【テニス】新進初日、2名が2回戦進出!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

◇平成30年度関西学生新進トーナメント◇3月2日◇万博テニスガーデン◇

【男子ダブルス1回戦】
●高橋(勇)・須田1(6(7)-7,6-3,6-10)2古川・中山(大体大)
【女子シングルス1回戦】
○鎌田2(6-4,6-2)0池内(同大)
○大野菜2(6ー3,6-0)0西川(大教大)
●伊藤0(4ー6,3-6)2下寳(親和女大)
●中塚0(2-6,4-6)2東谷(園女大)
●桐山0(1-6,4-6)2田崎(甲南大)
●鈴木1(6-1,3-6,4-6)2山中(びわこ大)
沈1(7―6(3) 日没順延)0井手(大教大)

今年度を締めくくる最後の大会、関西学生新進トーナメントが幕を開けた。初日である今日は8名の選手が出場し、クレーコート上でしのぎを削った。

高橋勇人(経1)・須田宗次郎(人1)組は、強烈なサーブや、正確なボレーでポイントを奪う。だが、相手の勢いに押され、惜しくも流れを掴みきることはできず。接戦を繰り広げるも、敗北を喫した。


第3シードの鎌田琴衣主将(社3)は、相手に一歩先を行かれる展開から試合が始まった。鋭いショットに苦しめられる。だが、第8ゲームでブレークに成功すると、流れを掴む。第2セットもそのままの勢いで白星を挙げた。

中心選手として数々の大会に出場してきた大野菜々子(社2)は、はいつもの調子が出ずにいた。「緊張してしまった」。試合序盤相手にリードを許してしまう。しかし、4連続でゲームを奪って1セット目をなんとか先取。そのまま流れをしっかりと掴み、続く2セット目は相手に1ゲームも与えない堂々のプレーを見せ、1回戦を突破した。

伊藤優花(人2)は苦しい戦いを強いられる。ストロークを左右に散らされ、なかなか自分のリズムで攻めることができない。ビハインドの場面から何度もデュースに持ち込むなど健闘を見せるも、要所で得点を取り切ることができずストレート負け。今年初の個人戦はほろ苦い結果に終わった。

中塚桃子(人2)は難敵・園女大の選手と対戦した。左右に動かされ、ミスを誘われる。第1セットを2-6で落とす。第2セットは1-4でリードされたところから、3ゲーム連取し、反撃を見せる。だが、先に力が尽きてしまった。1回戦敗退で涙をのんだ。

桐山陽菜(社1)は第1セットを1-6で落とし、第2セットも終始リードを許す展開。しかし簡単には終わるまいと4-5まで粘るが、最後はミスも重なった。ストレートで敗れ、初戦敗退となった。

鈴木理子(文1)は第1セットを奪い好調な滑り出し。このまま第2セットも奪い勝利したいところだったが、ロブショットでコート奥へ追い込まれるなど思うような戦いをさせてもらえず、勝負はファイナルセットへ。ファイナルセットでは一時リードを奪うものの逆転を許し、惜しくも勝利を逃した。

沈清河(法3)は、タイブレークの末、第1セットを先取する。だが、その時点で日没順延となり、勝利の行方は明日に持ち越された。

明日は、順延となった女子シングルス1回戦、男子シングルス1回戦、女子シングルス2回戦が行われれる。おのおのが関西の頂上を目指し、ベストを尽くす。【文・写真/遠藤菜美香・長尾洋祐・松山奈央】

▼大野菜
「試合の最初の方は緊張してしまっていた。ラリーでチャンスボールがあったり、感覚的につかめていけたと思う。昨日の練習だけではクレーコートに慣れなかった。自分の展開にあとは持っていければ、という気持ちで臨んだ。クレーコートでは、いつものハードコートで決まるボールが決まらなかったりする。組み立て方を考えてやらなければいけない。(今大会について)一戦一戦をまずは戦って、それで今までで一番いい結果が出せれば」