【コラム】企画連載≪「日本一」への道≫/第1回/石井光輝主将

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

昨季はリーグでは7位。また、インカレや総理大臣杯に出場できなかったサッカー部。しかし、今年のサッカー部は何かが違う。島岡健太監督から前田雅文監督へと監督が交代したのはもちろんのこと、学生幹部(4年生となってチーム運営を行う主将・副将・主務・幹部)の熱い思いがあふれている。関大スポーツ編集局はサッカー部が「日本一」へと進む道を定期的に取材し、その様子を報道します。

春休み期間は高槻合宿を中心に行った学生幹部の方に個別インタビューを報道します。記念すべき第1回を飾るのは、今季主将を務める石井光輝選手です。

 

DSC_1095

 

――主将となった今、昨季を振り返ってどう感じていますか。

昨年(リーグも)7位という結果に終わりました。また、夏・冬ともに全国大会にも出場することができなかった。個人としてもチームとしても悔しい結果に終わった。というところを踏まえて、今年も「全員サッカーで日本一」。去年は「全員サッカーで日本一」の再構築ということをしていたので、今年はその去年のよかったことを引き続き継続していきたい。また、やはりまだまだ自分たちに甘さがあるということも痛感したのでそれを主将である自分を含めて4回生でまとまって発信していきたいと思っています。

 

――この思いをまずは幹部の皆さんで考えていくことになると思います。新体制となった幹部の皆さんはどういった人たちでしょうか。

みんな本当に熱くて、関大が大好きです。チームのことを本当に良くしたいと思っていて、それを考え続けています。でも、もちろんこれは幹部ではない4回生にも言えることなのでチームを良くしたいという考えが全員に伝わっているしそれがまとまっていると思います。

 

――幹部になるということは自らがやりたいという立候補制とうかがったのですが、石井主将はなぜ、「主将」という役職に立候補したのですか。

自分は本当にチームを良くしたいというのとチームの目標である「全員サッカーで日本一」ということを自分が先頭に立って引っ張っていきたいと思っていました。だから、主将をやりたいと思っていました。

 

――「全員サッカーで日本一」という言葉が主将の口からは何度も出てきています。これを達成するには何をしていけばいいかを教えてください。

今回、合宿でも新監督が来られたのでまだ分からないところ、手探りなところがあると思うので、コミュニケーションをしっかりと取っています。「全員サッカーで日本一」という大きな目標がある中でテーマを3つあげています。それが「練習の質の向上」「自覚」「競争と協力」です。合宿などでもミーティングをしっかりと行って1人1人が自覚を持てるように工夫をしています。1人1人の意識が変わるとチーム全体としては大きな変化が生まれると考えているので、そういうことをしっかりとやっていきたいです。

 

――現時点でのサッカー部はどのようなチームですか。

現状だと全国大会もあまり出られずに終わり、結果として全国を経験している選手が少なくなっています。「日本一」というところを目指してやっているけども、その位置を知らない人が多いので、どれだけ何をやっていけばいいのか、ということが分からなくなっています。でも、だからこそ、個々が全力でそこに向かっていけばいいと思います。そのためには、サッカーに対しての甘さもあるし、全員の意識がそこに向いているかというところを「日本一」のために見つめ直していかないといけないです。

 

――シーズン開幕までにどういったチームになっていたいと考えておられますか。

まずは近場の目標として開幕戦勝利。チームには今後伝えるつもりだが個人的には考えていること。勝利のためにチームがどこまでまとまれるのか、これは選手、マネージャー、スタッフなど全員が一丸になれるかというところが大きいと思います。春休みという期間でもあるので、どこまでサッカーに全員が集中できるのか、犠牲にできるものはいくらでもあります。その犠牲に払えるものを犠牲にしてサッカーに目を向けられるのか、というところが鍵になってくると思います。

 

――個人としての目標を教えてください。

僕自身、プロを目指しています。しかし、チームが勝つことで自然に自分の結果につながればいいな、と思っています。まずはチーム第一で「日本一」になるために自分が身を粉にして頑張っていきたい。チームの目標が結果として自分につながっていくように考えています。

 

――最後に一言お願いします。

今年はトップチームのみならずどのカテゴリー(トップリーグ、社会人リーグ、アイリーグ、なでしこ等)でもタイトルを獲得できるような一体感あるサッカー部になりたいと考えています。今これを読んでおられる方も少しでも興味を持っていただけたなら、試合会場に足を運んでいただきたいです。

 

DSC_1101

 

 

 

 

 

 

 

 

「全員サッカーで日本一」を強く印象付けるインタビューとなった石井主将。高槻合宿で行ったインタビュー中も主将の眼差しの先には練習を続ける部員がありました。石井主将を筆頭に「日本一」を体現するサッカー部を関大スポーツ編集局は追い続けます!!【水野 真】