【サッカー】[なでしこ]1部残留ならず、涙の終幕。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

◇平成30年度関西学生秋季リーグ戦1部 最終節◇対武庫女大◇11月11日◇大阪体育大学◇

【前半】関大0-2武庫女大
【後半】関大0-0武庫女大
【試合終了】関大0-2武庫女大

前節、1部リーグ初白星を挙げた関大。今節に勝つことができたら残留の道が残される。何としても負けられない戦いだったが、武庫女大に及ばず、1部の舞台を去ることに。そして4年生の最後の試合を笑顔で飾ることはできなかった。

会場にはたくさんの男子部員が応援に駆けつけた。「練習時間をずらしてまで大体大に来てくれて」(MF加藤友梨女子主将=政策4)。試合前からグラウンドに応援の声が響き、会場は熱気に包まれた。

しかし、開始6分にして相手コーナーキックを決められ失点。22分には、裏を抜け出した相手とGK寺村夏海(人1)が1対1になるも、ここは冷静にキャッチしてピンチをしのいだ。FW藤崎愛乃(人2)が突破を試みたが、相手の守備が厚く、思うように攻撃を進められない。DF鳥本みずほ(法2)が左サイドからドリブルを仕掛けるがボールはつながらず。33分には相手に抜け出され追加点を許し、2点ビハインドで前半戦を終えた。


△DF鳥本


△FW藤崎愛

後半戦も相手にボールを回される時間が続く。体格差のある選手にもDF吉田絢香(経3)を中心に、DFラインの選手が体を張って対応し、相手に食らいついた。またもGK寺村がナイスセーブを連発。相手のクロスにも対応し、1対1の場面もしっかり止めて、頼もしい姿を見せた。

MF加藤女子主将とMF東なつ実(安全1)を投入し、流れを変えたいところだったが、セカンドボールがつながらず、決定的チャンスが訪れない。刻一刻と時間だけが過ぎていく中、最後まで全員が足を止めず走り続けた。関大ゴールは遠いまま、虚しくホイッスルが試合終了を告げた。


△MF東


△DF吉田絢


△MF加藤女子主将

春季リーグでは関学大にPK戦を制し、1部昇格をつかみ取った。しかし、「甘くないんだぞっていうことを思い知らされた」(MF加藤女子主将)。秋季リーグはわずか1勝と厳しい状況が続いた。その中でも、遠い会場に応援に駆けつけ、オフの日でも練習に付き合ってくれる男子部員に支えられてきた。「そのおかげで頑張れたし、関大サッカー部で良かった」(DF岸本玲奈=人4)。「これから一生自慢できるし、チームは宝」(FW宇山ひな=文4)と4年生は涙ながらにサッカー部への思いを口にした。

来年から再び2部での戦いが始まる。まずは、1部で戦い続けられるチームに、叶えられなかった4年生の思いを胸に、全国の舞台に立てる日まで、関大なでしこは走り続ける。【文:野村沙永/写真:西井奈帆】

▼足高清司コーチ
「毎年こういう結果になっているので、何かが足りない。成長はしているんだけど、何かが足りない。今年は人数が多くて、4年生が出てないっていうことを経験することになったので、キャプテンが言ってたように4年生の力が足りない。それだけじゃないだろうし、男子チームに比べるとまだまだという感じ。うちも当然レベル上がってるけど、よそはそれより上がっている。普通に入学して自分らだけでやってきていることは認めるけど、それで収まってたら関大らしくない。(1部では)試合時間もそうだけど、環境が良すぎる。取材に来てくれたり、OBOGも来てくれる、男子も応援に来てくれる。よその大学ではないことだけど、それにどっぷり浸かってしまっている。もっと何かを得てほしい。視点が低すぎる。高い所から周りを見ろとは普段から言っているけど。(昇格降格を繰り返していますが)エレベーター。チームの中身は上がってきてはいる。今の4年生は1、2年生のときは出れてたけど、今日は出たのは1人、これが成長でしょう。来年もまた同じことが起こるかもしれない。そうやって強くなっていくのかな。来年はまた1年が入ってきて競争が激しくなってくるから、切磋琢磨しなくちゃ出れなくなる。そこからまた強くなるのかなという期待はしている。この悔しさを下級生が見ていて、自分たちの代でやってやろうと取り組んでいけたらいいと思う」

