【卓球】得た自信と高い全国の壁 坂根全日選抜ベスト16!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

◇第15回全日本学生選抜卓球選手権大会◇男子の部◇11月23〜24日◇於・日本ガイシスポーツプラザ

格上の相手に完敗。「自信にもなったし、課題も増えた」(坂根)。2年連続のベスト16で今大会を終えた。

エースがまたしても大仕事をやってのけた!全日本学生選抜大会に、坂根翔大(経3)が出場し、2年連続のベスト16に輝いた。

この大会は、各グループ5名で総当たりのリーグ戦を行い上位2名が翌日の決勝トーナメントに進むことができる。そのため、予選突破には3勝がほぼ絶対条件になる。第1、2試合を危なげなく勝利し、迎えた3戦目。相手は、今年の国公立大会の個人覇者・佐藤(新潟大)だ。強烈なフォアハンドで坂根を揺さぶり、苦戦を強いられる。しかし、坂根も持ち味のサーブとフォアハンドでラリー戦を制し、3勝目を手にした。

グループ最終戦。相手は、Tリーグでも活躍している吉村(愛工大)だ。「憧れの選手」(坂根)。共に3勝のため勝った方に1位通過が決まる。試合は第1ゲームから激戦となった。序盤から一進一退の攻防を繰り広げ、デュースにもつれ込む。坂根はサーブで相手を崩すも、相手もプロの維持を見せ第1ゲームを落とす。その後両者1ゲームずつを奪い合い、迎えた第4ゲーム。序盤吉村の鋭いバックハンドでリードを奪われるが、坂根も「今日はうまく効いてくれた」とサーブを軸に粘りを見せ、食らいつきこのゲームでもデュースにもつれ込む。しかし、坂根は落ち着いていた。第1ゲームで見られたミスはほとんどせず、さらに効果のあるサーブでポイントを続け、相手に連続失点を許さない。7度のデュースの激戦を制し、試合はフルゲームへ。最終ゲームでは完全に流れは坂根だった。相手の追撃を許さず、グループ予選全勝を決めた。試合後、この大会ベンチから坂根にアドバイスを送り続けた各務博志(人3)とハイタッチ。この日1番の笑顔を見せた。

そして翌日、決勝トーナメント1回戦を迎えた。初のベスト8進出を目指す坂根。その前に立ちはだかったのは今年の全日本学生大会でベスト8に輝いた酒井(明大)だった。試合は、序盤から坂根の防戦一方となる。相手の正確かつ強烈なショットの前に連続ポイントを奪われる。「完敗です」(坂根)。1ゲーム奪うことも叶わず、ストレート負けを喫した。

「自信もついたし、課題も増えた」(坂根)。得た自信と課題を克服した関大の絶対的エースが、全国の厚い壁を打ち破る。【文/写真:永津星斗】

▼坂根
「今大会は自分より格上の人ばかりの大会なのでチャレンジャーとして、試合に臨んだ。3戦目の佐藤は先月の全日学の3回戦で当たって、嫌な卓球をしてくる相手だった。中途半端なボールを打ってしまうと、いかついボールが来てやられてしまうので、出来るだけバックにボールを集めて左右に動けるような戦術を考えました。(最終戦の相手の吉村さんは)本当に格上のプロの選手で、去年の全日学で2位になった憧れの選手。身長がだいぶ違うので、何球も粘らないと勝てないなと思った。4ゲーム目は負けたら落としてしまうので、サーブと持ち味のフォアハンドを中心に攻めた。各務からは、体のコンディションを客観的に教えてもらった。助かりました。(酒井は)オールラウンダーでトリッキーな卓球をしてくる選手。先攻めようとは頑張っていたけど、サーブがわからなかった。自分のサーブはうまくいったけど、相手のサーブにやられてしまった。完敗です。レベルの差を感じたのと、もうちょっとせれることができたのかなと思う。今大会を通して、やっぱり吉村さんに勝てたのは収穫はあったけど、やっぱりまだまだ足りないものが見つかった。今大会は、自信もついたけど課題も見つかった。今回見つかった課題をしっかり越えて次はそういう選手とせれるようにしたい」