【コラム】企画連載≪「日本一」への道≫/第5回/辻本菜摘幹部

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

昨季はリーグ7位でインカレや総理大臣杯に出場できなかったサッカー部。しかし、今年のサッカー部は何かが違う。島岡健太監督から前田雅文監督へと監督が交代したのはもちろんのこと、学生幹部(4年生となってチーム運営を行う主将・副将・主務・幹部)の熱い思いがあふれている。関大スポーツ編集局はサッカー部が「日本一」へと進む道を定期的に取材し、その様子を報道します。

春休み期間は高槻合宿を中心に行った、学生幹部の方に個別インタビューを報道します。第5回は関大サッカー部のなでしこに所属し、幹部を務める辻本菜摘選手です。

DSC_1117w

――まずは、昨シーズンを振り返っていかがですか。

昨年はあと一歩のところで点を取り切れなくて引き分けに終わるなど、勝ち切れないことが多かったです。入替戦でも先制はしたけど、終盤に点を取られて延長戦の末に負けてしまいました。ちょっとの差だけど、甘さであったり、それまでの過程の大切さを思い知らされたシーズンだったと思います。あと一歩で1部昇格を果たせなかった原因である、日々の過ごし方、甘さという部分は改善していかなければならないので意識してやっています。

――新チームスタートしたと思うのですが、チームの現状を教えてください。

新チームがスタートする時に本気でやるというのは伝えました。ミーティングで出てくる足りないところはたくさんあるんですけど、共通して言えることはもっと本気でやれば解決することが多いです。最初はコミュニケ―ションという部分でうまくいかないことが多かったのですが、今年の目標である『インカレ出場』に向けて下の学年も本気になってくれているので、いい方向に向かっていると思います。

――今シーズン、どのようなチームにしていきたいですか。

私たちは女子サッカー部ではなくて、関大サッカー部の中のチーム女子のカテゴリーとしてやっています。関大サッカー部は『全員サッカーで日本一』という目標を掲げているので私たちもメンバー外となる選手が出てくる中で全員でということは意識してやっていきたいです。一人一人がチームに貢献し、本気で『インカレ出場』を目指すことでサッカー部全体にもいい影響を与えられるようなチームを目指してやっていきたいです。関大サッカー部に女子というカテゴリーがあって良かったなと思ってもらえるようになりたいし、ならないといけないと思っています。

――高槻合宿でチームとして意識していることを教えてください。

厳しい練習もあって、体力づくりは当たり前ですが、その中でチーム作りという部分は意識してやっています。苦しい中での雰囲気であったり、どれだけ全員がチームのことについて考えられるかが大事になってくるのでそこはもっと全員が意識していければなと思います。この合宿でできることは当たり前なので、今後も続けていくきっかけになるような合宿にしていきたいなと思っています。

――3月27日に関関戦がありますが、どのような戦いをイメージしていますか。

まずはそこに向けて、チームとしての形であったり、サッカー面での戦術も完成していかないといけないとコーチからも言われています。それが整った状態で新入生を迎えたいですし、それを試す絶好の機会が3月末の関関戦だと思います。リーグは5月開幕ですが、入替戦での悔しさをぶつけることができる特別な試合なので、関大を背負って戦う気持ちを持って勝ちにいきたいです。

――最後に今シーズンの意気込みをお願いします。

サッカー部は長い伝統がありますが、女子は公式戦に出場して今年が4年目。最初は1人や2人からのスタートでしたが、先輩たちが築き上げてくれたおかげで今があるし、公式戦にも出場できています。最初につくり上げてくれた先輩たちと直接かかわっているのは、私たちが最後の代なのでそれを引き継げるように、原点をいつまでも持ち続けたチームにしていきたいです。先輩たちの思いも持ってインカレに出場できるよう、いいシーズンにできるように頑張ります。

今年で公式戦出場4年目を迎え、「インカレ出場」を目指す関大なでしこ。男子はもちろんのこと、女子の活躍からも目が離せません。【高橋良輔】