【テニス】新進3日目、8名が勝ち進む!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

◇平成30年度関西学生新進トーナメント本戦3日目◇3月4日◇万博テニスガーデン◇

男子シングルス3R
○高村2(7-6(5),7-5)1有泉(甲南大)
○山尾2(6-3,6-2)0岩原(近大)
○大野(翼)2(6-4,6-4)0服部(関大)●
○山中2(6-2,6-4)1石川(甲南大)
○高橋(勇)2(7-5,3-6,6-4)1曽川(近大)
○須田2(6-3,6-4)0中川(大教大)
●塩井0(3-6,5-7)2籔田(近大)
●本田1(3-6,7-6(5),3-6)合田(近大)
●平川0(2-6,0-6)市川(近大)
女子ダブルス1R
○大野(菜)・鈴木2(6-0,6-0)0山崎・高橋(富山大)
●沈・喜多0(6(6)-7,2-6)2竹原・丸谷(武庫川大)
鎌田・桐山1(6-1,4-2 日没順延)岡田・馬渕(龍大)

雨のため、選手たちは約3時間遅れてコートに入った。水気を含んだコートを乾かすような熱い戦いが繰り広げられた。

高村烈司(商3)は、序盤はミスが続き、流れがつかめない。2-5と相手に大きく離される。だが、第8ゲームで長いラリーを制し、ブレークに成功すると、流れが高村に傾く。苦しみながらも、第1セットを先取した。第2セットも終盤に追い上げを見せ、勝利を収めた。

服部達也(商3)は2試合連続で同門対決となり、大野翼(経2)と対戦。第1セットからゲームを奪い合う展開となり、一進一退の攻防が続く。しかし大野翼が素早い攻めで上回り、ストレートで勝利を収めた。

山尾玲貴(商2)は、正確なショットを打ち込んでいく。左右に動かそうと試みてくる相手のボールにも、しっかりと対応する。相手のミスが目立ち始めた後半。隙をついたクロスやボレーで、次々に点を決めていき、勝利を収めた。

山中瑠樹亜(経1)は、出だしからいい流れをつかんだ。「フォアハンドで攻めていくっていうのが、きょうは結構できていたかな」。最初のセットを奪い、相手を圧倒。中盤で何度かミスが見られ失点してしまう場面も見られたが、最後まで強気の姿勢を崩さず戦い抜き、次戦へと勝ち進んだ。

高橋勇人(経1)は第2シードの相手と戦った。ファーストセットを取り、ストレート勝利を収めたかったが、簡単にはいかない。「スコア以上に内容が悪かった」と振り返るように、試合を振り出しに戻される。だが、気持ちを切り替え、ファイナルセットでは攻めの姿勢でプレーを。熱戦を制し、高橋は笑顔を見せた。

須田宗次郎(人1)は、パワーのある相手に積極的に挑んだ。「いろんな球種だったり、緩急を混ぜることを意識した」と、工夫を凝らしたプレーで第1セットを奪う。相手の応援の声にも流されることなく、自分のテニスを貫き、見事に相手を打ち破った。

塩井岳(人2)は、ロブショットがアウトになるなど、なかなか自分のリズムで攻めることができない。昨年の夏関ではベスト8に進出し躍進したが、新進では3回戦でストレート負け。今後の奮起に期待がかかる。

本田健人(社2)は自らのミスも絡み、第1セットを先取される。後がなくなった第2セットのタイブレーク。「絶対に負けたくない」と呟く。自分を鼓舞しながら戦い、セットカウントを1-1とする。ファイナルセット、先に3ゲーム奪ったところで、本田が右腕を気にし始める。続く相手のサービスゲームで1ポイントも取ることができなかった。このまま流れを渡してしまう。5ゲーム連取され、敗北を喫した。

自身最高成績超えを狙った平川暉人(人1)は苦戦。ミスが重なり第1セットを落とすと、ここから1ゲームも取ることができずストレートで敗れた。

高校時代もペアを組み、熱い信頼関係を持つ大野菜々子(社2)・鈴木理子(文1)組。息の合ったプレーで点を重ね、相手に隙を見せることなく点を奪っていく。「迷ったら強気でっていう選択で」。相手の手も足も出ないような強さでストレート勝ち。2回戦へと駒を進めた。

