【バレーボール】上位リーグ2勝目!次戦で最高の笑顔締めだ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

◇2018年度関西大学連盟秋季リーグ戦第9日対京都橘大◇10月20日◇於・大阪国際大学
[第1セット]関大17-25京都橘大
[第2セット]関大25-23京都橘大
[第3セット]関大25-15京都橘大
[第4セット]関大25-21京都橘大
[セットカウント]◯関大3-1京都橘大

秋でも過去最高の成績を目指す関大にとって大きな白星だ!

秋季リーグ戦ももいよいよ最終週に突入。上位リーグ2試合を残し1勝2敗としている関大は、今日の勝敗次第で負け越しが決まってしまうため、絶対に負けられない重要な一戦だ。

第1セットは、守備の連携が取れず相手に攻撃の主導権を握られる。さらに、この日スタメン出場の山下亜弓(人2)が味方選手と接触し、負傷交代。嫌な流れを払拭できず第1セットを落とす。

この秋リーグは極めて高い確率で第1セットを奪ってきた関大。その第1セットを奪われ嫌な空気が漂ったが、「第2セットを切り替えて取ろう」(服部愛果主将=法4)。第2セットから関大得意のコンビバレーが機能し始める。さらに、第1セットから山下に代わって入った小林瑞季(商1)が躍動する。「自分にやれることを」(小林)。ブロックアウトを積極的に狙うなど、多種多様なスパイクテクニックで相手の守備陣をほんろうした。接戦を勝ち切り第2セットを奪った。


△小林

△服部

第3セットからは完全に主導権は関大に。小林、服部を中心にポイントを積み重ねる。さらに、「ずっと練習したことがうまくできていた」(服部)。原幸歩(文2)のバックアタックで相手を突き放した。第4セットに入ってからもその勢いは衰えず。最後は服部のブロックで上位リーグ2勝目を手にした。


△原

明日はリーグ最終戦。服部ら4年生にとっては泣いても笑っても最後のリーグ戦の試合だ。「最後は悔いが残らないように」(服部)。関大に数多くの栄光へと導いてきた4年生の集大成を白星で締める。【文/写真:永津星斗】

▼服部主将
「京都橘大はメンバーを固定していなくて、誰が出てくるのかがわからないチームだったけど、総合的に自分たちにできることを練習した。
第1セットは攻撃が決まらな過ぎてバタバタしてしまったので、第2セットからは気持ちを切り替えていった。(途中出場の小林は)守備には少しまだ試合経験がないので崩される場面もあったけど、スパイクの技術はすごいあるのでこれから伸びてくると思う。第3セットからは、原のバックアタックも決まり始めたのも大きかった。ずっと練習した事が上手くできたと思う。明日の最終戦は自分にとってもチームにとっても最後のリーグ戦なので、最後は全員悔いが残らないように笑顔で終わりたい」
▼小林
「今日は山下さんがスタメンだったので、いつもは試合に出ないけど出る覚悟はしていた。緊張は特にしなかった。自分にできることをするのに精いっぱいだった。相手のブロックが遅れてきたときは積極的にブロックアウトを狙っていった。明日は最終戦だけど自分にできることをしっかりやって、勝ちたいです」