【コラム】企画連載≪「日本一」への道≫/第4回/杉本直樹主務

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

昨季はリーグ7位でインカレや総理大臣杯に出場できなかったサッカー部。しかし、今年のサッカー部は何かが違う。島岡健太監督から前田雅文監督へと監督が交代したのはもちろんのこと、学生幹部(4年生となってチーム運営を行う主将・副将・主務・幹部)の熱い思いがあふれている。関大スポーツ編集局はサッカー部が「日本一」へと進む道を定期的に取材し、その様子を報道します。

春休み期間は高槻合宿を中心に行った学生幹部の方に個別インタビューを報道します。第4回はチームの重要な役割を担う杉本直樹主務です。

 

DSC_1034

 

――主務として昨シーズンを振り返って

昨シーズンはチームの雰囲気を変えるということを年始においていて、自分たちの1つ上の4回生が中心になってやっていこうとなっていました。しかし、そこまで関大サッカー部に没頭する環境が作り切れていなかった。これは3回生の自分たち後輩にも原因もあったと思います。

 

――昨季、ULTRASに所属して活躍されてましたが個人として振り返るとどうでしょうか。

プレー面で思い切ったプレーを心がけていました。ただ、僕がそんなにメンタルが強い選手ではなかったので、何か悩みがあったりというときに先輩に声をかけてもらえて助けられていたところもありました。また、副務という立場でもあったので仕事面もあったのですが、サッカーを続けることができていたと思います。

 

――新体制がスタートしましたが、どういった幹部の皆さんだと思われますか。

役割がそれぞれにあると思います。もちろん、個人なので考え方も各々違っています。しかし、方向性という面では同じなので、そこへ向けての熱い思いはみんな持っているので、僕は「この幹部だったら(「日本一」を)取れる」と思っています。

 

――「全員サッカーで日本一」に向けての意気込みをお願いします。

人数の多い体育会になってきて、新入生が4月に入るとおそらく200人を超えてきます。この大所帯を全員でプラスの方向へと向けていくというのははっきり言って難しいです。でも、そこをできないと「日本一」は無理だし、相手にも勝てないので4回生を中心にまとめていきたいです。本当に4回生次第だと思っています。

 

――大所帯のチームということですが、現状ではどういったチームですか。

あまり振り返ったことがないのですが、高槻合宿の最中でみんな頑張って集中して取り組んでいるし、ミーティングでも話す内容の質は上がってきているので、雰囲気も良いし、昨年よりはまだ完璧ではないし、まだ上へいけると思います。

 

――「まだ上にいける」とおっしゃられましたが開幕までにどこまで持っていきたいですか。

4回生で昨年話した中で「どこを標準にするか」という話がありました。その中で、開幕戦で勝たないといけないということが出ました。やはり、開幕時点でトップギアで入れるようにしていこうと話していました。だから、初戦でフルパワーを出せる、選手、応援などがしっかりとまとまりのある動きができるようにしていきたいと思っています。

 

――シーズンが終わるとき、どういった終わり方をしたいですか。

目標が「全員サッカーで日本一」なので、最終戦はインカレの決勝でありたいです。もちろん、インカレの決勝で勝って終わっていると思います。その場に立っていると思うと「笑って終わりたい」ですね。

 

――お話をうかがっている限り、あまり課題などは抱えていないようですが。

いっぱいあります。人数が多い分、自分の見えていないところでトラブルが起こっていたりします。しっかりとそういうことが起きないように日本一へと繋げていけるのかというのをしないといけないです。そこは意識の問題だと思っています。まだまだ意識は改善できるところがあるので、この意識が変わると大きく変化が起きるところもあるので頑張っていかないといけないところです。難しいけど一番大切な所なのでしっかりとやっていきます。

 

――個人の目標はありますか。

「トップで活躍する主務」です。何年か前におられて、そこを目標にしています。

 

――そのために何が必要だと思われますか。

頑張るしかないですね。時間の合間を見つけては努力努力と積み重ねていくしかないと思います。

 

DSC_1070

 

選手と主務という二足のわらじを履いて関大サッカー部への愛を熱く話す杉本主務。インカレの舞台で杉本選手を関大スポーツ編集局は逃さずフレームに収めます!【水野 真】