【サッカー】[REDGROW]MF野口キャプテンが決めた!最終節へ連勝誓う

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

◇Iリーグ2018関西Bブロック第10節◇対大院大Ⅲ◇大阪学院大学千里山グラウンド◇

【前半】関大REDGROW0ー0大院大Ⅲ
【後半】関大REDGROW1ー0大院大Ⅲ
【試合終了】関大REDGROW1ー0大院大Ⅲ

Iリーグも残すところ2試合となり、佳境を迎えた。各ブロックの上位2チームが関西一を決めるトーナメントへ進めるIリーグ。REDGROWはBブロックで5位とトーナメントに進むことはできない。それでも目の前の一勝のために選手たちは走り続けた。また、この日はREDGROWの試合の後にSOLEOとULTRASの試合も控え、声を出しての応援ができない中でもたくさんの部員が駆けつけた。後に続く2つのチームを勢いづけるためにも、負けられない戦いとなった。

前半は両者互角の戦いが続く。20分には相手のボレーシュートがゴールを脅かすもGK畑澤健祐(法2)のファインセーブに助けられボールはバーに直撃。その後、FW吉村恒輝(経3)の相手DF陣の間を縫うシュートは相手GKの手中に収まり先制点は奪えない。DF安田拡斗(人3)の華麗なドリブルで中盤を切り抜けるもシュートまでたどり着けず時間だけが過ぎていった。


△GK畑澤


△FW吉村


△DF安田拡

後半戦に入ると、下級生中心だったメンバーに4年生のMF野口凌平ゲームキャプテン(人4)、藤居和也(人4)を投入。4年生の出場がチームに勢いが増す。クリアボールを拾われ、危ない場面を迎えるもDF安田拡がしっかり対応。13分にはDF漆崎太智(人3)からのクロスにMF野口が合わせるも、大きく上へそれ先制点とはならない。それでも20分にはMF田口隼也(商3)が左サイドを突破し、コーナーキックを獲得するなど、徐々にセットプレーの回数も増え、関大がペースをつかみ始める。


△DF漆崎


△MF田口

そして迎えた後半40分、混戦となったゴール前で、DF漆崎など関大の選手が何度もシュートを放つがバーに弾かれる。ハラハラする場面でチャンスをものにしたのはMF野口だった。「エンターテイナーなシュート」と笑いながら振り返るように、最後のひと蹴りでゴールネットを突き刺す。REDGROWキャプテンであるMF野口のゴールにスタンドも一気に熱を増す。その後3分のアディショナルタイムも関大ペースで進め、試合終了。貴重な1点で勝利を飾った。


△MF野口ゲームキャプテン

キャプテンの劇的弾で勝ち点3を奪ったREDGROW。いよいよ次節がリーグ最終戦となる。悔いの残らぬ試合で勝利を飾り、今年のREDGROWの幕を閉じたい。【文:西井奈帆/写真:濵田将志】

▼MF野口ゲームキャプテン
「(今日の試合を振り返って)メンバー的に若い選手が多くて、フレッシュなメンバーでの課題がいっぱいできてよかった。(課題と言うと)チームの課題でもあるけど、なかなか相手を崩しきれなかったり、若い選手の中での課題で言うとゲームの中で喋ったりするコミュニケーション能力はまだ低いかな。(下級生にかけた言葉は)もうフレッシュに行ってくれたらいいなと。思いっきり試合にぶつかってこいと(笑)。(後半から出場されましたが自身の調子は)正直全然よくなかった。(ご自身のゴールは)たまたまボールが転がってきてたまたま足に当たって入った(笑)。ゴール取りたい一心であそこにいたのかなと。何回も跳ね返ってきてまさか自分のところにボールが跳ね返ってくるとは思っていなかった。エンターテイナーなシュートと言うか(笑)。周りも沸かせられるような。バーやと思わせて入ってたというのが。そういうのが多い。周りも巻き込めてよかった。(今日は応援がたくさん来ていましたが)威圧がすごい。逆にヤングマンたちも刺激になったと思うし、これを見てまた頑張ってもらえたら。(来週最後のリーグ戦に向けて一言)絶対勝利!!!」