【準硬式野球】まさかの完封負け・・・今季初黒星

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

◇平成30年度関西学生秋季リーグ戦第2節◇対立命大2回戦◇10月7日◇関西学院大学第2フィールド◇

立命010 100 001=3
関大000 000 000=0

(立)中島―笹部
(関)平井、池川―庄中

立命大に土をつけられてしまった。関大と相性の悪い立命大投手を前に、放った安打はわずか4本。普段の攻撃的な打線はなく、開幕から続いた連勝はここで途切れた。

終始、立命大の流れだった。先発マウンドを任された平井巽(法3)は2回、この回先頭の山本を死球で歩かせると、犠飛とヒットで1死一、三塁のピンチを背負う。そして守備陣の失策により先制点を献上。さらに4回には本塁打を浴びるなど、立命打線相手にいまいちリズムを作り切れない。それでも、それ以降は好投を見せ、8回2失点と上々の結果で味方からの援護を待った。

ピッチャーを助けたい打撃陣に相手先発・中島が立ちはだかる。前半を一度も得点圏に進むことなく折り返した6回。1番高品吉弘(経2)がレフト方向への二塁打で出塁するが、後が続かない。

終盤の8回にも7番山田力輝(安全3)の左前打でチャンスを作るものの、結局1点も奪えないまま試合は終了。選手の顔には悔しさがにじんだ。

ここまで好調が続いていた関大。どんな苦しい展開も巻き返していただけに、リーグ戦終盤での敗北で暗く重い雰囲気がチームを覆った。全勝優勝は消えてしまったが、優勝はまだすぐそこにある。何としても最終節で関学大を撃破し、栄冠を手にしたい。前田準硬の真価はこれから発揮されるに違いない。【文/写真:松山奈央】

▼丸山監督
「はっきり言うと負けるべくして負けたかな、と。『優勝』という言葉をみんな口にしていて、入りから浮かれていた。意識しすぎていた。今日でチームの弱いところも分かったと思う。負けたことで、考えるべき部分が見つかった。ある意味では良い試合だったのでは。反省点は、細かいミスが多かった。相手の低めの球もすべてゴロになって、思うようにされていた。試合後半は焦ってまとまっていなかった。次はチームで一丸となってやってほしい。そうすれば結果は付いてくる。切り替えて、優勝というよりもいい試合がしたい。優勝は春にできればいい」

▼前田航平主将(環都3)
「8月に練習試合をして負けた時のピッチャーが今日の中島だった。苦手意識がある中で、狙い球を絞ってとりあえずスイングをしようと言っていた。スイングできていたが、内野ゴロが多く相手の守備が固かったのと、コツコツと点を取られたことで焦りが出ていた。平井の調子も悪くない中でズルズルといってしまった。初めての負けで雰囲気はどんよりしているが、引きずらないのが大事。関学戦へ向けて練習で雰囲気づくりをしたい。終始テンポも立命だった。10試合ある中でこういう展開があるのは仕方ない。もう少し対策を取れたかな、と悔しさもある。全勝でも、負け1つでも次にはつながる。春にはもっと対策を立てられると思う。今日は何もできずに終わって、負けて現実に戻った。リーグ初日のような気持ちで、次の関学戦に臨みたい」

▼平井
「ただただ悔しい。コンディションは別に悪くはなかった。2回に先頭をデッドボールで出したあの回だけは悔やまれる。相手も良いピッチャーで、早く先制されたら苦しくなるのは分かっていた。(4回の)ホームランについては、出会い頭だろうし仕方がないかなと思う。自分は逆転を信じて、最少失点でこれ以上取られないように投げるしかない。援護がなかったのはしょうがない。次勝つだけ。でも意識しすぎないように。全てをぶつける気持ちでいきたい」