【ソフトボール】大量失点で4回コールド負け喫する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

◇平成30年度秋季関西学生2次部別リーグ戦第1節◇対同大◇10月8日◇四天王寺大学グラウンド◇

関大000 0=0
同大003 7=10x

(関)平木、杉本、髙安、平木―日吉
(同)森本―吉岡

好調の同大相手に、0―10の4回コールドという大敗を喫してしまった。秋晴れの下で始まった2次部別リーグ戦。今季まだ1勝の関大は、このリーグ後半戦を必ず勝ち進みたい。

初戦は同大との一戦だった。波に乗っているチーム相手の先発マウンドに立ったのは平木琴実(人4)。春は投打で躍動し、チームに勝利をもたらしたが、この日は奮わなかった。

2回までヒットを許しながらも無失点で抑えるが、同大の猛襲が3回に始まる。この回の先頭に左中間への一打を浴びたところで平木は降板。継投に杉本樹菜(人3)、髙安妃那(人1)を出すものの、食い止めることはできず3失点となった。


△杉本


△髙安

さらに関大投手陣は同大打線にのまれる。4回に平木が再出場するも、やはり相手の勢いは止まらない。打者一巡の連打でまさかのコールド負け。最後までテンポを奪われたままとなってしまった。

1部残留をかけて臨む2次部別リーグ戦。これ以上の負けは許されない。気持ちをリセットし、関大ソフト女子らしい笑顔で戦い続ける。【文:松山奈央/写真:水上壮平】