【バレーボール】西坂体制笑顔で幕引き!日大相手に「全部出せた」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

◇第71回秩父宮賜杯全日本大学男子選手権大会2回戦◇対日大◇11月28日◇港区スポーツセンター◇

[第1セット]関大21―25日大
[第2セット]関大23―25日大
[第3セット]関大14―25日大
[セットカウント]関大0―3日大

全てを出し切った。全日本インカレ2回戦では、関東の強豪・日大との一戦となった。スコアは0-3で黒星。2回戦敗退で西坂体制は幕を下ろしたが、随所に関大らしいプレーが飛び出した。田中伸哉(人2)と、吉田和平(社2)のキャッチから垂水唯人(経3)、南本一成(商1)のスパイクや、バックアタックで決める―。雄谷遼真副将(商4)が前日思い描いていたプレーが、そのまま全国の舞台で飛び出した。西坂悠佑主将(経4)も、「いい試合だった。今までやってきたことが全部出せた」と、心残りはなかった。春の昇格の歓喜や、秋の2部降格の悔しさ。今日の試合には、その全てが詰まっていた。


△南本


△田中


△内藤

関西にはない強烈なサーブに、さすがの田中、吉田も崩された。南本も加え、3人体制でようやくキャッチが出来た。だが、清水大翔(政策2)にボールが渡れば、ほぼ互角の戦いとなった。この日は、丸山洸祐(人3)が絶好調。相手の高いスパイカーからブロックを立て続けに決める。清水との息ぴったりの速攻もはまった。珍しく声を大きく上げ、ガッツポーズも見られた。垂水も丸山の勢いに続く。2段トスからでも、上手く相手ブロックをかわしポイント。バックアタックでも得点を挙げた。エースらしく攻撃をけん引していく。随所では、藤井徹太(社1)、南本のスパイクもきれいに決まった。誰一人大崩れすることなく、関大らしいバレーを繰り広げた。第1、2セットともに20点以上をものにする。日大を相手に善戦を繰り広げた。


△丸山(左)


△吉田


△清水


△垂水


△垂水


△西坂


△青木佑介(社2)


△藤井

関東1部にも関大のバレーは通用した。「ずっと前から1部に残ることを目標にしているが、達成できていない。次こそ必ず達成してほしい」(西坂)。主将は、笑顔ながらに後輩へ目標を託した。関大は、レギュラーの多くが2年生以下のまだ若いチーム。全国の舞台で戦った経験は必ず生きてくる。【文/写真:松浦智】

▼西坂主将
「序盤に集中できて、いい勝負が出来た。今までやってきたことが全部出せた。(今日の試合で良かった人は?)唯人がすごく飛んでいた。時間差攻撃が良く決まっていた。力でいけば相手にやられるところも、頭を使ってうまくこちらの得点にできた。すごく冷静でいいエースになっていた。丸山も昨日はフェイントが多く、強打はなかったが今日は強打が良かった。クイックも良かった。(引退式ではどのようなことを言った?)僕らの代で2部に落としてしまったのが、本当に申し訳ない。ずっと前から1部に残ることを目標にしているが、達成できていない。次こそ必ず達成してほしいといった。(林中心の次の代にはどのようなバレー部を作って欲しい?)今の関大は楽しくは出来ているが、気が抜けているところもある。メリハリのあるチームになってほしい。(関大のバレーボール部に入ってよかった?)良かった。高校がすごく弱くて、5人とかでバレーをしていた。大学で環境が変わった。バレーについて勉強になったし、人としても成長できたと思う」

▼雄谷副将
「全日本インカレしか、関東の強いチームとは試合が出来ない。関西ではない、高さを経験出来た。自分たちは2部に落ちてしまったが、関東の1部に通用する部分は何個もあったと思う。3回生以下はいいものを持って帰ることが出来ると思う。(通用するのはどのような部分?)田中のレシーブ力や、藤井のクイック。垂水が高いトスを打ち込んでくれて、関東の高いブロックを抜くことが出来た。練習してきたバックアタックも清水がいっぱい使ってくれた。南本、垂水がいいタイミングで決めてくれていた。自分たちも1部らしいチームに近づいてきたのかなと思えた。(今日の試合はやり切れた?)相手のサーブが強く、珍しく田中らが崩された。その中でも、しっかり返ったときは、清水がクイックをおとりでバックを使ってくれた。練習の成果を出せた。(引退式ではどのようなことを言った?)自分はレギュラーでめちゃくちゃ活躍したくて関大に入った。でも、思い通りに行かなかった。ベンチも、応援もあって、4年生では学生スタッフもした。全部経験をしてどこでもチームに貢献できることはあると思った。体育会で4年間やる以上はどの立ち位置でも体育会の意識を持ってほしいと言った。(林新主将を中心にどのようなチームを作って欲しい?)メンバーはほぼ変わらないと思う。1部や全日本インカレを経験したいい状態で、1年を締めくくることが出来た。あとは、3回生が引き継いでほしい。3年生はレギュラーが少ないが、人数が多い分まとめやすい部分もあると思う。技術というよりは意識の部分を引っ張ってほしい。加えて、経験豊富な2回やSF生が技術的なところを離していければ今年より強いチームになると思う」

▼林新主将
「(関東のチームはどうだった?)強かったけど、戦えていた。リーグに勝つとかだけではなく、関西以外も集まるこのような大会で結果を残していきたい。(今日の良かった人は?)下級生中心の中で3回生の2人が良く頑張っていた。(関大の強みは?)下級生中心なところだと思う。下級生中心でここまで来られたのは、いい事。チームがまとまるかまとまらないかは紙一重だと思う。(目標は?)リーグに照準を合わせるのではなく、1番の目標は西日本インカレでベスト8に入り、そこで全日本インカレを確定させたい。(改善していきたいところは?)意識。みんな同じ方向を向かせていきたい」