【ホッケー】ライバル・同大に届かず…。1点差で黒星。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

◇平成30年度関西学生秋季リーグ戦第2節◇対同大◇10月28日◇親里ホッケー場◇

[第1Q]関大0-0同大
[第2Q]関大0-0同大
[第3Q]関大0-1同大
[第4Q]関大0-0同大
[試合終了]関大0-1同大

一瞬の隙を突かれた。第3Q開始直後に、相手にボールを押し込まれた。「コーチの方にはよかったと言ってもらえたが、このような失点の仕方は悔しい」と岸田紗依主将(人4)は眉をひそめた。ライバルである同大に、0ー1での敗北。相手に主導権を握られながらも、しのぎにしのいだ。しかし、シュートに持ち込めず得点は0。内容は良かっただけに、1失点が大きく響いた。

試合開始からボールは相手に渡った。第1Q、5分には右から大きく崩されヒヤリとする場面も。前へボールを運ばれる場面が多かった。「粘れー!」とメンバーは必死の守りでゴールを割らせない。森田彩那(文3)や、荒川怜菜(商1)らの懸命の守備でなんとか失点は防ぐ。

均衡が崩れたのは第3Qだった。「マークがいなくて入れられた」(岸田)。1分足らずで右サイドからのパスを通され、先制点を与えてしまう。さらに、「結構取られてしまった」と、多くのPC(ペナルティーコーナー)を相手に献上した。GK北條実羽(社2)が止めるも流れがつかめず。攻撃に転じることが出来なかった。

点取られた後

第4Q終盤には前線にボールが通り決定的チャンスが訪れるが、ものにできず。1点が遠かった。

「マークを気にして何カ月もやってきたからこそあの抜かれ方はダメ」。課題が改善しているだけに、わずかなミスが響いた。4日後には全日本インカレが控えている。「良い状態で(後輩に)渡せるようにしていきたい」。残りわずかの期間も気を緩めずに向かっていく。【文:松浦智/写真:遠藤菜美香】

▽岸田
「コーチには負けたけど、いい試合と言われた。けど、得点の入り方がしょうもなかった。粘って粘って入れられたのではなく、がーっとやられマークがいなくて入れられた。マークを気にして何カ月もやってきたからこそあの抜かれ方はダメ。あとは、結構PCを取られてしまった。こちらは取れていないので。サークルの中にいすぎて取られたというのが、ダメだと思う。インカレ1回戦突破というのが目標。同志社には春も秋も勝とうと1年間取り組んできたが、(秋は)負けてしまったのは悔しい。向こうも関大と思ってすごく喜んでいるので、悔しい。(攻撃の面に関して)あまり攻撃できないことはわかっていた。技術的には上だし、経験者も多い。なので、1個のチャンスをものにしないとダメと思っていた。それにしては、通ったボールを取れないのも多かった。攻撃の数を求めていたわけではなかった。チャンスをものにできていないなと思った。4日後にインカレがあり、今日負けたので18日に試合が入った。コーチやOBに言われたように、ディフェンス面でスティックが下ろせていない部分がある。大体大に負けてしまうと、最下位になってしまう。次の週まで引退を伸ばせるように、良い状態で渡せるようにしていきたい」