高村烈司(商3)と大野翼(経2)・山尾玲貴(商2)の対戦となった。ネットプレーを得意とする島田・高村組。ストロークを得意とする大野翼・山尾組。その武器に翻弄(ほんろう)され、島田・高村組はボレーをさせてもらえなかった。だが、高村が後ろに下がりラリーを続け、島田がタイミングを見計らいボレーを決める。息の合ったプレーで第1セット2-5から逆転に成功。しかし第2セットは追いつくことができず、試合は振り出しに戻った。

勝利の行方はスーパータイブレークに持ち越される。序盤は1-3で大野翼・山尾組がリード。だが、島田・高村組は常に声を掛け合い、ポジティブな気持ちでプレーした。先輩ペアの経験の差と意地を見せつけ、初優勝をつかみ取った。

試合後、2人は悔しさをあらわにした。大野菜々子(社2)・鈴木理子(文1)ペアが、タイトルを懸けて臨んだ女子ダブルス決勝。相手は、甲南大の中谷・田中組。「勝つイメージがしていなかった」と、序盤から完全に流れを奪われた。両ペアともサーブがなかなか決まらない中、相手はストロークを上手く使って確実に点差を離すと、1セット目を2-6で落としてしまう。

なんとか巻き返したい2人は、引き離されないように食らい付くが、ゲームを奪えず気付けば1-5のピンチに。
「絶対に持ってってやろう」。それでも、2人の闘志は消えていなかった。相手のミスにも助けられながら徐々に追い上げていく。1ゲームを奪うごとに2人は大きく声を上げてガッツポーズ。遂には並び、完全に流れは関大に来ていた。
このまま2セット目をもぎ取りたいところだが、相手も黙ってはいない。放たれるボールに翻弄(ほんろう)され、じわりじわりと再び離される。そして、相手のマッチポイント。緊張感の高まる中、大野菜が返したボールは無情にもネットに引っ掛かる。その瞬間、甲南大サイドから歓喜の悲鳴が上がった。

悔しい準優勝ではあるが、けが明けの鈴木は「楽しかった。充実していた」と笑顔も見せた。次こそ必ずタイトルを。この経験が、2人をまた成長させる。

今大会で、関大テニス部が手にしたのは男子単複の優勝2つと男子女子単複の準優勝4つ。タイトル総なめとはならなかったが、悲願の王座優勝に向け、いいスタートを切った。【文:遠藤菜美香・松山奈央/写真:遠藤菜美香・長尾洋祐・松山奈央・竹中杏有果】

▼島田
「関西学生大会での優勝は初めてなので、素直にうれしい。出だしが悪かった分、最後まで2人で頑張ろうって話し合った。そこを貫けたのがよかったと思う。(ファーストセット2-5から逆転できた要因は)最後までボールを追いかけて諦めないっていうのが一番大きかった。山尾、大野も強いのでそれだけでは勝てない。自分たちでどうすれば逆転できるのか話し合ってプレーできたのがよかった。(ストロークが得意なペアとの戦いだったがどのように戦ったか)ストロークだと負けてしまう部分もあるので、相手を前に出してボレーで勝負した。(セカンドセットについて)負けてはいたんですけど、ファーストセット同様に2-5でまだワンブレークだった。スーパータイブレークのことは考えずに1ポイントずつに集中した。(スーパータイブレークについて)出だしは1-3だったけど、そこからリードできた。自分たちのプレーもできたし、流れもよかったので、最後までやり抜こうという気持ちだった。(ラストイヤーに向けて)関西での優勝が目標だったので、それを達成できたというのは今後の自信になる。春関、夏関、インカレ、全部優勝したい」

▼高村
「3年目にして優勝できた。正直やっとっていう感じでした。ずっとベスト8以上にいるけど、優勝できなかった。3年目に壁を越えれて、結果論ではあるかもしれないけど、自信には繋がった。お互いがずっとペアを組んできて、今大会から全ての大会が最後の大会になるので、なんとしても負けられない、全タイトル取っていこうっていう気持ちだった。信頼関係があったからの結果かなと思う。(今日の試合は)緊張しないように笑っとこうという意味もあった。お互いの気持ちが落ちてしまうとよくない。正直試合の内容がいいものではなかった。でも、気持ちが落ちてしまっては話にならない。ポジティブな考えでプレーしていた。(ストロークが得意なペアとの戦いだったがどのように戦ったか)前半は、いつも通りのプレースタイルで前で勝負しようと話をしていた。相手がストローカーであればあるほど、前での勝負が有効になる。でも、2人が前にいるとストローカーではあるけど、ボレーヤーに対して得意な部分もあると思う。だから、ぼくらがネットプレーも混ぜつつ、ぼくが後ろで島田が前でプレーした。ずっと前にいるプレーを少し変えて2-5から挽回できた。(ラストイヤーに向けて)春、夏優勝、インカレも優勝して、個人戦では全タイトル取っていくつもりで挑む」

▼大野菜・鈴木組
「今日の相手はストロークが上手くて、新進で1番難敵だった。勝つイメージがしていなかったからショックもあるし、なにより鈴木を優勝させたかった。序盤は自分からのミスが多かったけど、後半は相手のミスを誘わせられた。2セット目は絶対に持ってってやろうと思ったが、引き離して取るゲームはなかった。悔しいけど、やっぱり楽しかった。(鈴木が試合するのは)1年ぶりで、試合前日のドキドキ感とかを味わえて充実していた。トレーニングやリハビリがキツかったので、この新進で『テニスをやってて良かった』と思えた。(これからについて)春関で優勝して、『あの時負けといて良かった』と思えるようにしたい。技術に課題がまだまだ多いので、とりあえず練習をする次のペアの組み合わせはまだ分からないが、また組めたら絶対に優勝する」