【バレーボール】リーグ王者近大に敗れ、関カレベスト8。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

◇2018年度Phiten CUP関西大学男女選手権大会2日目◇11月11日◇天理大学杣之内第1体育館◇

[男子決勝トーナメント準々決勝対近大]
[第1セット]関大 22-25 近大
[第2セット]関大 12-25 近大
[セットカウント]●関大 0-2近大

やはり王者は強かった。関カレ2日目は準々決勝から始まった。関大の相手は、秋季リーグ戦を制覇した近大。「今日は相手が格上ということもあり、食らいついていけた」(西坂悠佑主将=経4)と、第1セットはほぼ互角の戦いが続く。コート内では声を掛け合い、王者に向かっていく姿勢が整っていた。昨日好調だったスパイカー陣は、今日も多くのスパイクを叩き込む。第2セットでは地力の差が現れ、結果はストレートでの敗戦で、ベスト8。それでも、リーグ戦後の課題を修正し、関カレ2日間をやり切った。

試合開始から飛ばした。セッター・清水大翔(政策2)のトスから、藤井徹太(社1)のクイックで1ポイント目をものに。さらに、垂水唯人(経3)のバックアタックで開始2ポイント。出し惜しみすることなく、豊富なスパイカー陣で試合を進めていく。一時は5点差まで離されたが、何とか食らいついた。スコアは16―17。必死にボールをつなぎ、最後は南本一成(商1)が右手で押し込み同点に追いついた。ピンチサーバーの青木佑介(社2)もクロスへのサーブで相手を崩す。最後は逆転されセットを失ったが、近大に引けを取っていなかった。


△藤井


△南本


△田中伸哉(人2)

第2セットは力の差を見せられた。ブロックの上から打ち込まれるスパイクもあり、打開することが出来なかった。「1番強いチームとゲームが出来ていい経験になった」(雄谷遼真副将=商4)と、改めて強豪の実力を肌で感じた。


△丸山洸祐(人3)

昨日は立命大と、大商大に勝利。今日も近大に第1セットでは、理想のバレーが出来た。リーグ戦後の反省を生かし、収穫のある関カレとなったはずだ。来週には大阪府学生男女選手権大会が開幕する。来春のリーグ戦で再び1部昇格を目標に残りのシーズンを戦い抜く。【文:松浦智/写真:遠藤菜美香】

▽西坂主将
「今日は相手が格上ということもあり、食らいついていけた。コートの中でも盛り上がることが出来たかなと思う。がむしゃらとまではいかないが、向かっていくことが出来たと思う。(2セット目は?)相手が1試合目の1セット目ということで、調子が上がっていなかったと思う。徐々に相手のペースになり、差が出た。(スパイカーの調子は?)悪くはなかったと思う。一成は昨日ほど絶好調ではなかった。(相手の)ブロックが高いので、簡単には決められない。なので、なかなか調子は上がらなかったと思う。(全日本インカレまでの課題は?)攻撃はすごくよくなっている。ブロックとレシーブ連携だったり、フェイントを攻撃につなげられないことだったり。軟打を攻撃につなげられるようになりたい」

▽雄谷副将
「序盤から一成や、唯人がいいプレーをしていた。チームの雰囲気的にも昨日の勢いに乗っていたので良かったと思う。(1セット目と2セット目での違いは?)関大は今までは序盤が課題だった。今日は昨日の勢いのままいけた。2セット目は、相手の実力が出てきた。唯人や、一成の調子が悪くないのにブロックされてしまった。きつかったと思うけど、1番強いチームとゲームが出来ていい経験になった。(2カ月前の近大戦との違いは?)あの時は、徹太中心でやっていた。その分他の選手の決定力がなかった。1部で経験をして、昨日の試合も経てまんべんなく決められるようになったことが関大の強くなった要因だと思う」