【テニス】圧倒的な強さを見せ快勝!王座制覇へいいスタートを切った!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

◇平成30年度全日本大学対抗テニス王座決定試合2回戦対北海学園大◇10月12日◇愛媛県総合運動公園◇

○D1 林・柴野2(6-1 6-1)0山本・伊藤
○D2 高村・島田2(6-0 6-2)0横山・折戸
○D3 山中・平川2(6-1 6-0)0鎌田・高木
○S1 山尾2(6-0 6-1)0山本
○S2 高村2(6-1 6-0)0伊藤
○S3 林2(6-1 6-0)0横山
○S4 大野(翼)2(6-0 6-1)0折戸
○S5 柴野2(6-0 6-0)0鎌田
○S6 工藤2(6-0 6-0)0高木

○ 関西大学 9-0 北海学園大学

一年で最も熱い大会が幕を開けた。リーグ戦での敗北から約1カ月。それまで以上に厳しい練習を積んできた。全試合で奪われたゲームはわずか9。圧倒的な強さを見せつけ、準決勝進出を決めた。

D3は、山中瑠樹亜(経1)・平川暉人(人1)組。 初の王座とは思えない試合ぶりだった。山中、平川ともにサーブが冴えわたる。一度もブレークを許さなかった。山中の攻めのストローク。平川の正確なボレー。この2つが噛み合い、快勝を収めた。

高村烈司(商3)・島田達也(人3)組も山中・平川組に続く。強いサーブで相手を崩し、2人のネットプレーが冴え渡る。島田の相手を抜くリターンも決まった。「決まってからずっとやってきた」とペアリングも文句なし。第1セットはベーグル、第2セットでも2ゲームしか落とさなかった。

林・柴野晃輔(文4)組は1ポイント目から相手スマッシュを耐え、技ありのポイント。広いコートカバーリングで、相手に決めさせなかった。サーブからのネットプレーでも、連続で得点を重ねた2人。抜群のコンビネーションで優位に試合を進めた。許したゲームはわずか2。完璧なテニスを披露した。

柴野は、ベースラインからのストロークで相手を手玉にとる。最初のゲームでブレークを決めると、その後も絶好調だった。相手のストロークにも難なく対応。相手の展開に持ち込ませない。終始圧倒しゲームセット。6ー0、6ー0とパーフェクトに相手を押さえ込んだ。

工藤丈寛(人4)も圧巻のテニスを披露した。得意のストローク戦に持ち込み、強烈なフォアハンドを相手コートに叩き込む。「後半も落ちなかった」とスコアが進んでからも、攻撃の手を緩めない。最後まで力強くラケットを振り抜き白星。第1、2セット共にベーグルと文句なしの戦いぶりで、関大の勝利を決める。

S4には大野翼(経2)が登場。「出だしが少し硬かった」(大野翼)と振り返る。第1ゲームで苦しむ。それでもデュースを制し、先取した。すると勢いに乗った大野。持ち前のストロークで点を重ね、ストレート勝利を収めた。

S3は林。相手に第1ゲームを先取される。だが、そこで崩れることなく立て直す。スライスとボレーで相手を動かす。練習の成果を見せ、白星をあげた。

高村はサーブでのショートポイントで流れをものに。ガッツポーズを作り、勢いに乗る。角度のあるクロスへのフォアも随所で決まった。ダブルスに続きシングルスでも勝利。「単複どちらも自分のプレーができた」と内容も上々。良い流れで明後日の準決勝へ繋げた。

S1として、最後にコートに入ったのは山尾玲貴(商2)。相手のナイスショットにも追いつき、山尾が攻め返す。ポイントは山尾に。「サーブが入らないこともあった」(山尾)と述べるも、サーブで相手を崩す場面が多く見られた。危なげなく勝利した。

