【テニス】新進大会7日目、山尾が単で初優勝!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

◇関西学生新進トーナメント本戦7日目◇3月8日◇万博テニスガーデン◇

【男子シングルス決勝】
○山尾2(6-2,6-0)0高村●

【男子ダブルス準決勝】
○島田・高村2(4-6,6-3,10-7)1平川・山中●
○大野翼・山尾2(6-2,7-5)0栗山・天野(関学大)

【女子シングルス決勝】
●沈1(3-6,4-6)2伊藤(立命大)

【女子ダブルス準決勝】
○大野菜・鈴木2(6-3,6-2)0藤原・堺(姫大)

8日目はシングルス決勝、ダブルス準決勝が行われた。笑顔を見せた選手、涙を流した選手、結果はさまざまだったが、全員が最後まで死力を尽くした。

高村烈司(商3)と山尾玲貴(商2)は決勝の舞台で対峙(たいじ)した。両者ともに関西学生大会での優勝は未経験。初タイトルを懸け、争った。試合は山尾のサーブで始まった。開始早々高村がブレークを奪うも、流れをつかめない。自らのサーブが入らず、山尾にブレークを許す。試合を通して、山尾が主導権を握った。1時間ほどで優勝決め、わずかに笑顔を見せた。

島田達也(人3)・高村組と平川暉人(人1)・山中瑠樹亜(経1)組は接戦を繰り広げた。平川・山中組が、勢いを見せ第1セットを奪う。だが、島田・高村組は先輩らしく声を掛け合い落ち着いてプレーし、第2セットを取り返す。スーパータイブレークも経験の差を見せ、リードする。平川・山中組も徐々に点を積み重ねるが、及ばす。先輩ペアが決勝進出を決めた。

大野翼(経2)・山尾玲貴(商2)組は準々決勝に続き、安定した内容。互いにストロークを打ち込み、攻撃のリズムを作っていく。第2セットこそやや苦戦するも、終わってみれば6-2、7-5のストレート勝利。翌日に控える決勝では、先輩ペアに挑む。

2年連続の決勝に勝ち進んだ沈清河(法3)。第1セットから互いにブレークを奪い合う拮抗した展開が続く。第6ゲームで相手に初めてサービスゲームをキープされると、ここから流れに乗れず第1セットを落としてしまう。昨年の二の舞は避けようと沈は粘りを見せ、第2セットは一時4-1のリードを奪う。しかし相手が一枚上だった。ストレートで敗れ、試合が終わると涙をこらえ切れなかった。

大野菜々子(社2)・鈴木理子(文1)組が決勝進出を決めた。相手は、前日に関大勢を打ち破って準々決勝に進んだ、藤原・堺組(姫大)。第1セットでは、途中1-3まで離されるが、相手の隙を突くプレーで5ゲームを連取。「強気の選択ができた」と怒涛(どとう)の追い上げを見せる。その後は主導権を譲らず、およそ30分で2セット目を終わらせると、大きなガッツポーズが飛び出した。
次戦は、2人にとって初めての新進ファイナルだ。この大会がけがからの復帰戦となる鈴木のためにも、必ず優勝杯を手にする。

大会最終日となる明日は、ダブルス決勝が行われる。男子は関大対決、女子は甲南大のペアと対戦する。たった1つの頂上を目指し、熱い戦いを繰り広げる。【文・写真/遠藤菜美香・長尾洋祐・松山奈央・竹中杏有果】

▼山尾
「準優勝を2回していたので、今回は優勝できて嬉しいです。決勝2回とも来てたので、勝ててよかった。試合を重ねるにつれ、プレーがよくなってきたので、よかったです。トレーニングを結構して、体を作るようにした。まだ、本戦出れるかわからないんですけど、去年は1回戦勝てているので、それ以上勝てるように頑張ります。ダブルスも準優勝しかしたことないので、優勝できるように頑張ります」

▼沈
「悔しい気持ちもあるんですけど、課題も見つかったので、次の試合に向けて備えていきたい。相手も強打してくるかつミスが少なくて、自分よりもいいボールが返ってくる。そこで明暗が分かれたかなと思います。インカレが終わった後から、自分から攻めることを大前提にしてやってきた。リスクも多いんですけど、それをやってきた中で、ウィナーをたくさん奪えるようになってきた。でも、ミスも出てしまうので、それをいかに減らしていくか。大事な場面でミスが出て、ペースを乱されることが今日もあったので、いかに簡単なミスを減らしていくかが課題だと思います。あと、タイミングを早めないといけない。私は他の選手に比べてウエイトも少なくて体も小さいので、力だけで勝負するのは困難。いかに早いタイミングで勝負できるかですね。(今後の目標は)個人としては関西優勝。それをつなげていきたいのは王座優勝です」

▼大野菜・鈴木組
「事前に作戦をしっかり立てて、思うような試合をできた。大事な部分で2人でギアをあげることができたし、相手に流れがいった時も、常に明るく落ち込まずにいけた。引き離されそうになっても、ボレーやストロークで、要所で強気の選択ができたゲームだった。新進でファイナルに進むのは初めて。(鈴木の)復帰戦を優勝させると、約束した。決勝は気持ちで負けず、迷ったら強気でいく」