▼MF加藤女子主将
「悔しいの一言。(この1部でやってきて)力の差はすごく感じていて、言い方は悪いけど今の状態じゃしょうがないかな。甘くないんだぞっていうことを思い知らされたような結果で。最悪入れ替え戦に持って行きたかったけど、それもできなくて、4年生の力不足なのかなと思う。(1年生が試合に出る中で、4年生としては)試合に出ずにチームを支えたり引っ張っていくということが難しかった。試合に出ていたら声とかプレーで見せることはできるけど、出ていない中で外からの声とか雰囲気をどうやって作っていくかというところで難しいこともあって、このチームは全部自分たちでやっていかなければいけない組織なので、計画とかどうやって戦うかも自分たち4年が中心となってやっていくけど、そこの力も足りなかったのかな。終始、下の学年に助けてもらった1年だった。(今まで昇格と降格を繰り返してきましたが)2部だと何十対とかいう試合で、勝っても点差でスッキリしない結果に終わったりとか、1部を見据えたらこのままじゃいけないとか。でも1部に上がったら上がったで負け試合が多くて、勝ちのメンタルがわからなくなる。その間で、2部の上、1部の下で難しいところではあって、1部残留できる、1部でずっと戦っていける土台を作っていかないといけない。今年インカレ出場という目標でやってきているけど、4回になっていろいろ経験して、それはまだまだ先なのかなと難しさを知った。口では言うのは簡単だけど、考えたら難しい。(関大サッカー部は)環境が良くて、仲間意識が強くて、今日も練習時間ずらしてまで大体大まで来てくれて。みんなの力になるけど、それを返せないっていう悔しさ。女子だけで負けて終わったっていうよりは悔しさや思いは強くなる組織だと思う。集団意識という部分では他のチームにはなくて関大に入って良かったなって思う。後は、全部自分たちでやらなければいけなくて、社会人になる一歩手前の育成っていう部分では考えさせられる部分はあって、抜け目なくやらなければいけないところを少しでも抜けてしまったら全部に影響してしまう。考える力とかそれを行動に変える力とかみんなを引っ張ってまとめていく力とか、全てを要求されるような。今年は特に。1年生はフレッシュにやったらいいと思うけど、そこから徐々に上回になっていくにつれてやらなければいけないことが増えていくので、そういうところを伝えていかないといけない。(後輩に向けて)どんどんレベルの高い子たちが入ってきているし、今も下に支えられてやってきているので、また新しく入ってくる子を含めてもう少しレベルが上がった試合やサッカーができると思う。あとは気持ちの部分とか統一感がつながってきたら、もうちょっと上にいけると思う」

▼FW宇山
「自分は初心者で全然試合に出れてなくて、プレーで引っ張ることができなくて、声とかでチームを良くしようと思ってたけど足りなくて、こうやって後輩たちが泣いてるのを見て、最後は笑顔で終わって欲しかったな。悔しい。しんどかったけど、同期でも頑張ろうってやってこれたし、男子も遠いところまで応援に来てくれたので、こういうのは続けていってほしいし、全部のカテゴリーでサッカー部。女子ももらってるばかりじゃなくて返さないと。一番の目標はインカレだと思うので、来年は絶対に達成して、サッカー部の女子チームで良かったなって思ってもらいたい。3年生のときは試合に出れていないのが悔しくて、チームが勝っても、出たかったって気持ちがあって、去年の1部昇格のときも心の底ではちょっと悔しい気持ちもあった。でも4回になると、出れない悔しさもあるけど、それでもみんなが勝ったときは心から喜べた。1回生のときは1部から始まって、私の代はどちらも経験してきて、2部から上がったら1部に上がった時に差がすごくて戦えないっていうことかあるから、ますは1部に定着できるチームになれるようにしないと。ずっと昇格と降格を続けていても面白くないし、1部で戦っていけるチームになっていってほしい。(4年間振り返って)関大サッカー部はつながりが強くて、オフの日でも女子の練習を見に来てくれるトップチームの選手がいたりとか、遠い場所でも応援に来てくれる選手がいたりとか、そういう関大愛が強いチームでできたことは、これから一生自慢できるし、チームは宝。しんどいこともあったけど、普通に4年間を過ごすよりは絶対に充実した4年間だった。これからも続いていって欲しい。(後輩に向けて)ずっとサッカーうまくなりたいとか、純粋に楽しいという気持ちを忘れないで頑張って欲しいし、同期の力はでかいので、自分のことだけじゃなくてチームのことも考えてほしいし、それが結果になって返ってくるかもしれない。自分が応援や頑張っている姿勢を見て、応援したいと思ってもらえると思うので、お互い高め合って女子チームで良かったなって思って欲しい」

▼MF岸本
「悔しい気持ちが一番。残留という形で最後結果を残せなかったのは申し訳ない。このチームは自分たちだけではなくて、男子とかOB、OGの方も未だに結果とか気にしてくれていて、そういう人たちに恩返しという気持ちでずっと戦ってきたけど、それをできなかったのが本当に悔いが残る。(試合に出れないことも多かったと思いますが)試合に出れなかったけどチームに1つでも勝てるように残留できるように、やることは変わらずにやってきたつもりだったけど、4回生の力不足だった。(昇格と降格を繰り返して)自分たちは繰り返してきたけど、自分たちの代で1部で定着することを目標にやってきたけど、課題が残ることなので、来年は1部に上がって秋にはインカレ出場を決めて欲しい。(2部と1部でやってきて)2部の中で勝てても1部の中で格差ができてて、難しさはあった。(関大サッカー部として)学年が上がるごとにチームへの愛が強くなって、自分たちがこういう状況でも男子の子たちが声掛けてくれたり、こんなに弱いけど練習でトップの子が相手になってくれたり、遠いところまで応援に来てくれたり、本当にありがたかったし、そのおかげで頑張れたし、関大サッカー部で良かった。(後輩に向けて)こんなに人数の少ない中で、一人一人が戦力になってくれて、いい選手がたくさんいてもっと強くなれると思うから、たくさん喋って高め合って絶対また1部に上がって、自分たちはOGの立場としてだけど、インカレに連れて行って欲しい」

▼MF橋下七海(社4)
「出てても出れなくても勝ちたかった。(試合に出れないことも多かったと思いますが)出ない立場でどれだけチームに貢献できるかっていうのが難しかった。(昇格と降格を繰り返してきて)1部との差はまだまだあるなと感じた。4年間通して実感した。(4年間振り返って)試合に出ても出てなくても自分たちがチームに対してやることは変わらなかったので、それが難しいときもあったけど、成長できた。(今まで男子部員の協力もあったと思いますが)結果で返せないのが一番悔しい。(関大サッカー部として残された期間は)応援も行くし、全力でサポートしていきたい。(後輩に向けて)頼りない4回だったけど、この1年間を無駄にしないで頑張っていって欲しい」