次戦は14日。相手は明日行われる早大対松山大の勝者だ。この戦いは王座優勝への第一関門となる。決勝の舞台に駒を進めるのは関大だ。【文/写真:遠藤菜美香・松浦智】

▼林
「入りとしては悪くなかった。今まで初戦は相手がかなり強くて、競ったり何人か負けたりとういうイメージだった。今回は、早く勝つことが出来たので、初戦だけでは4年間で一番いいイメージだった。(リーグからの変化は感じた?)勝負所でしっかりラインを狙えていた。あまり意識しなくてもいいコースにいっていた。その点ではしっかり成果が出ていると思う。(トレーニングを変えたのはいつから?)馬木さんや、播磨さんが来てくれて、日本のトップの選手たちを見ている方からのアドバイスで氷風呂やバイクなどサポートが充実している。今回からいろいろ始めた。(ダブルスについて)細かいダメな部分はあったが、柴野はすごく組みやすく、安定しているのでいいプレーが出来たと思う。(シングルスについて)相手に戸惑う部分はあったが、抑えることは出来た。ネットのミスが多いとリーグの時は言われたが、今回は少なかった。その点でも成長できているかなと感じた。(明後日のメンバーについて)コーチの方や選手とも相談しているが、まだ決まってはいない。何があるかわからないので、サポートを含めしっかり準備していきたい。(明後日の試合について)おそらく早稲田になると思う。やっぱりダブルスが重要になってくる。しっかりこの後もダブルスの練習はやっていきたい。やってきたと言ってる選手が多いので、本当に出し切るだけだと思う」

▼工藤
「去年に比べたら緊張は少なかった。出だしもラケットを振り切れていたので、いい形で入れた。反省として相手のボールが浅くなった時に、低くなるのを待ってしまって、変に難しく決めてしまった。(シングルスで初めに入るときに意識していることは?)僕と柴野でしっかり勢いをつけて、あとの後輩にはノビノビとやってほしい。僕たちが6-0、6-0、6-0、6-0で抑えることが出来たのは良かったと思う。今年はだんごだんご(6-0)で抑えることが出来たのは今年は結構いいと思う。(課題は?)浅いボールをしっかり決めることと、できるだけ簡単にポイントを取ることを意識したい。準決勝は長くなると思う。自分のテニスがずっとできるわけではないので。出るなら絶対にチームに貢献したい」

▼柴野
「(ダブルスについて)ペアが変わっても、そんなに変わらない。いつも通り2人で盛り上げて、集中して楽しみながらできた。(シングルスについて)初戦で、準決勝、決勝につながるすごい大事な試合なので、1ポイント1ポイント集中して、試合に臨みました。今日の試合は、集中してたっていう点と、相手の弱点があったのでそこを徹底して狙ったプレーができた点がよかった。明日は体を休めるいい期間だと思うけど、練習とかトレーニングをする時間があるので、気を引き締めて行いたい。2日後に向けて、ベストな状態で臨めるようにしたい。僕が大学生になってから1回もベスト4っていう壁を越えたことがなくて、決勝の舞台に立ったことがない。決勝はとても立ちたい舞台なので、最後自分が持っている力をすべて出し切って、2勝してチームを勢いづけたい。どんな試合になっても、5本以上取りたい」

▼島田
「出だしからすごく集中出来ていた。早稲田戦に向けて自信がつく試合が出来た。(いつ高村とペアを組むことが決まった?)リーグ終わって練習の中で。言われたのは最近だった。ダブルス全体としては、練習できる時間があったので位置を合わせた。コンビネーションが上手くできていたのはいい点だと思う。あとは最後まできっちり詰めていくことだと思う。ミスを減らしていくことが課題だと思う。5連覇を目標にして近大に負けて、練習で追い込めていなかったのではということでチームで見直した。本当に王座を取れるようにチームで追い込んだ。負けて前向きになったというわけではないけど、全員が王座制覇に向けて1つになれた。全員で戦えているという実感がある。あとは早稲田戦に思い切って望むだけ。(次戦について)単複出るかはわからないが、出たら勝ってチームにいい流れを持っていけるようにプレーしていきたい」

