【コラム】企画連載≪「日本一」への道≫/第7回/前川黛也副将・辰巳ちはる女子主将  

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

 

昨季はリーグ7位でインカレや総理大臣杯に出場できなかったサッカー部。しかし、今年のサッカー部は何かが違う。島岡健太監督から前田雅文監督へと監督が交代したのはもちろんのこと、学生幹部(4年生となってチーム運営を行う主将・副将・主務・幹部)の熱い思いがあふれている。関大スポーツ編集局はサッカー部が「日本一」へと進む道を定期的に取材し、その様子を報道します。

春休み期間は高槻合宿を中心に行った学生幹部の方への個別インタビューを報道します。第7回はトップチームの守護神として、またサッカー部全体では幹部として副将を務める前川黛也(まえかわ・だいや)選手。そして、「関大なでしこ(女子サッカー)」の主将として1部昇格を目指す辰巳ちはる選手のお2人です!

 

前川黛也副将

――昨シーズンを振り返って思うことは?

まず、インカレ出場を逃して悔しい思いがあります。今シーズンはしっかりインカレに出場して優勝というのを目指していきたいです。

 

――昨シーズンの反省点は?

結果的には7位でしたが、関大としてやりたいサッカーやチームでインカレ出場して優勝を目指すという取り組みは悪くはなかったと考えています。それを今シーズンも初めから最後まで通して継続するということが大事だと思うので、継続の部分をしっかりやっていきたいです。

 

――前川選手から見て新幹部はどういったメンバーですか?

みんなが優勝を目指す中で、主体的に自分が優勝させてやるという気持ちが強い人が集まっていると思っています。

 

――インカレ『優勝』というところは譲れないところですか?

出場やベスト4までというところではなく、優勝というのを掲げています。すべてのタイトルで優勝を目指すのは変わらないです。

 

――関大サッカー部としてはどういったチームになりそうですか?

4年生の学年は特にまじめな選手が多いです。『全員サッカーで日本一』をやれる自信はあります。その中でも下の学年をどれだけ引き連れて、意識の高い人をどれだけ多くだせるかを特に大事にしています。

 

――シーズン開幕までに関大サッカー部がどういったチームになっていたらいいと思いますか?

優勝するために勝ち癖がついたチームにしていくのはもちろんですが、サッカーだけではなく人間性のところも全体的にしっかりした関大らしさというのをついていてほしいです。

 

――最後にインカレ決勝ではどういった形で終わりたいですか?

もちろん全員が笑って終われる形がベストですね。

 

――そのために、課題や問題は?

新たに1年生が全員合流してからチーム一丸となれるかが大事だと思います。

 

――個人として今シーズンの目標は?

失点が一番少ないチームとして優勝したいです。優勝というのはこだわっていきたいと考えています。

 

――目標に向けて何をしていきたいですか?

練習の中で失点をゼロにするための準備をしっかり継続してやっていきたいです。

 

――今シーズンに向けてひとこと

楽しくて面白いサッカーをするのでぜひ見に来てください。

 

IMG_5471

 

 

辰巳ちはる女子主将

――幹部となった今振り返って昨シーズンはどう思われますか。

昨年、リーグは1部でのスタートでした。そして、インカレ出場を目標に掲げていました。女子は半年でリーグの昇格・降格というのがあるので、半年で降格した時点でインカレは絶たれてしまうのでここは外せなかったです。しかし、結果としては降格したのでモチベーションに影響が出ました。そして、2部でも自分たちの「おごり」が出てしまい成績に響いてしまいました。だけど、これをポジティブに捉えてここから上がり調子で頑張っていけたらと思います。

 

――具体的に反省点というと何が出てきますか。

個人の意識の差が激しいです。自分たちは大学から始めた人が多くて、私が1年生の時の4年生がリーグ参入を目指して頑張ってくれていたからこそ、関大の女子サッカーの今があります。だけど、上回生がそれを下に伝えきれていないです。男子によく言われることがあって「ハングリー精神がない」ということを言われます。もっとがむしゃらに感謝の気持ちを持ちながら頑張っていきたいと考えています。

 

――新チームはどういった雰囲気ですか。

今年のチームは昨年より経験者が多いです。レベルにも大差がないです。チームの底上げは少しずつですができてきているかと考えています。

 

――目標には「インカレ出場」とあります。そこへ向けてどういったことに取り組んでいきたいですか。

自分たちは2部スタートになるので絶対に半期で1部昇格を果たしたいです。そのためにも全チームに対して自分たちのサッカーを実現させていきたいと考えています。具体的には練習を昨年までは自分たちだけで考えていました。でも、今年からコーチの指導などもいただいているので、しっかりとそれを学びながら「流動的なサッカー」をしていきたいと考えています。

 

――主将としてどういった形で終わりたいですか。

昨年のキャプテンの涙を見ているので、笑って終わりたいです。

 

IMG_3770

 

 

2人の思いはチーム全体のモチベーションをさらに高めていくことでしょう。チームが一丸となって戦う関大サッカー部からは目が離せません。【水野 真】