沈清河(法3)は喜多美結(化生1)と組み、試合に臨んだ。第1セットは粘りを見せタイブレークに持ち込むが、惜しくも落としてしまう。第2セットでは今一歩呼吸が合わず、1回戦で姿を消した。

女子ダブルスの鎌田琴衣女子主将(社3)・桐山陽菜(社1)組は、第2セット途中で日没サスペンデッドにより順延。決着は明日に持ち越された。

明日は晴天が予想される。今日以上に厳しい戦いになるだろうが、青空のもとで、選手たちはより一層輝きを見せる。【文/写真:遠藤菜美香・長尾洋祐・竹中杏有果】

▼高橋(勇
「(今日の試合に向けて)昨日の夜に、家に帰ってから試合の反省をして、課題というか反省するべきところを見つけて、そのあと曽川さんの試合を見て、今日のプランを立てた。しっかり準備できたかなと思う。(今日の試合を振り返って)雨で、コートが濡れてて、ボールが重くなるっていうのはわかっていたので、しっかり左右に振って、前に出てボレーで決めるっていう形を徹底できたのは、要所を取れたポイントだったのかなと思う。セカンドセットを結構簡単に取られてしまって、スコア以上に内容が良くなかった。今まで少し消極的に行っていたような気がしていて、まだギアを上げれるなと感じていた。しっかりやり切ろうと思って、足を動かしていった。(次戦に向けて)明日の相手は近大の中村さん。島田さんに勝った人で、結構上手いので、今日の反省をして、イメージトレーニングもして臨めたらいいかなと思う」

▼山中
「初戦に比べて結構気持ち的にも楽で、自分のやりたいことができたかなって思います。きのう言っていたフォアハンドで攻めていくっていうのが、きょうは結構できていたかなと思います。自分の課題もクリアできたし、試合も勝てたし良かったかなとは思います。相手も2試合ともファイナルで勝ち切っているので、自信もあって勢いも付いている選手だと思っていたので。そこでただ守りに入るんじゃなく、積極的に攻めていくっていうことを意識しました。中盤から守りに入ってしまった部分があったんですけど、前に入ることによって自分の気持ちをプッシュアップして、ポジティブな気持ちで攻撃的なテニスに持って行けたので、最後は押し切れました。次は山尾さんとの対決で。関大でしかも先輩なので、そこは胸を借りるつもりというか。自分はチャレンジャーなので思い切りやったらいいかなと思っています」

▼須田
「きょうは大教大の中川さんとだったんですけど、結構自分より体格が良くて重いボールを打ってくる相手ってわかっていたので正直、格上の相手だったんですけど。きのうは守備的な場面が多かったんですけど、きょうは、ポジションは守備でもしっかり打っていくことができたんで。それが(相手に)良いプレッシャーになってミスをしてくれたので、自分がエース取ったりして流れを最終的にこっちに持ってこれたので、良かったかなと思います。結構パワーのある相手だったので、しっかり腰を落としてパワーに打ち負けないようにっていうことをすごく意識していて。でも、返すだけではやっぱりしんどいので、いろんな球種だったり緩急を混ぜることを意識していました。(相手の応援は気になった?)気になりましたね。きのうもそうなんですけど、僕はやっぱり応援の力は大きいと思っているんで。自分の応援より相手の応援が多いと、少し気持ちが押される部分はありました。でも結構、同期や先輩が顔を見せてくれたり、4回生でもう引退されたんですけど、林さん(=林大貴前主将・社4)が来てくれたりして。そういうのを見てると頑張ろうって思えたので、それが結構力になりました。林さんにアドバイスをもらったので、勝ってベスト8に入れるように頑張ります」

▼大野菜・鈴木
「新進の前に関東遠征があって、ポーチの課題であったりというのを見直してからこの大会に入ってきて。それが結構試せたというか出せたかなと思います。久しぶりに組んでもすごいやりやすいというか。組んでても心強いですし、久しぶりでも大丈夫だなと感じました。やっぱり、お互いの動くタイミングだとかポジションだったりとかが、昔から組んでいたので、やりやすいっていうのはあります。迷ったら強気っていう選択で。迷ったら攻めるっていうのは、2人で言ってて。それは次からの試合でもしっかりやっていこうって思っています。次からはそんなに簡単に勝たせてくれない相手ばかりだと思うので、ペアの鈴木としっかりと話し合って優勝できるように頑張ります」