▼高村
「王座の初戦でもあったので、明後日の早稲田戦に向かっていい流れが出来たと思う。自分以外の試合も9試合すべていいスコアだった。いいプレーをしたからこのスコアになったと思う。自分も単複最初から気を抜くことなく出来た。風は強かったがしっかり対応出来た。リーグ後からの王座への取り組みが出来た結果だと思う。準決勝に照準を合わせられたと思う。(追い込んだという実感は)ある。時間がなかったので、個人個人足りない所を明確にした。それに対して、しっかりトレーニングやミーティングで時間を使った。心技体高められたと思う。ものすごくいい環境の中でさせていただいている。感謝してその分王座で結果を出したい。4回生やチームのために結果で返すのが自分の役目。負けてから、選手もスタッフ陣もこのままじゃだめだと燃えてくれていた。吉備コーチであったり、ウマキさんや播磨さん山本コーチにも帯同していただいて成長した。今後のテニス人生にもつながる。まずは、王座で結果を出す。(今日の試合の反省点は?)相手のボールが風に流され遅かった。その分自分が追い付いていなかった。相手のレベルが高くない分、ラリーでは勝てていた。でも、ボールに追いつけていなかったのは反省点かなと思う。(準決勝について)自分のベストを尽くすことが課題。ベストを尽くしてから相手のプレーと向き合うことが大事。ファースサーブの確率だったり、リターンの精度だったりネットミスを減らすとか。ミスを減らすことで自分のいいプレーが出てくる。練習から掲げてやってきているので。いい意味でいつも通りすることが課題になる」

▼大野翼
「シングルスで王座に出るのは初めてだったので、普通に緊張していた。試合とか関係なしに普段通りの自分のプレーを出し切ることだけを考えた。緊張はやっぱりするので次戦はそこをしっかりコントロールできるようにしたいと思う。出だしが少し硬かったのでもっと時間を置いたりとか、プレー以外のポイント間の使い方とかを考えたい。集中力が高まってきたときにしっかり振り切っていきたい。全体を通したら良かったから次戦は最初から考えてできたらいいかなと思う。自分は攻めていくスタイルだけど、浅い球になったときの打ち込みのミスが多かったので、修正していきたい。しっかり自分のプレーを出し切って、関大にチームに貢献できたらいいなと思う」

▼山尾
「今日の試合は1本1本集中して入るように心がけた。緊張はそこまでなかった。できるだけ、ミスを少なくしようと思っていて、それができたことが良かった。サーブが入らないことがあったので、そこを修正したい。去年は負けているので、今年は勝てるように頑張りたい」

▼平川
「初戦ということもあって、地方との戦いだったけど、少し緊張感はあった。その中でも、最初のゲームから上げていくことができた。ベンチコーチの高橋倫(情3)さんとも最初からしっかり集中してやっていこうと話して、それが1セット序盤3―0で、1ブレークできた。全体を通して、崩れることなくできたので良かった。先輩からは『1回生なんだから勝ちとかあんまり意識しずに、声出してやったらいい』とよく言われる。その言葉は結構ありがたいなと思う。今日はサーブが良かった。僕のファーストサーブの確率は最近のなかでも高い方で安定してキープができた。相手は10年以上王座を獲っている大学なので、1年らしく思い切ってやっていきたい」

▼山中
「緊張はどの試合も緊張するので、王座だから特別緊張したということはなかった。サポートの人とか、コーチに優しい言葉をかけてもらって、自分的に気持ちが楽になった。僕が良いときっていうのはちゃんと振れてて、攻撃できてるときだと思っているので、今日はミスもあったけど、積極的に攻めることができた。自分は結構サーブとフォアハンドで攻めていくことが多いので、これから調整してもっと伸ばしていきたい。去年、おととしとずっと負けてるので、1人1人が勝ちたいっていう気持ちはある。ずっとここを目標にしているので、チーム一丸となって、思い切って頑張るだけ。僕もチームの一員としてやれることをしっかりやるだけだと思う」