【アイスホッケー】7得点で快勝!3回戦進出!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

◇第88回全日本学生選手権大会2回戦対青学大◇1月7日◇細尾ドームリンク◇

【第1P】関大4―0青学大
【第2P】関大1―1青学大
【第3P】関大2―1青学大
【試合終了】関大7―2青学大

前日の1回戦では苦戦を強いられたものの、GWSの末に勝利を収めた関大。創部初の日本一へ厳しい船出となったが、館田主将が「トーナメントなので勝てばいい」と振り返ったように勝って次のステージに進んだことが何よりの収穫だ。今日の試合は勝ち進めばダブルヘッダーとなる。まずは、2回戦・青学大と激突した。

朝7時からの試合にも関わらず、白熱した一戦を見届けるために多くの保護者が応援に駆け付けた。その期待にいきなり選手たちがプレーで応える。前日の反省を生かして序盤からパックを支配し、関大の持ち味をいかんなく発揮。

IMG_0306w

IMG_0258w

IMG_0291w

迎えた9分過ぎ、相手選手が立て続けに反則を犯し、5対3のパワープレーとなる絶好の得点機が到来する。すると組織化されたパス回しからDF安田がシュート。

IMG_0303w

惜しくもGKに防がれるも、FW館田がこぼれたパックに反応して押し込んだ。

IMG_0526w

待望の先制点の興奮が収まり切らない中、なおも続くチャンスに1年生ながらも1回戦で3得点と爆発したFW鈴木が続く。

IMG_0585w

わずか2分足らずで2得点を挙げ、完全に流れを引き寄せた。これで勢いに乗った関大はここからもゴールを量産。第1Pだけで4点のリードを奪った。

この試合の勝者はダブルヘッダーで17時からの3回戦を控えるため、できるだけ体力の消耗を抑えたい。日本一を目指す関大にとっては通過点となる2回戦で、第1Pからの大量得点は点差以上に大きなものがあった。第2P以降は攻めてくる相手をかわし、隙があればカウンターで攻めるホッケーを展開。効果的に得点も生まれ、終始いいリズムで試合が進んだ。

また、この日は3セット目をけん引するFW佐野が躍動。

IMG_0460w
体を張ったディフェンスから流れるようなカウンター攻撃を見せ、最後はFW香田がゴール。

IMG_0429w

「失点しないことが目標だが、点を取れると試合を優位に進められる」(佐野)。その言葉通り、3セット目からこの日2得点が生まれ、チームに勢いをもたらした。結果は7-2となり、チームからも笑顔がこぼれる完勝劇だった。

試合後、「全員で守って攻めるホッケーができた」と手ごたえを語った館田。1戦必勝でトーナメントを勝ち上がる姿勢は崩さないものの、見据える先はただ一つ。悲願の関西勢初の日本一だ。まずは3回戦・日体大を撃破し、ベスト4進出を決める。【高橋良輔】

▼鈴木コーチ
「立ち上がりの3対5、4対5のパワープレーでしっかりと得点できてリズムに乗れた。相手の反則に助けられた部分もあったが、第1Pは良かった。クロスゲームになると体力も使うし、メンタル面での疲労が増える。第3Pは引いて、体力を温存することもできたし、良かったと思う。シュートブロックなどのガッツあるプレーも出てチームの雰囲気もいい。昨日の勝ちがいい薬になっている。次は1つの山場。日体大も調子がいいのでそこをしっかりクリアしたい。それを勝てば昨年のリベンジの舞台。頑張ります」

▼館田主将
「昨日の反省を生かせたと思う。最初から自分たちのリズムでできた。でも、第2Pは相手にチャンスを与えてしまって反省点はあるけど、勝てて良かった。ダブルヘッダーで次も試合がある中で、第1Pで点数を取れてスタミナをキープできた。みんなで守ってみんなで攻めて、体を張ったプレーも見ることができた。チームがまとまっているし、昨日の試合がいい方向に向かっていると思う。次の試合も勝つだけ」

▼佐野
「立ち上がりの第1Pはいつものホッケーが展開できた。課題の第2Pは流れが悪かったが、その後は自分たちの持ち味を出せたと思う。インカレは気持ちの入った体を張ったプレーということをコーチからも言われていた。それを実際に試合で実践することができて得点につながった。良かったと思う。この試合は3セット目でも得点が取れた。3セット目での得点は試合を有利に進められる。失点しないことを目標としているが、チームに勢いをつけられるように頑張りたい。次の試合もいつも通りにやれば勝てると思う。頑張るだけ」