【ソフトボール】京産大に引き分け。3位でリーグ終幕

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

◇平成30年度第50回秋季関西学生リーグ戦対京産大◇10月13日◇泉佐野南部公園◇

京産 200 000 0 =2
関大 000 002 0 =2

(京)北村-永田
(関)辰巳-鈴木

2勝1敗1分で迎えた最終戦。ここで勝てば2位に大きく近づくチャンスだったが、勝ち越しは叶わず。新チーム初のリーグ戦は3位という結果に終わった。

先制は京産大。初回、先発の辰巳大樹(情1)が1死から死球で走者を出すと、その後安打、四球などでいきなり満塁のピンチに。なんとか踏ん張りたかったが、次打者に甘く入った2球目をライト前に運ばれ、2点を献上してしまう。

しかし、その後は辰巳が好投を見せる。やや制球が乱れる場面もあったが、3回以降は徐々に安定。三者凡退に抑え、追加点を許さない。


△辰巳

一方の打線は得点の好機を幾度か演出するも、なかなか本塁を踏めない。4回には2死から髙濱友裕(情2)が左中間に安打を放つと、辰巳が内野安打で続く。しかし、7番尾崎智康(安全2)が三振に打ち取られチャンスをものにできない。


△髙濱


△辰巳

お互いに沈黙の時間が続く中、それが破られたのは6回だった。「粘り強さを出せた」(樫原悠平主将=商3)。関大打線がようやく反撃ののろしを上げる。この回の先頭打者・中岸健登(経2)が右前打で出塁すると、その後1死から4番鈴木隆弘(文2)が粘りのバッティングで6球目をセンター前へ。まずは1点を返す。


△中岸


△鈴木

さらに続く辰巳が左方向へ打球を打ち上げるも、レフトの捕球ミスによりこれがタイムリーに。エース自ら同点打を放ち、投打でチームに貢献した。

相手打線を3人で斬り、迎えた7回裏。2死から粟井朋弥(環都2)が逆転の走者として出塁。一発出ればサヨナラと絶好のチャンスで打席に立ったのは6回に安打を放っている中岸だ。しかし、1ボール2ストライクと追い込まれた4球目、大きく振り抜いた打球は右翼手のグラブへ吸い込まれた。


△粟井

あと一本が出ず、今季2度目の引き分けに終わった。王者・神院大を撃破するなど大きな手応えも得たが、「うまくできる部分が今は全然足りてない」(樫原)。辰巳がエースとして確かな存在になっているだけに、バッティングは避けられない問題だ。「控えの層が薄いし、代打も出せない。冬に一人でも多くそういう選手をつくっていきたい」と樫原。見つかった課題をどう修正するか。冬芽を確実に育て、春にはその花を咲かせたい。【文/写真:高木満里絵】

▼樫原主将
「結果は3位。初めはかみ合わない場面もあったけど、試合をこなしていくごとにうまくできてきた部分もあったからそこは良かった。けど、そのうまくできる部分が今は全然足りてない。勝てない相手ではないので、課題のバッティングを春までに冬どうするかっていうのを一人一人自覚と責任を持ってやっていくのが大切。(今日の試合は)ビハインドではあったけど焦りとかは特になかった。6回で打線がつながって粘り強さを出せたことは成長できたなと思う。そこはリーグ前にはなかったので。(キャプテンとして初の公式戦は)2回生と相談しつつ、好きなようにやらせてもらってやりやすかった。采配に関しては、控えの層が薄いし、だから代打も出せない。冬に一人でも多くそういう選手をつくっていきたい。(ピッチャーは)辰巳は頑張ってくれた。完璧だったと思う。そこで打線の援護ができたら勝てる。辰巳が打たれなければ勝てるので打撃をしっかりやっていきたい」

▼辰巳
「(ピッチングについて)悪くはなかったけどすごく良いわけではない。リーグを通して思ったより失点してしまったし、今日は出だしで2点取られたのは良くなかった。あれがなければ勝てていたと思う。3回以降のピッチングをしていれば良かった。モチベーションを保つのは大変。(バッティングは)あまり良くない。今からのリーグとリーグの間の期間で修正していけたら。打線は続かないことの方が多いので自分の役割としては打線を切らさないように後ろにつないでいきたい。ピッチャーは層が薄いので自分が良いピッチングを保つことが大切だと思っている。波のあるピッチャーはいいピッチャーとは言えないので、練習試合や公式戦でそこを慣らしていきたい。今日の3回以降のようなピッチングができれば守備から信頼される投手になれると思う。冬の間は制球力とライズの変化量を保ちつつ、あんまり投げてないドロップの精度も上げていけるようにしたい」