【テニス】主将・林が自ら決めた!近大にリベンジを決め王座3位!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

◇平成30年度全日本大学対抗テニス王座決定試合3位決定戦対近大◇10月15日◇愛媛県総合運動公園◇

○ D1 高村・島田2(4-6 6-4 6-3)1小野・西岡
○ D2 林・柴野2(3-6 6-3 6-1)1高木・恒松
● D3 山中・平川0(6(4)-7 5-7)2松本・松田
○ S1 山尾2(7-6(2) 6-4)0高木
○ S2 高村2(3-6 6-3 7-6(6))1松田
○ S3 大野翼2(0-6 6-3 6-4)1松本
○ S4 林2(6-3 6-3)0小野
○ S5 柴野2(6-3 4-6 6-2)1恒松
● S6 工藤1(2-6 6-3 3-6)2西岡

○ 関大 7-2 近大

【最終結果】 3位

フォアハンドが決まり、林大貴主将(社4)は思わず両手を突き上げた。関大が4勝、勝てば3位が決定する場面。主将と主将のカードとなったS4は、意地と意地のぶつかり合いだった。全員が固唾(かたず)をのんで見守る中、林のフォアハンドが決まりゲームセット。リーグ戦での敗北から約1カ月。今度は挑戦者として、見事に近大へのリベンジを果たした。

互いに手の内を知り合っている両大学。単複ともにこれまでとほぼ同様のオーダーとなった。

D3には山中瑠樹亜(経1)・平川暉人(人1)組が出場。夏関で勝利した松本・松田組と戦った。立ち上がりは良かったものの、相手のサーブで崩され流れを渡してしまう。5-2から一気に逆転される。タイブレークも流れは引きもどせなかった。第2セットも接戦に。サーブやストローク、ボレーなどいいプレーはいくつもあった。だが、勝利には手が届かず試合が終了した。

林・柴野晃輔(文4)組はD2として出場した。相手は思い切りのよいプレーが持ち味のペア。相手の振り切ったリターンに対応が出来ず、第1セットを落としてしまう。第2セット前には、柴野がメディカルタイムアウトを要求。暗雲が立ち込めたが、ここからさすがの対応力を見せる。ロブなどを駆使して粘り、要所ではネットプレーが決まる。第2セットからは自分たちの形で試合を進めた。ファイナルセットでは早々にブレークを決め、鮮やかな逆転劇で勝利する。

D1を任せられたのは、高村烈司(商3)・島田達也(人3)組。互いに1セットずつ奪い合いファイナルセットへ。4-3としたところで、島田はメディカルタイムアウトを要求する。首のあたりを気にかけ、試合開始前から左腕にはテーピング。満身創痍(まんしんそうい)の体ながらも、声を振り絞りラケットを振り抜いた。最後は高村のサービスゲームのキープに成功。気迫で春関王者ペアを上回った。

S6として出場したのは工藤丈寛(人4)。この試合が引退試合。以前高村が工藤について「ザ・ストローカー」と称したがその名にふさわしい試合となった。ラリーの打ち合いが続く。スライス、クロス、ロブ。さまざまなショットを放つ。互いに一歩も劣らずファイナルセットにもつれ込んだ。一球一球歯を食いしばりながら打つ。最後は工藤の力が尽きた。ボールがネットを越えず試合終了。笑顔を見ることはできなかった。

S5の柴野晃輔(文4)は恒松と対峙(たいじ)した。1ブレーク、5キープで第1セットを先取。第2セット、相手が息を吹き返し、試合は振り出しに戻る。だが、柴野は4年生の意地を見せる。お互いにコート全体を使うテニスを展開。柴野の身体能力の高さが光った。スマッシュを打たれても食らいつき攻め返す。前に動かされても追いつきやり返す。相手のロブもジャンピングスマッシュで点を決める。勝利を収め、安堵(あんど)の表情でベンチコーチの梶山智紀(経4)と抱擁を交わした。

S3の大野翼(経2)は、相手のエース・松本に挑んだ。実力を見せつけるかのように、第1セットをあっという間に奪われる。しかし、諦めなかった。「絶対いける」と吉備コーチも大野翼を鼓舞。その期待に応えた。スライスなどを駆使し、リズムを作ると次第に大野翼の流れに。今までネットに嫌われていた強烈なストロークが相手コートを襲う。ファイナルセットでは相手のミスも増え、コートを支配。相手エースから大きな大きな1勝をものにした。

主将の林はS4での出場。近大の主将・小野との1戦だった。相手の厳しいストロークに対し、スライスで食らいつく。第1セットを奪い、第2セットも5-1とリード。ラリーがわずかにそれるなどして、ここから2連続ゲームを与えたが最後は締め勝利。主将自らの手で関大の勝利を決める。

S1は山尾玲貴(商2)。昨日、全日本インカレ準優勝の羽澤(慶大)をストレートで破った高木と対戦した。第1セット、5-1でリード。だが、次第にミスが増え、首を傾げる。さらに低弾道で、速いストロークで隙をつかれる。タイブレークに突入。山尾は冷静なプレーでなんとか第1セットをものにした。2セット目の打ち合いも制し、勝利を決めた。

S2高村の相手は松田。全日本インカレでも勝利した相性の良い相手だ。山なりのボールやライジングなどテンポを変えながらラリーを展開する。相手とのラリー勝負は互いに譲らず。ファイナルセットのタイブレークまでもつれた。あたりもすっかり暗くなり全員が見守る中でも、集中力を切らさなかった高村。勝負強いラリーを繰り出し、最後は相手のボールがアウト。白星で今年の王座を締めくくった。

「チャレンジャー精神で向かうことが出来た。それが7-2というスコアに現れたと思う」と林。1カ月前とは明らかに違う選手たちの姿がそこにはあった。今後は、上曽山拓実新主将(人3)を中心に新シーズンへ向かう。「自分たちが作りたいチームを1から作っていってほしい」。リーグ制覇を逃してからの王座3位。苦しいこともあったが、最後は笑顔で後輩にエールを送った。【文/写真:松浦智・遠藤菜美香】

▼林
「リーグと違って今回は負けるのを怖がらずに、チャレンジャー精神で向かうことが出来た。それが7-2というスコアに現れたと思う。僕ら4回生は最後の試合なので、気持ちが入るのは当たり前だと思う。3、2、1回生も全員で勝ちにいこうとしてた。そこがすごい良かった。(今日の試合のMVPは?)僕かなと思います(笑)。正直大野が勝ってくれたのがすごい楽で。今回注目選手としても上げていたんですけど、あいつも成長することが出来ると思うので勝ってくれてよかったです。(主将と副将は?)主将は上曽山で、副将は服部(達也=商3)だと思います。(テニスは今後続ける?)東京の2部の実業団で続けようと思う。テニスには関わっていくつもり。(今日の試合の内容は?)悪くなかったと思う。(シングルスの相手は主将だったが?)入る前に主将対決に勝った大学が、勝つと思っていた。そこに勝てたのはすごく自信になったし、最後していて楽しかった。(上曽山新主将にはどのようなテニス部を作ってほしい?)3回生がこうなりたいというチームを作ってほしい。周りがどうだとか、こうすればみんなが正しいと言ってくれるとかではなくて、自分たちが作りたいチームを1から作っていってほしい」