【野球】1本が出ず、神宮への道消える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

◇平成30年度関西学生秋季リーグ戦第6節◇対立命大3回戦◇10月13日◇南港中央野球場◇

立命100 000 010=2
関大000 000 000=0

(立)山上、井上―大本、榮枝
(関)山本隆―高橋佑

絶対に負けられない一戦だった。3年連続神宮出場のために後がない関大は、山本隆広(人4)を先発マウンドへ送る。今季8試合目の先発登板となるエースは、立ち上がりから制球が安定しない。要所で点を挙げた立命大と対照的に、関大打線は終始決め切れないまま完封負け。神宮への道はここで途絶えた。

「甘かった」。山本隆はこの日の試合をそう振り返った。初回、先頭打者を四球で歩かせると、立命3番辰己に右方向への大きな三塁打を浴びてタイムリーに。先制点を献上した。終盤の8回には甘く入ったインコースをしっかりと捉えられ、右翼フェンスに吸い込まれる本塁打に。プロ志望対決は、辰己に軍配が上がった。

今季は、あと1本に悩まされ続ける。チャンスは何度もあった。3、4回にはランナーが三塁まで進んだが、決定打が出ない。最後の攻撃の機会。9回先頭の太田健裕(文4)が遊撃手の失策で出塁すると、4番倉川竜之介(文3)の左中間ヒットと5番古川陸(商4)のエラーを誘う当たりで三塁へ。1死満塁の絶好機を任されたのは7番野口智哉(人1)。しかし打球は非情にも併殺打となり、そのままゲームセット。メンバーの表情は暗く沈んでいた。

目指し続けた聖地・神宮の可能性はここで消滅。4年生のこのリーグ戦での引退が決定した。試合後のミーティングで高橋佑八主将(経4)が見せた涙。この悔しさは後輩たちの心にどう刻まれるのか。最終節の対関学戦を勝利で締め、4年生を笑顔で送りたい。【文/写真:松山奈央】

▼早瀬監督
「もう1本が出れば。雰囲気はいつも悪くない。少ないチャンスでそう点を取れるか。4回生は思いを懸けてここまできた。神宮に行ったメンバーもたくさん残っていて、期待していた。そこそこ力が付いてきたかな、と思っていたから野球は難しい。勝つのがやはり一番の目標。立命に勝たなければ上にはいけない。4回生はこのリーグで最後。今まで大事にしてきたものを信じて最後まで戦ってほしい」

▼高橋佑主将
「勝てない。負けるのが本当に悔しい。応援は素晴らしいのに、それに応えられないのも悔しい。最後の戦い、負けても勝ってもその先はない。悔いのないように思い切りやりたい。後輩にはのびのびと思い切りやってほしい」

▼山本隆
「負けてしまったのはチームの弱さ。自分も抑えれてなかった。辰己のホームランは、インコースに行ってしまったのを打たれた。辰己に1打席目を打たれたので立命も辰己自身も乗る。バッテリーが試合を全然見れていなかった。自分たちの力不足。多少の疲れはあるが、言い訳にはならない。春投げていない分、1、3戦を投げるつもりで覚悟はしていた。今日は中4日あって、ベストなピッチングをしないといけなかったし、チームも勝たないといけなかった。甘かった。応援の声はすごい出ていて、マウンドにも打席にも届いている。それに応えれるようにいいピッチングをしたい」