【ソフトボール】佐保好投!チーム今季2勝目挙げる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

◇平成30年度秋季関西学生2次部別リーグ戦第2節◇対大国大◇10月8日◇四天王寺大学グラウンド◇

大国100 000 0=1
関大200 000 0=2

(大国)石川―梶原、礒村
(関大)佐保―日吉

ルーキー・佐保知里(人1)のピッチングが冴え渡った。立ち上がりで先制を許すが、打撃陣の援護ですぐに逆転。1点差を最後まで守り切り、見ていて気持ちのいい快投でチームに勝利をもたらした。

初回から先発・佐保はピンチに立たされる。先頭打者を痛恨の四球で歩かせると、犠打で二塁へ。そして左方向への大きな当たりを浴びて先制点を許してしまう。

しかし、関大の反撃は早かった。今季、打撃が奮わずにいた1番山元麻莉絵主将(人4)が初球を振り抜くと、左翼線ギリギリの特大の三塁打に。3番鎌塚玲美(人1)の適時打で生還する。続く辻楓(人2)、佐伯瞳(社3)も続くと、あっという間に2点目も挙げた。


△山元


△鎌塚


△辻


△佐伯

立ち上がりで点を許した佐保も、それ以降は完ぺきなピッチングを披露。2回から5回をテンポよく三者凡退で抑え込む。「悔しさを晴らす」。前回の先発登板を落とした雪辱を果たす好投で、この日被安打わずか2と大国大打線を圧倒した。

得点機が初回のみに留まった関大打線だが、佐保が最後まで力投を続けリードを守り切った。「関大らしく勝てた」と山元主将も笑顔で振り返る。これで2次部別リーグはとりあえず1勝。残る試合、全勝の勢いで突き進む。【文:松山奈央/写真:水上壮平】

▼山元主将
「一番いい形で、関大らしく勝てた。佐保はよく投げ切ってくれた。自分が打って火を付けれたのが嬉しい。残り3試合も起爆剤にれるよう、チームを勝たせるバッティングをしたい。(三塁打は)全然狙っていなかった。前の試合でガッチガチでだめだったから、力を抜いてリラックスした打席に立ったらきれいに打てた。ホッとした。その後をつないでくれて、小技をからめて余裕を持てた。でも2点じゃ物足りない。最後まで1点差はしんどいから、しっかりとランナーを返せるように。打線が切れ目なく、特徴をいかしたバッティングをしたい。残る試合全部勝つつもりで、関大らしく。あと3試合、目の前の1試合1試合を勝つだけ」

▼佐保
「練習でアップから丁寧に投げていて、調子は悪くなかった。自分の特徴を出せるように、プラスに考えていった。龍谷戦を落とした時は自分が先発で2失点されて悔しかった。悔しさを晴らすつもりで今日は臨んだ。ピッチングに手応えはあった。自分の得意なライズというボールで回転をかけたら打ち上げてくれた。後ろの守備の好守やベンチからの声のおかげで投げやすかった。みんなに頼りながら投げることができた。試合はこれからも続いていく。調子の良し悪しがある中で良い所を生かして、気持ちを上にしすぎたら調子に乗って孤立したプレーになってしまうから謙虚にいきたい。せっかくのチームプレーの良さを生かして、仲間に頼って、責任感を持って役割を全うしたい」

▼鎌塚
「(1回の右前打について)ワンヒットだけを考えて打席に立った。ストライクが来たら転がしていこうと思っていた。当てるのではなく振り切って。(3回の中前打について)2打席目はたまたま。調子はちょっと良いくらい。ピッチャーの球を見れているし、振りにいけている。(3番打者を任されていることについて)クリーンアップに緊張はない。打線もあまり盛り上がっていない中、自分のワンヒットで大事な打席につなげたい。力を入れすぎず、大きなのを狙わずにいきたい」