【準硬式野球】未来のエースが初完投、開幕5連勝

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

◇平成30年度関西六大学秋季リーグ戦第3節◇対阪大2回戦◇大阪シティ信用金庫スタジアム◇

阪大000 100 000=1
関大001 000 02X=3

(阪)高畑-古田、柳瀬
(関)池川-庄中

未来のエースが9イニングを投げ抜いた。先制こそ関大だったがすぐに取り返され同点に。その後は先発・池川が、ランナーを背負いながらもそれ以上の得点を許さない。8回に鈴木成大(安全1)、前田航平主将(環都4)の適時打で勝ち越し、試合を決めた。試合後池川は、「庄中(庄中亮太=政策2)と一緒にとれた1勝」と笑顔を見せる。まさに、同期バッテリーでつかんだ1勝だった。

先発・池川尚樹(法2)は初回を無失点で終え、安定した立ち上がりを見せる。その後、2,3回を三者凡退で相手打線を封じ、試合を作る。

好投を続ける池川を援護したい打線は3回裏、この回先頭の8番庄中が四球で出塁。さらに9番長尾聡大(政策3)のセカンドゴロが進塁打となり先制のチャンスを作る。続く1番高品吉弘(経2)のセカンドへの当たりが相手のミスを誘い、その間に庄中が生還。欲しかった先制点をつかむ。しかし、直後の4回に池川が四球で走者を背負うと、適時打を放たれ追いつかれてしまう。


△長尾


△高品


△庄中

池川は毎イニング走者を背負いながらも得点を許さない。池川の熱投に応えたい打線は6回、5番居内佑太(法2)がこの日チーム初となる安打を放つも得点にはつながらず。試合は終盤に差し掛かる。


△居内

両チームの得点が動かぬまま迎えた8回、関大の打線がつながる。2番東條光希(安全1)がショートゴロに思われた打球を脚でヒットに。続く3番鈴木が左前適時三塁打を放ち、勝ち越しに成功した。「池川のためにもう1点」と4番前田が右前適時打を放ち追加点。再びリードを奪った。


△東條


△鈴木


△前田

9回のマウンドにも池川の姿があった。「3人で抑えてこい」(丸山和大監督)。そう送り出された右腕は先頭打者から三振を奪い、後続の打者も打ち取り三者凡退でこの試合を締めくくった。

池川が目標としていた完投で今季初勝利を挙げ、チームの連勝も5に伸びた。前半戦を最高の形で折り返し、目指す場所は優勝ただ1つ。一戦一戦関大らしい野球を。後半戦も関大準硬は止まらない。【文:金田侑香璃/写真:長尾洋祐・松山奈央】

▼丸山監督
「今日はナイスゲームだった。5回までノーヒットで、その中で1点取れたことは価値のあること。そしてそのあとに追加点が取れたのも良かった。池川が投げきってくれた。昨日も投げていたから、途中で変えようと考えていたがそのまま行かせた。9回の前にのびのびと3人で抑えてこいと言った。そこでちゃんと抑えてきたから、成長しているなと思う。チームの雰囲気も今日は良かった。あくまで目標は春リーグ優勝。そのためのステップは踏めている。後半戦も関大らしい野球を、一戦一戦していきたい」

▼前田主将
「今日はノーヒットのなかでも先制して、ムードは悪くなかった。池川が4回から8回まで毎回ランナーをだしていて、それでも抑えてくれた。守備陣が踏ん張ってくれたから勝ちきることができた。自分は6回凡退して、あと1回打席が回ってくると思っていた。チャンスだったら打とう、そうじゃなくてもチャンスを作ろうという気持ちでいた。池川のためにももう一点。技術とかじゃなくて食らいついた結果だと思う。4番としての仕事ができたと思う。思った以上に下級生の仕上がりがよくて、気負いすることなくやってくれている。メンバー外、ベンチ関係なくすべてにおいて野球以外の面でも他チームに勝っていたから5連勝することができた。最高の結果だと思う。あと5試合、1試合1試合自分たちのできることを全力でやって戦っていく」

▼池川
「終始踏ん張りどころだった。2、3回はぽんぽんといったが、5,6,7回にフォアボールとヒットで揺さぶられてしまった。そでれも0で乗り越えて勝てたのは大きい。体力の心配より、0で抑えようと必死だった。気持ちで乗り越えた。(8回の追加点は)本当に嬉しかった。前田さんに言ってもらった『勝ち投手にしてあげるから』という言葉で頑張れた。庄中には盗塁刺しや配給で助けられた。庄中と一緒に取れた1勝。リーグ戦前半全勝で、全勝優勝を目指して後半も勢いに乗っていきたい」

▼鈴木
「(8回の適時打について)自分としても、チームもヒットを打てていないなかで、打てて良かった。とにかく思い切り自分のスイングをすることだけを考えて打席に立った。自分のスイングをするための準備はしてきたから、自分の不調とかは意識していなかった。後半戦もこの勢いに乗って勝ち進んでいく」