【サッカー】[SOLEO]「悔しい」。大敗で終幕。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

◇Iリーグ2018関西Cブロック最終節◇対立命大I◇10月13日◇立命館大学原谷グラウンド◇

【前半】関大0-3立命大Ⅰ
【後半】関大1-3立命大Ⅰ
【試合終了】関大1-6立命大Ⅰ

4年生が最後の試合に他のカテゴリーの部員も駆けつけた。しかし、失点が続き不甲斐ない終わりに4年生にとって悔いの残る結果でSOLEOの幕が閉じた。

立ち上がりから相手に主導権を握られた。開始10分にして2失点を許し序盤から苦しい展開に。それでもDF岡田清亮(人2)が体を張った守備を見せる。FW坂本琢(環境4)が右サイドからクロスを上げるも相手GKに阻まれた。


△岡田清

△坂本琢

マイボールの時間は短かったが、その短い間の中でMF山下健太(社3)やFW坂本はゴールに向かった。25分、左サイドのMF井原諒也(経2)からMF山中信吾(シス理4)、MF矢木零士(経2)とボールがつながるも、MF矢木のシュートは枠外。その後、相手のコーナーキックが決まり0-3に。そのまま好機は生まれず、3点ビハインドで後半へ折り返した。


△山下

△井原

△矢木

△山中

後半開始すぐに、MF矢木のクロスからFW坂本琢が合わせるも得点には至らない。5分には右サイドを崩され4点目を与えてしまい、どんどん状況が悪くなる中、応援の部員たちが声をそろえ応援を続けた。途中交代のMF武沢亮佑(文1)が左サイドを突破しようとするがチャンスメークとはいかない。その後、相手のフリーキックで失点してしまう。さらに30分にはハンドを取られPKを与えてしまい6点目を与える。


△田淵
何としても点が欲しい関大。MF武沢のスルーパスからMF井原がシュートを決め、今試合初得点を挙げる。終了間際にMF山下がクロスをあげ、MF矢木が頭で合わせるも相手GKに阻まれ、虚しくホイッスルがグラウンドに響き渡った。

試合後は重たい空気が残り、「悔しい」と選手たちは口をそろえた。SOLEOとして4年生は最後の試合となったが、まだサッカー部として「日本一」の目標が残っている。この悔しさを胸に「全員サッカー」で戦い続ける。【文/写真:野村沙永】

▼DF田淵裕也(法4)SOLEO主将
「悔しいですね。試合にも出てるし、キャプテンやらしてもらっている中で、何もできなかったし4回の姿を見せられなかった。今日の終わり方が、この1年間を表している。4回の姿が表れている。(サッカー部として残された期間は)他のカテゴリーで出れるかもしれないから、そこを目指すのも一つだし、メンバーに入れなくても力を与えられるような練習をして日本一に向けて影響を与えていきたい」

▼FW坂本琢
「悔しい。去年の最終節の立命戦に出させてもらったけど、そのときなんもできなくて悔しかったので、その借りを変えそうと思っていた。個人的にはできたと思ったけど、チームの結果としてこういう形で終わってしまった。(1年振り返って)勝ちが少なかったし、もっと勢いついたチームにできたと思う。他のカテゴリーもまだ残っていて、日本一という目標があるのでそのためにできることをやっていきたい。」

▼MF山中
「6カ月ケガで出れてなかったので、最終節ということもあって4年生としてチームを救えたらと思って入った。前半で交代してしまったし、気持ちを前面に出したプレーをしたつもりだったけど、こういう終わりはやっぱり悔しい。(1年振り返って)勝てない時期とかもあって3勝しかできなかったので、練習でもっと強度を上げたり突き詰めなければいけない。(サッカー部として残された期間は)まだ上に上がれるかもしれないし、上にいい影響を与えていけたらいいと思う」

▼MF酒井
「僕は後半から入ったけど、試合で後ろからの声とかが少なくて、僕が入ったら声出して盛り上げようと思っていた。でも副キャプテンとして何も残せなかった。(サッカー部として残された期間は)他のカテゴリーも残っているし、日本一という目標があるのでそれに向けてやれることをやっていきたい。まだチームには伸び代があるので、育成もやっていきたい」