【ホッケー】大体大に得点も、惜敗

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

◇平成30年度関西学生秋季リーグ順位決定戦◇対大体大◇11月18日◇関西学院大学三田キャンパス◇

[第1Q]関大0-1大体大
[第2Q]関大0-0大体大
[第3Q]関大1-0大体大
[第4Q]関大0-1大体大
[試合終了]関大1-2大体大

来週につなげるために、4年生の最後の試合にしないためにも、この大体大戦は絶対負けられない戦いだった。第3Qの得点で同点に追いついたが、最終Qに失点を許し、まさかの敗北でリーグ戦の幕が閉じた。

第1Qの立ち上がりは相手に押される時間が続いたが、高橋咲穂(情1)と森田彩那(文3)の守備から攻撃を展開。11分に相手PC(ペナルティーコーナー)で失点してしまう。第2Qに入ると、関大に流れが傾き始める。益﨑成香(文4)がドリブルでサークル内に侵入すると、関大のPCを獲得。高橋のシュートは惜しくも相手のディフェンスに阻まれる。その後も関大のPCでチャンスを作り出す。川原彩花(人1)が軽快なドリブルで相手陣地に攻め込んだ。

第3Qの13分、ついに関大のスコアが動いた。川原がドリブルで相手の守備を交わしサークル内に侵入。そこからスティックを振り抜くと、ボールがゴールに収まり同点に追いつく。その瞬間、選手たちが駆け寄り、喜びを爆発させた。

第4Qから相手が勢いを取り戻す。左から突破してきた相手には荒川怜菜(商1)が食らいついた。もう1点、または同点のまま抑えたかったが、恐れていた失点が訪れる。10分に得点を献上すると、あと5分は1点を追いかける状況に。体力も落ちてくる中、必死にボールをつなごうとするが決定機が訪れないまま、試合終了の合図を聞いた。

試合後、岸田紗依主将(人4)は「あの時本当に楽しくて、今までずっと勝ててなかったから。(川原)彩花が笑ってて、みんながわーってなってたのが楽しかった」と涙ながらに振り返った。やっと得点できただけに、まさかの敗北だった。未経験者も多く、実力の差に苦しめられることも多かった。「本当に嫌になるくらいホッケーと向き合って欲しい」と益﨑は後輩に向けてメッセージを残した。来年こそインカレ初戦突破へ。後輩に思いを託して4年生はコートを離れた。【文/写真:野村沙永】

▼岸田主将
「体大は後ろから打ってくるチームやったから、インターセプトであったり、人の前に出るっていうのはずっと意識してやってたんやけど、結局そこができひんかった。体大に向けて対策はしてきた。もしかして同点やったらと思ってSOもやってきた。PCも何回も合わせてやってきたけど、一回も合わなかった。(得点できたことは)あの時本当に楽しくて、今までずっと勝ててなかったから。(川原)彩花が笑ってて、みんながわーってなってたのが楽しかった。もっと決めたかった。(最後に失点してしまって)最後までやりきって欲しかったけど、最後に甘さが出てしまった。私らは単調なホッケーだったけど、相手は勝負のかけ方がうまかった。それも敗因だと思う。(主将として1年間やってきて)本当にしんどくて苦しかった。今日の1点取れたみんなの顔がすごくうれしくて、このためにホッケーやってきたんやなって。こんな主将だったからみんなに迷惑かけた。本当だったらみんなに自由にさせてあげたいことも、みんなにすごく考えさせた。最悪なキャプテンだったかもしれないけど、やって良かったしみんなに支えてもらった。(4年間を振り返って)私らの代は1年生のときから経験者がいなくて、経験者がいない中でしっかりしなきゃっていうところで悩んだりした。部活に入るって決めた時に、絶対4年間やり遂げようと思っていた。先輩もすごく明るくて、面倒見のいい人も多くて。怖い時もあったけど、そのおかげで強くなれた。チームとしては素晴らしいチームってわけじゃなかったけど、学生だけですごいなって思うから、みんなやりきってほしい。(後輩に向けて)勝ってるチームやったら、いくらチーム状況が悪くても勝つごとに一致団結する時間がある。でも関大は負ける試合が多くて、その中でやらなあかんっていうところでどれだけ切り替えができるか。いいプレーができたってほめること。この1年は指摘があまりできなかった。次の1年は経験者が入ってくるから、いい意味で指摘し合えて高め合ってほしい。(ホッケーをやって)団体競技も今までやったことなかったから、人のこと考えるっていうことがあまりなくて、一人一人のことを見る力が必要と感じたし、少しは付いたかな」

▼益﨑
「インカレと同志社戦がこのチームの1番の目標だったので、それが終わってからのこの体大戦は何にもつながらないから、私は結構葛藤したところもあった。何のためにやるんやろうっていうのはあったけど、最後は次の代のためって思う。ここで最後だとは思ってなかったけど。後輩ともっとやりたかった。(4年生として)自分の力の無さを1番感じた。先輩たちの大変さがわかったし、私が後輩の時に勝たせてあげたかったなって強く思った。経験者と未経験者がいる部活っていうところで、他の部活と関わっていても難しいと思っていて、楽しかったのは1割くらいしかない。でも今日シュート入った時は楽しかったし、4回の気持ちだけで作ったチームがもうちょっとホッケーうまくなりたいっていう姿が見れて良かったし、ホッケー部にとっては4年間辞めずに続けることはすごいことだから、みんなも続けてほしい。(後輩に向けて)みんながすごいなと思う。私が1年の時そんなんじゃなかったって思うし、モチベーションとかうまさもそう。今、(森田)彩那と(廣瀬)有沙が新チームについて考えてるのもすごいと思う。しっかり4回生させてもらったから、本当に嫌になるくらいホッケーと向き合って欲しい。私がホッケー楽しくなったのは4回入ってからだから、絶対その楽しい瞬間は来ると思うから、関大のホッケー部として自分たちが置かれてる立場を考えたら絶対4年間楽しく続けられると思う」