【サッカー】[ULTRAS]FW安田駿の一発で決勝トーナメント初戦突破!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

◇Iリーグ2018関西年間総合優勝チーム決定戦1回戦◇対びわこ大IA◇10月28日◇関西大学中央G◇

【前半】関大1-0びわこ大IA
【後半】関大1-2びわこ大IA
【延長前半】関大0-0びわこ大IA
【延長後半】関大1-0びわこ大IA
【試合終了】関大3-2びわこ大IA

延長後半8分、2-2。PK戦に突入するまであとわずか。クライマックスはここからだった。途中出場のFW安田駿也(経3)がMF沼田駿也(政策1)のパスに合わせて抜け出す。右足を振り抜くと、強烈なシュートはゴール右下隅へ。大接戦を制し、全国に向けてまず一歩を踏み出した。

主導権を握るも、どことなく波に乗れない立ち上がりで試合がスタート。しかし前半24分、MF奥野圭亮(法2)のコーナーキックにDF難波慶克(経4)が頭で合わせ先制に成功する。「セットプレーは狙っていた。(相手が)そこが弱いのは事前のスカウティングで知っていたので」(DF難波)。得意のシュートコースで関大に流れをもたらす。


△DF難波

その後もチャンスは続く。34分にはDF難波のロングパスを受けたFW松井修二(人2)がミドルシュート。右クロスバー直撃とネットを揺らすことはできずも、勢いを保ったまま前半を終えた。


△FW松井修

迎えた後半。GK勝本絢介(法4)のナイスセーブが光るなど、ディフェンスも機能する。そして35分。FW矢野龍斗(法2)が右サイドからクロスを上げるとMF沼田が空いたゴールにすかさずシュートし、2点目を追加。このまま勝利を引き寄せるはずだった。


△GK勝本


△MF沼田

だが、その直後。相手の直接フリーキックに反応できずゴールを許すと、その1分後には相手GKのパントキックから、抜け出した相手に攻め込まれまさかの失点。わずか2分間で試合は振り出しに。なんとか勝ち越しを、と46分にMF沼田が供給したクロスをFW福原涼太(経2)がゴール左隅に叩き込むもオフサイドの判定。逆転できないまま延長戦にもつれ込む。


△FW福原

しかし、熱戦に終止符が打たれた。「出場時間は短いかもしれないけど、1回くらいはチャンスがくるし、その1回を決めよう」。延長後半、交代からわずか4分。FW安田駿の刺さるようなゴールにスタンドが大歓声で揺れた。


△FW安田駿

延長後半での決勝弾で決勝トーナメント初戦突破を果たした関大だが、「何度もチャンスがあったのにも関わらず決め切れなかったことは改善しないといけない」(MF沼田)と、この日の試合運びには課題が残る。次戦は1週間後。すでに引退を迎えた同志たちの思いも胸に、勝利は必須条件だ。【文:高木満里絵/写真:竹中杏有果】

▼DF難波
「すごいゲームだったが勝ち切れたのは良かった。(自身のシュートは)ずっとセットプレーは狙っていた。(相手が)そこが弱いのは事前のスカウティングで知っていたのでそこは狙い通りだったと思う。(最後まで分からないゲームだったが)自分自身が2失点目のところをミスしてしまって、同点という形で延長に入った。この夏、チームとして体力強化などをやってきて、相手よりずっと走り勝てる自信もあったし、最後のところは自分たちが絶対勝ちに持っていける自信はあったので、不安や怖さはあったが自信を持ってやれたことがこういう勝利につなげられた。この夏、試合6連戦であったり苦しいことをいっぱいやってきて、Iリーグの中でも一番やってきた自信もあった。そういう部分を持ってやってきたからこその結果かなと思う。(まずは初戦突破だが)去年は自分自身もULTRASで準決勝で負けてしまって全国に行けなかった。今日はその代の先輩方も見にきてくれていたし、そういう思いもしっかり持って次の試合でも絶対に全国に進んでいきたい。今日の試合前もSOLEO、REDGROWの分までしっかり戦おうと言っていた。この間のリーグ戦最終節も自分自身応援していて、熱いものを持って戦ってる姿を目の当たりにしたので、そういった部分でも同期の思いも背負って仙台に行きたい」

▼MF沼田
「早い時間帯に先制点が取れていい試合運びができていたと思う。交代のチャンスがあれば入って流れを変えたいと思っていたし、さらに突き放せるように点を取りたいと思っていた。ピッチに入れば年齢は関係ないと思うし、ULTRAS内でも思い切りプレーできるような雰囲気を先輩が作ってくれている。そういう意味でも結果で返したいと思っていた。保手濱コーチ(=保手濱直樹コーチ)からはまずは守備のところをしっかりやって、攻撃のところでは縦に運んで前進できるようにプレーしろと言われていた。あとは思い切りやれと。(自身のシュートは)矢野くん(=矢野龍斗)から、触れば入るようなパスが来たので当てるだけだった。クロスに対して入っていくのは意識していたので良かった。(課題は)2点離したのにも関わらず、終了間際に追い付かれてかなり難しい試合だった。延長に入ってからも何度もチャンスがあったのにも関わらず自分も含めて決め切れなかったことは改善しないといけない。(次へは)こういう難しい試合を勝ちにできるのが今のULTRAS。さらに難しい試合が続いていくと思うが勝ちにこだわって、チャンスがあれば結果を出したい。SOLEOやREDGROWの分の思いを背負って頑張りたい」

▼FW安田駿
「絶対に決めるという強い気持ちがゴールに繋がった。正直シュートシーンはあんまり覚えていないが、自分はFWなので点を取るということは意識していた。試合を見ていて、自分の出場時間は短いかもしれないけど、1回くらいはチャンスがくるし、その1回を決めようと思っていた。(何か言われたことは)積極的に相手の背後を取って行って、点を決めてこいということを言われた。(課題は)個人としてはスタメンとして試合に出れるようにしたい。チームとしては試合の運び方が課題だと思う。2−0で勝っていた状態で同点まで追い付かれてしまったので。一緒に日本一は目指しているが、ピッチには立てない人の分もピッチで表現したいと思っている。次戦も必ず勝つ。そのための準備を今からしていきたい」